ガールズバーで巻き起こる持ち帰り合戦!

 

ガールズバーってなに?

ガールズバーに行かれたことありますか?
或いはキャバとか行かれたことありますか?
よくこういうお店の形態ってどういうふうに違うの?という疑問を持つ方いると思います。

 

明確な定義は勿論あるんですけど、色々なところに通ってみると、そういうルールの境目はあまり考えていないところが多い気がします。
まぁいわゆる少しグレーゾーンなお店が多いという感じですかね。

 

キャバはキャバで、普通のキャバもあればセクキャバもあって、これまた定義が異なってくるわけです。
で、なんでこんな話をしているのかというと・・・。
こういうお水系のお店というのは、そのお店の近くでイケてる兄ちゃんがキャッチをしている筈です。
あ、そこのお兄さん!今から1件いかがですか!?
といかにも気さくな感じで声をかけてくるアレです。
慣れている人にとってはそれでいいんですけど、こういう業界で初めて遊んでみる人や学生の人や新社会人の方などは、そもそもどういうお店があって、それぞれどれくらいの相場で遊べるのかくらいは前提知識として頭に入れておいてもいいですよね。

 

世の中には「ぼったくり」と言われる法外な料金を請求してくるお店もありますから、だからこそ、情報弱者にだけはならないように気をつけましょ!

 

例えば、冒頭で出てきた中でいえば、当然ですが費用の相場が一番高いのはセクキャバという形態になってきますね。
セクキャバというのは、キャバのように女の子とお喋りしながら、お酒を飲んで、更に女の子にややエッチなことが出来るお店です。
局部以外であれば、例えばおっぱいなんかも触っていいわけです。
ただし、服を脱がせてしまうのは完全にNGです。

 

で、キャバというのは、そのセクキャバのエッチな部分のみが排除されているお店ですね。
ただ、エッチな部分が排除されているとは言え、例えば女の子の肩に手を伸ばすだとか、膝に手を置くだとか、その程度であればOKであることが殆どです。
こういうルールを知っておくだけでも、ルール違反したときの訳のわからん違約金を払う必要がなくなるわけです。
私は当然そんなの払ったことがないんですけど、いつだったか、目の前の別の客が違約金を払っている光景を見たことがあります。
まぁこのあたりシビアです。
だって、これが原因で女の子がお店やめてしまったら、お店としても大損害ですからね。そりゃ必死になります。

 

そして、最後にガールズバー。
これはカウンター越しに女の子とお喋りをしながらお酒などを楽しめるお店のことです。
キャバみたいに軽いお触りなんかも厳禁とされていますが、ここの話で挙げている業態の中では一番安価な値段で遊ぶことの出来る形態だと思います。

 

では何故ここまででそれぞれのお店の性質なんかをお話してきているのかというとですね・・・。

 

こういうところで働いている女の子ってお持ち帰りできるんですか?というお話につながっていくのです。
以前に、風俗で働く女の子(風俗嬢)とセフレになる方法なんてのを書いていたりしたんですけど、そのときにそこに書いたうちのほんの一部分として、「女の子が何故そこで働いているのか?」をヒアリングすべし、のようなことをお伝えしているんですね。

 

 

まず、結論から言いますが、本質は「女の子が何故そこで働いているのか?」が重要だということです。
ここで注意しておきたいこととしては、
風俗嬢の女の子とセフレになるためには、そういった動機付けの部分もそうですけど、あくまで風俗ですから、女の子の性感帯がどこなのか?好きなプレイは何なのか?みたいに身体への訴求で、セフレへと昇格させる方法がある訳です。
だから例えば、風俗のプレイ前後に女の子との簡単な雑談タイムみたいなものがあると思いますが、そこでのトーク力なんかがなくても、身体の相性さえ良ければ、問題なくセフレになる可能性を秘めている訳ですよ。

 

