ペニス増大に効果のある成分とは?

ペニス増大に効果のある成分とは?

このページの目次

ペニスを大きくする医薬品は存在しない?!

 

ペニスを大きくするためには、男性ホルモンや成長ホルモンを活性化させながら、ペニスを鍛えつつ海綿体細胞へ血液と栄養を流し込まなければなりません。
サプリはあくまでも、栄養部分をサポートすることしかできないのです。

 

ペニス増大サプリ以外に、効果がある有効成分はないのかという問いに関しても、ペニスを大きくするのではなくて、あくまでもペニスが成長しやすい環境を整えてくれるということになるでしょう。

 

また、ペニスを大きくする医薬品は、世の中に存在しません。
そもそも、ペニスが大きくなったと感じるときは、勃起力が格段にアップしたときだったり、海綿体細胞が増殖を繰り返して、全体的にペニスが大きくなったときだといえます。

 

つまり、根本的にペニスを大きくするためには、海綿体細胞を増殖するしかないのです。
そういった意味からも、一時的に海綿体細胞を増殖させてペニスを大きくするなんてことは、人間の体の構造を考えても無理な話ですので、ペニス増大医薬品は存在しないということになります。

 

 

医薬品は頼り過ぎると危険

 

バイアグラなどの医薬品は、ペニスを大きくするために利用するものではなく、勃起力を高めるために利用するものです。
意図的に血管を拡張させて、ペニスへと多くの血液を集めて勃起させるため、亀頭などが充血しやすくなることからペニスが大きくなったように見えるということになります。

 

あくまでも一時的に特定の臓器や器官、組織などに働きかけるだけですので、根本的な解決には至りません。

 

また、バイアグラのような血管拡張成分が入った医薬品は、

過剰に摂取してしまうと血圧が急激に下がったりしますので、具合が悪くなったり、動悸、息切れ、めまいなどを引き起こすことがあるでしょう。

 

 

ペニスを大きくするためには

 

結論から先にいいますと、ペニスを大きくするためには

成長ホルモンをペニスに集めながら、ペニス増大トレーニングに励む

しかありません。

 

シトルリンやバイアグラは、あくまでもペニスが大きくなるきっかけを与えるものでしかないのです。

 

例えばシトルリンの場合、アルギニンに変換されてからは身体のあらゆる部位で大活躍しますし、精子の製造にもかかわることから、ペニスを増大する上で欠かすことのできない存在となっています。

 

一方バイアグラについては、薬効があるうちは血管を拡張させて海綿体へと血液を流し込んでくれますので、強く勃起させることができるでしょう。

 

しかし、根本からペニスを大きくするためには、シトルリンやバイアグラなどだけではなく、ビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養素も摂取しながら、細胞、組織、器官全体を活性化させなければならないのです。

 

シトルリンは単なる栄養素の1つですし、バイアグラは医薬品でしかありません。

男性ホルモンを増やせばペニスは大きくなるの?!

ペニス増大に効果のある成分とは?

男性ホルモンと成長ホルモン誘導体の関係性

 

本気でペニスを大きくしたいなら、男性ホルモンだけを摂取すれば良いかというと、それも一理ありますが最低条件だといえます。
つまり、男性ホルモンだけを積極的に摂取しても、ペニス増大に繋がることはないのです。

 

ドラッグストアなどでも、男性ホルモンの分泌を促すサプリは販売されていますが、それだけで必ずペニスが大きくなるかというとそんなことはありません。

 

成長ホルモン誘導体も取り入れなければ、ペニスを大きくすることは困難なのです。
そもそも、この成長ホルモン誘導体と男性ホルモンであるテストステロンを分泌させる栄養素は、ほとんど同じだと考えていて間違いありません。

 

勃起不全専用のサプリメントは、成長ホルモン誘導体のことまで計算して成分設計をしていないことがほとんどですので、成長ホルモンの分泌量が不足してしまっても致し方ないのです。

 

以上のことから、男性ホルモンの分泌量をどれだけ増やしてもペニスは大きくならないということになります。

 

 

とにかく成分設計が大切

 

男性ホルモンの分泌量を促しつつ、成長ホルモンの分泌量もアップさせたいのであれば、使用するサプリメントの成分設計が重要となることは言うまでもありません。

 

もちろん、成長ホルモン誘導体が含まれていることが必須条件となりますが、その他に摂取したい成分としては、ビタミンE、黒大豆種皮エキス、ブドウ種皮エキス、田七人参、ヒマラヤ人参、アシュワガンダなどがあります。

 

ペニス増大に効果のある成分とは?