ところが!
今回トピックとして挙げる、ガールズバーの女の子をお持ち帰りする方法に関して言えば、
今回の戦場がガールズバーなので・・・?
さて、ガールズバーの定義とは・・・?
先ほど言った通り、女の子との会話やお酒を楽しむだけの空間ですね?
つまり、風俗嬢を相手にしているのとでは、次元がまったく変わるんです。
いわゆるトーク力だけで女の子をその気にさせる必要があるということです。

 

じゃあ、キャバやセクキャバはどうなんだ?ということになりますね。
ここで、女の子たちが何故こういうところで働こうと思ったのかを考察してみるんです。

 

それぞれのお店の給与形態を考えてみると、内容から考えても、明らかに
セクキャバ>キャバ>ガールズバー
という順番になりますよね。
(ちなみに、何度も言いますがこれ以外の業態もありますが、今回は割愛しています。)

 

セクキャバやキャバには、
そのお店での「ナンバー●●」というランク付けもあります。
(ガールズバーでもあるところにはあるみたいですが。)
なので、より高い報酬を得る為に女の子たちは、必死に客の確保にいそしむわけです。
つまり、お金を稼ぎたい、生活が苦しい、そんな人がセクキャバやキャバで働く傾向にあります。
要するにセクキャバやキャバの女の子を持ち帰ろうとすると、持ち帰り先で、その分の料金を求めてくる女の子が基本的になりますね。
常に見返りというか、その価値がそこにちゃんとあるのかどうかという判断基準を女の子たちは持っています。
もちろん、みんながみんなそうであるわけではありませんので、誤解せぬように・・・。

 

じゃあ、ガールズバーってどういう理由で働くんでしょうか。
もちろん、普通のバーや飲食店などに比べて給与も高いので、稼ぐという観点もありますが、
自分の身体を簡単には売りたくないと考える子が流れてくるイメージですね。

 

私もあらゆるガールズバーで遊びまくってきていますが、色々な女の子にヒアリングしていった結果のものなので、まぁ間違いはないかと。
或いは純粋に会話が大好きだから、という純粋な理由をもつ女の子もいたりします。
いずれにせよ、ガールズバーで働く女の子は、稼ぐ色合いもありながらも何か別の動機も併せもっているケースが多いです。
まずはこういうところからしっかりと把握とヒアリングをしていくことがお持ち帰りをするテクニックの大前提となります。

 

ガールズバーの女の子をお持ち帰り出来た場合には、私の経験上ですが、十中八九、お金は要求されない筈です。
それは事項での誘い方の具体例なんかを見ていけば分かるかと思います。

 

 

ガールズバーの店員さんをお持ち帰りする方法

前項でもお話をした通りですが、風俗嬢をセフレにする以上に、ガールズバーの女の子をお持ち帰りするには、トーク力が必要不可欠です。
ただ、それって営業経験とかでもないとなかなか難しい話ですので、シンプルに考えてみると、やはりあくまで目の前の女の子にどういうニーズがあるのかをヒアリングすることです。

 

そのために「なぜ」を何度も繰り返していくんですけど、あまりにもしつこい「なぜ」だと、ただの面倒くさい男に様変わりしてしまうので、適度にちょいちょいジャブを打つような感じで、その女の子の核心にせまっていけばOKです。

 

ポイントとしては、さっきも言った通りですが、
なぜここで働いているの?
ということを確認することです。
ただ、それ以外にも「同調」しているということを意識させることがポイントですね。

 

私が実際にあった実例をお話します。

 

【ケース1】渋谷のガールズバー

本当にオーソドックスなガールズバーで、確か60分で3,000円だとかの健全なものですね。
女の子のドリンクは別料金ですが。まぁこれはどこもそうですね。

 

たまたまキャッチにつかまり、既に終電を逃している時間帯だったので、少し酔っていたこともあり、ノリで入店をしました。
そのときは、割とムラムラしていたのであわよくば・・・みたいな感じでした。笑
まぁダメならダメで風俗に最後行こうとは思ってましたけどね。