 

これらの成分を摂取することが難しかったとしても、要するに血液を綺麗にしながらペニスへと集中させることができれば良いのです。
そうすることによって、海綿体細胞が増殖されるようになり、どんどんペニスがサイズアップしていきます。

 

成分設計というと、ついつい難しく考えてしまうものなのですが、そんなに難しいことではなくて、男性ホルモンや成長ホルモンの分泌量増加、海綿体細胞の増殖を実現してくれる成分バランスとなっていれば良いのです。

 

毎日必要となる栄養素をバランスよく摂取することがポイントとなるわけですが、ここで自己流に走ってしまうとなかなか効果が得られないことになります。

 

 

成分バランスはペニス増大サプリにお任せ

 

ネット上では、あらゆるペニス増大サプリが登場しますので、目移りしてしまうのは致し方ないですね。
しかも新しく登場するサプリは、効果がありそうなものばかりですし、現在使用しているサプリの効果がイマイチなんてときは、使用しているサプリを飲まなくなったりすることがあります。

 

そして、新たに別のサプリを試してしまって、そこでもまた効果が得られないなんてことが繰り返されるわけです。

 

また、今回解説したとおり、男性ホルモンだけを積極的に摂取してもペニスは大きくなりませんので、

とにかくペニス増大に必要となる栄養素をバランスよく摂取しながら、ペニス増大トレーニングに励むしかないと肝に銘じておきましょう。

 

海綿体細胞の増殖は、1週間や2週間程度では行われません。やはり時間が掛ってしまうものなのです。

 

人間の体の構造を考えるとよく分かりますが、筋トレですら今日鍛えて明日にはムキムキになるなんてことはないですよね。

 

それと同じで、ペニスもサイズアップするためには、
あらゆる組織や細胞、器官を健康な状態へと戻して栄養を与えながら、更にトレーニングによって細胞の新陳代謝を高めることが重要なのです。

 

それじゃなくても現代人は忙しいわけですから、ペニス増大の為にどのような栄養を摂取すればよいのかなんて、毎日考えながら食事を摂るわけにはいきません。

 

だったら、自己判断で適当なサプリを試すのではなくて、成分バランスがペニス増大用に設計されたサプリを取り入れた方が無難ですし、手間も時間もかからないでしょう。

 

つまり、栄養バランスはペニス増大サプリにお任せしてしまえば良いのです。
これは、ペニス増大サプリに頼ってしまって、その他の努力を怠るということではありません。

 

あくまでも、栄養バランスの面のみお任せするというのがポイントとなります。

 

一度ペニスをサイズアップできたら、後はそこまで努力しなくても大きさをキープすることは可能です。理想のサイズになるまでの間だけ、ちょっと頑張ってみてはどうでしょうか。

ペニス増大にイチョウ葉は必要なのか

ペニス増大に効果のある成分とは?

 

僕、ロデオが運営しているサイトへ、イチョウ葉エキスが含まれたサプリメントを使用して、ペニスを大きくすることはできるのかという相談が寄せられました。

 

この件について、詳しく取り上げていくことにしますね。そもそもイチョウ葉エキスとはどのようなものなのでしょうか。非常にシンプルに解説すると、銀杏の木の葉っぱのことを指しています。

 

よく街中で見かけることがありますので、そこまで違和感を感じることはないと思いますが、まさか見慣れたイチョウの葉がサプリに用いられているとは思ってもみなかったのではないでしょうか。

 

実はイチョウの葉は、漢方薬に取り入れられてきた植物なのです。西洋医学でも貴重な医療用ハーブとして用いられてきました。

 

具体的にどのような効果があるかというと、最も期待できる効果として血行促進を挙げることができます。血管を拡張したり血液をサラサラにしてくれるだけではなく、血糖値を正常な値へ戻してくれたり、ガンの予防にも役立てることができるのです。

 

ペニス増大に効果のある成分とは?

 

ペニス増大サプリに含まれている成分の中で、イチョウ葉エキスと同じように血行を促進する効果があるものとしては、シトルリンやアルギニン、マカ、高麗人参などがありますね。

 

ただし、イチョウ葉エキスの場合は、下半身に作用するのではなくて、上半身の中でも特に脳近辺に影響を与えることで知られています。
脳下垂体から成長ホルモンが分泌されることもあって、多くのペニス増大サプリの中にイチョウ葉エキスが用いられているのですが、直接ペニスへ何らかの影響を与えるという原料ではありません。

 

脳全体の血液の循環を促して、成長ホルモンの分泌を促す為にイチョウ葉エキスを取り入れるといった感じでしょう。

 

 

イチョウ葉だけでは物足りない?!

 

ペニスを大きくするためには、男性ホルモンと成長ホルモンの分泌量を増やして、精子の生成を促し、最終的には海綿体細胞を増殖させる必要があります。

 

これらの効果を得るためには、イチョウ葉エキスの力だけでは無理があるのです。

 

精神的にリラックスさせる効果がありますので、ホルモンの分泌を促す上でイチョウ葉が欠かせないということはありますが、だからといってホルモンの分泌量に直接影響を与えているわけではありません。

 

ようするにイチョウ葉以外にも、適切な栄養素を摂取していかなければならないんですね。

 

勃起不全に特化したサプリの中には、勃起力とペニス増大に必要な栄養素にプラスアルファでイチョウ葉が含まれている商品もありますので、一度探してみると良いかもしれません。

 

「The GOLD」などのサプリメントであれば、栄養バランスに優れていますし、イチョウ葉も配合されていますので、満足のいく結果が得られるかもしれないですね。

 

ちなみに、自分でいくつかのペニス増大サプリを組み合わせて使用するよりも、総合成分型のサプリメントを使用した方が、何かと手間もかからず便利だと思います。

ペニスを大きくしたいなら一酸化窒素がポイント

ペニス増大に効果のある成分とは?

 

僕、ロデオが運営しているサイトには、毎日沢山の方がアクセスしてくださるのですが、その中で一酸化窒素について知りたがっている方が多いようです。

 

血行促進には欠かせない栄養素なのですが、一般的にはシトルリンやアルギニンに一酸化窒素を生成する働きがあるといわれています。
もしくは、イチョウ葉エキスやヒハツエキスですね。

 

ペニス増大に効果のある成分とは?

 

EDの治療薬として知られている、レビトラやバイアグラの中にも、一酸化窒素を生成する医薬品が含まれていますが、あくまでもこれは医薬品ですので、上記の栄養素とは話が違います。

 

副作用の心配もあるので、できれば栄養素から摂取したいですよね。
僕がお勧めなのは、やっぱり天然ハーブなどから摂取することです。

 

医薬品よりも緩やかに効果が現れますが、身体にかかる負担が少ないため安心して摂取することができると思います。

 

一酸化窒素を発生させる栄養素について

 

実は一酸化窒素を発生させる栄養素って、いくつか種類があるんです。
天然の成分を例に挙げるとすれば、カンカや高麗人参、黒にんにくあたりが該当します。

 

ペニス増大に効果のある成分とは?

 

これらの天然成分も一酸化窒素を生成してくれるのですが、体内の血液の新陳代謝を高めながら血行を促す感じです。
先程登場したイチョウ葉やヒハツは、血管を直接拡張してくれますので、血液そのものを新しくしながら血液の流れを促すことになります。

 

ちなみに、ペニス増大に欠かすことのできないアルギニンですが、

身体全体の代謝や細胞の活性化があることで知られており、血管を拡張してくれる効果も期待できる

ので、多くのペニス増大サプリで採用されています。

 

一酸化窒素が身体与える影響

一酸化窒素を生成してくれる栄養素が、ペニス増大に欠かせないことはよく分かりました。
しかし、栄養素ごとで身体のどの部分に作用するのかは異なってくるようです。

 

例えばシトルリンですが、シトルリンは下半身に作用することが分かっています。
シトルリンはアミノ酸の一種なのですが、尿を身体の外へ排泄する過程で生成されるアミノ酸です。

 

つまり、下半身に影響を与える栄養素ということですね。
だからこそ、ペニス増大サプリでよく活用されているのです。

 

一方、イチョウ葉エキスやヒハツエキスは、どちらかというと上半身の中でも頭部分に作用すると言われています。
医薬品ではない育毛剤や、頭皮ケア商品でよく活用されていますね。