 

私が入店したのが大体1時半くらいで、なんとこの日は閉店が3時という何とも薄情な時間帯です。笑
始発もまだ出てないやん・・・。
と思いつつも、お店に入ると、客はおらず女の子がひとり。
しかも店長とのこと。
肌がきれいで凄く若い感じなんですけど、めちゃくちゃ可愛い!!!ってわけではなく、見た目は普通の女の子??
言葉を選ばずに言うと、少し地味な感じの女の子でした。

 

カウンター席につき、焼酎の水割りを飲みながら、その店長と何気ない会話を楽しみました。

 

店長が「お仕事終わりですかぁ?」などと会話を切り出し、「そうだよー」と返し、そのまま「ここ長いの?」と仕事の話を突っ込んでいきます。
もう3年くらいやってます」ときたので、
私も「あ、おれも渋谷で働き始めたの3年前だ」とわざとらしい共通点で「同調」を意識させていきます。
人は大体「共通点」なんかがあると一気に親近感がわくと言います。
あからさまな共通点だとわざとらしいので、小さい共通点をいくつも積み重ねていきます。

 

そして「なんでここで働いてるの?」と突っ込みました。
もちろん「稼ぎたいしー」と話してきましたが、なんか含みのある言い方だったので、「他にも何かあるの?」と深堀をしていきます。
すると、「夜中は家にいたくないんだよね」と意味深な暴露をしてきました。

 

どういうことなのかを更に深堀をしてみると、実家で母と暮らしているみたいなんですが、その母は殆ど家に帰らずで、お水のお仕事をしているみたいです。
家に母がいたとしても凄く仲が悪くて、居心地は最悪。
かと言って、殆ど家にいないので逆に家にいようと思っても、なんか実家自体がトラウマでだったら外で働こうと思って、深夜の仕事を選んだようです。
あとは、他人とお喋りすることも大好きみたいですね。

 

なんか色々な背景のある女の子でしたけど、要するにまわりに信頼の出来る関係性の人間があまりいないということですね。
であれば、私がここで出来ることは、彼女のことをしっかり聞いてあげて肯定をしてあげることだなと考えました。
そこからはひたすら彼女の過去の話や趣味の話など、自分が客なのにも関わらず、その店長にたくさんのことをお話させました。

 

ずっと喋っているうちに、閉店時間の3時を迎えてしまい、私は席を立ち、そのまま出ようとしたところで店長が
すぐに閉めるんで飲み直しませんか?」と言ってきたので勿論OK。

 

お店のすぐ外で待ち合わせをして、そのまま2人で2件目の普通のバーに行きました。
そこで5時くらいまで飲んだんですけど、店長が割と酔っていて、「帰るの面倒くさいです」と言い始めたので、「じゃあ、ちょっと休んでいくか」ということでそのまま近くのホテルへGO!というわけですね。

 

ただ、飲んでいる間もずっと言っていたことは、
●●さんになら何でも話せちゃいます」ってことです。
ガールズバーのタイミングで、どこまで相手にお話をさせるか。
それが本当に重要なポイントになってきます。

 

ここで注意したいことは、
その日のうちに無理に持ち帰ろうとしないことです。
せめて、LINEの交換までを目標にするとか、変に背伸びをしてしまうと相手に警戒をされてしまいます。

 

【ケース2】渋谷の別のガールズバー

さっきのガールズバーとはまた別のお店なんですけど、ここはめちゃくちゃ簡単でした。
キャッチの人につかまり、普通にお店に入ったことは入ったんですけど、ひとつポイントなのが、閉店間際に入るといいですよね、ってことです。

 

このお店には閉店1時間前に入ったんですけど、女の子はひとりだけ。客もなし。

 

その女の子も特にお店に対する帰属意識もなく、お酒なんかも無料でサービスをしてくれました。
当然とりとめのない会話を楽しんでいたんですけど、普通のその女の子のスタイルを誉め続けていたことを覚えています。
スタイルめちゃくちゃいいよねぇ」だとか「おっぱいでかいよねぇ」だとか、まぁ実際に確かにスタイル良かったし、おっぱいも大きかったんです。

 

すると、その子が「じゃあ触ってみる?」とか冗談ともつかず雰囲気で話してきたので、「この後試してやるよ」みたいな物言いをしたら、「んじゃあホテル行こうか」って言って、そのままホテルに一緒に行くことになりました。
これは実はよくあるケースで、渋谷だけではなくて、新宿や下北沢のガールズバーでも同じような経験がありました。
閉店間際のガールズバーで、人も閑散としている中で、その雰囲気というか何というか、結構ムラムラになってくる女の子って多いみたいですね。

 

だからそういう意味では、閉店間際のガールズバーってチャンスなのかもしれません。
ただこのやり方の場合、他に客が居たりするとやりづらいし、もっと言えばワンオペであることが前提です。
なので、これはちょっと稀なケースかもしれませんね。

 

 

ガールズバーのお客さんをお持ち帰りする方法

これがまた稀な話なんですけども、ガールズバーで働いている女の子ではなく、ガールズバーに来ている女の子を持ち帰る方法です。
ただし、何度も言いますが、これはかなり稀なケースです。
何故ならば、そもそもガールズバーのターゲットとしている顧客層は男性だからです。
女性のお客さんが来ることは滅多にありません。

 

ただ、ご存じの通り、ガールズバーというのは時間制で料金が発生する形式です。
30分でいくらとか、60分でいくらとか、そういう料金体系です。
こういうお店の場合は大抵、女性のお客さんは男性のお客さんの半額程度の料金設定になっている筈です。

 

なので、普通に時間つぶしに来る女性のお客さんもいるわけです。
これは本当に運です。
ガールズバーといえば、カウンター席であることが殆どです。
要するに横並びの席なんですけど、自分の隣の席に女性のお客さんが来るかどうかも運です。

 

なので、これに関しては私も実例がひとつしかありません。
ただ、それはお持ち帰りの出来た実例であって、連絡先を交換したり、その後別の居酒屋にハシゴをしたり、いわゆる関係性を維持できるのは、もう百発百中です。

 

前述した【ガールズバーの店員さんをお持ち帰りする方法】で説明をした「店員を持ち帰る方法」とやり方はほぼ同じです。
そちらでは「なぜここで働いているの?」という核心的な質問をしていましたが、
それを「なぜここに遊びに来たの?」という質問にすり替えるだけです。

 

実際に、
私が渋谷のまた別のガールズバーに行ったときは、隣の席にたまたま女の子おひとり様で来ていたので、
おひとりですか?」という切り出し方から会話をスタートさせて、
普段どこで遊んでいるんですか?」「お酒強いんですか?」などなど、とりとめのない話を展開させていきました。
ただ、【ガールズバーの店員さんをお持ち帰りする方法】と違うところは、客同士で会話をしていると、店員がその会話に入ってくるということです。

 

案の定、カウンター越しの女の子の店員さんが「そうですよねぇ」みたいな感じで会話に入ってきたり、同調してきたりしました。
最初のとりとめの無い話をしているときはそれでいいんですけど、だんだんディープな話をしていく段階で、店員さんを何とか別のお客さんのところへ行かせなければなりません。
まぁでも実はそれは意外に簡単で、少しの間だけ沈黙の時間を作ればいいだけです。

 

私もここは結構意識しました。
変に中途半端な話題でつなぐくらいだったら、雰囲気もアダルトにする意味で、沈黙の時間を作り、そして店員さんは自然と他のお客さんのところへと行きました。

 

でもここまで話していて気付いた人もいると思いますが、これってその時にお店にいるお客さんが自分とその女性客だけだとお持ち帰りはなかなか難しいです。
その女性客と退店時間がたまたま同じになれば、店外で誘える可能性もあります。

 

ただ、その日はお店の中で核心をつく質問をして、するとやはり「寂しいから」という理由でお店に来たみたいです。
そうなると、話はもう簡単で、とにかくその女の子の話を聴くに徹するわけです。
そして、カウンター席で隣り合っているので、自ずと距離が近づいてきたら、もうほぼほぼ確実にお持ち帰りできる状態だと思います。
それが出来なくても、連絡先を交換するなり、ハシゴ酒をするなり、それなりの関係性を築けている状態でもありますね。

 

実際にその子との距離感というか、まぁお酒の力もあり、ほぼ密着状態となり、おれの乳酸も結構たまってきた感じになりました。笑
もうそういう状態にまでくると、店員さんも状況を察してか、完全にこちらには来なくなりました。笑
で、あとは「このあとどっか行く?」と聞き、YESをもらって、そのまま愛の巣へ・・・。
どっか」というのが些細なポイントなんですが、どっか飲みに行くとか、遊びに行くとかだと、当然そういう展開ではないのですが、このどこに行くのかよく分からない「どっか」というのは、もうそういう展開だということを示唆しているわけです。

 

これは外でナンパするときなんかの常套文句でもあります。

 

その日はお互いかなり盛っていたので、3回戦もしてしまったのを覚えています。
可愛いというよりかはなかなかの美人さんでしたよ。笑
ロングヘアでちょっとオトナっぽい女性でした。彼氏と別れたばかりだったみたいです。
それでその寂しさを紛らすために、安く済むガールズバーに来ていたみたいですね。
まぁよくあるパターンですね。

 

いずれにしても、
店員さんをお持ち帰りをするのと、大体のコツやテクニックは同じで、「なぜ」という本質的な質問をふっかけて、あとはとにかく同調しまくることですね。

 

 

まとめと注意事項

またもや、色々とつらつらと書きましたが、そもそもこういうお持ち帰りの場面で重要なのは、言わずもがなですが、第一印象と相手を気遣う気持ちです。
第一印象というのはよく数秒で決まるみたいな話がありますがそれは本当にその通りで、それは見た目だけではなく、例えば言葉遣いであったり、立ち居振る舞いなんかも第一印象に含まれてくるわけですね。

 

私なんか、確か過去に、結構気さくな女性と知り合って、普通にそのまま下の名前で呼び捨てで呼んでいたら、その数十分後に「あなたに呼び捨てで呼ばれる筋合いないんだけど」となかなかのキレ具合でキレられたことがあります。笑
まぁでもこれも結局礼儀というか作法というか、そういうところしっかりしていないと、やっぱり相手には見透かされてしまうということですね。

 

でも逆に第一印象さえ良ければ、あとは多少の相手との気持ちの誤差があろうがどうとでもなるということです。

 

そして、あとは相手を気遣う気持ちですね。
何度も繰り返しになりますが、お持ち帰りをするというところを着地点にもってこないほうがいいです。
どんなに相手が思わせぶりな態度をとってきたとしても、実は違うところに真意がある可能性だってゼロじゃないわけです。
だから、もう少しで持ち帰れるか!?という雰囲気になればなるほど、慎重にいくべきですね。

 

相手がどういう気持ちをもっているのか、それを知るためにはやっぱり話し込むことと聞くことですね。
そういうことを少しでも意識するだけで、目の前の女の子は心を開いてくれるわけです。
これって、仕事でいうところの営業とまったく同じですね。
営業の仕事をされている方で、業績伸び悩んでいるという人は、こういう場所で落とし方の練習をしてみるのもありかもしれません。笑

 

風俗嬢をセフレへと転化する魔法の方法・・・なんてあるの!? ホントにあった芸能人やAV女優と遊べる秘密の風俗店!