 

イチョウ葉エキスは、この他にも記憶力をアップさせる効果も期待できりることが分かっています。

 

以上のことから、ペニス増大サプリを使用してもなかなか効果が表れない場合は、栄養素が身体に与えている影響について、一旦洗い出してみることがポイントとなってくるでしょう。

 

一酸化窒素を生成してくれるとはいっても、下半身に作用してくれなければ使用している意味がありません。

特にペニス周りの組織や機能に影響を与えてくれる栄養素かどうか見極めてから、サプリメントを購入するのが理想的ですね。

 

シトルリンが重宝される理由

 

ペニスを大きくするためには、ペニスへ多くの血液を集める必要があります。
そういうと、お風呂に入って身体を温めれば良いなんて意見が出てくることがありますが、ずっとお風呂に入っているわけにはいきませんので、現実的ではないんですね。

 

確かにお風呂に入っているときに、ペニス増大トレーニングを行うと効果が表れやすいといわれています。
でも、ペニスへ血液を集めることができるのは、身体が温まっているときだけなんですね。

 

そこで大活躍するのがシトルリンなのです。
シトルリンを摂取すると、徐々に血管の幅が広くなっていって、約4時間程度に亘って血管を拡張してくれることが分かっています。

このタイミングでペニス増大トレーニングを行うと、シトルリンとの相乗効果でテストステロンの分泌量がより増えていくのです。

ちなみに、シトルリンと一緒に男性ホルモンの分泌を活性化させる栄養素も取り入れるようにすると、より効果を実感することができるでしょう。

 

サプリメントによっては、シトルリンだけが入っているような商品もあるのですが、人気があるサプリメントの中には、必ずといって良いほどシトルリン以外の成分も含まれています。

 

中でも男性ホルモンや成長ホルモンを促す栄養素が豊富なサプリメントは、ペニス増大メカニズムを基に開発された商品ということになるのです。

 

サプリメントに含まれている栄養素には、ブームのようなものがあります。
良いと言われている成分さえ入っていれば、効果があるように感じてしまうんですよね。
でも、上記のようなメカニズムを知っておけば、本当に効果が期待できる商品を冷静に見極めることができるでしょう。

プロテインでペニスは大きくなるのか

ペニス増大に効果のある成分とは?

今回も、僕、ロデオが詳しく解説していくことにします。

 

プロテインでペニスは大きくなるのかという点に関してですが、まずはプロテインとはどのようなものなのか解説していくことにしましょう。

 

プロテインは簡単にいうと、たんぱく質の塊です。

 

日本国内で販売されているプロテインは、たんぱく質だけではなく、アミノ酸やビタミン、ミネラル、ナイアシンなども摂取することができるようになっています。ひとことでプロテインといっても、用途によって含まれている成分やたんぱく質の質が異なりますので、得られる作用も様々です。

 

含まれている成分は、細胞を元気にしてくれたり新陳代謝を高めてくれるものばかりですので、一見ペニス増大にも役立ちそうな感じがします。

 

有名なサプリメントとしては、「グリコパワープロダクション」、「ザバス」、「ウイダー」などがありますし、規模が小さなメーカーが独自開発しているサプリメントも存在します。

 

プロテインの効果は期待できない?!

人気があるプロテインの成分を取り上げてみると、以下のような成分構成となります。乳清たんぱく、ナイアシン、デキストリン、葉酸、ビタミンB群などです。

 

ペニスを大きくするためには、たんぱく質やアミノ酸、ビタミン、ミネラルが必須ですので、一見、プロテインを用いてもペニスが大きくなりそうな感じがします。

 

もちろん、プロテインを飲むだけではなくて、ペニス増大トレーニングを取り入れる必要はありそうですが、実際に効果は期待できるのでしょうか。

結論からいいますと、成長ホルモン誘導体が多く含まれているわけではないため、プロテインをペニス増大に役立てるということは難しいといえます。

アメリカで開発された「テストステロンブースター」という商品がありますが、一応トンカットアリ、ムイラプアマなどテストステロンの分泌を促す成分が含まれているものの、そこまで効果はありません。
というよりも、ペニス増大という部分ではほとんど変化がなかったということになるでしょう。
ですから、ペニスを大きくしようと思ってプロテインを用いても、あまり意味はないのです。

 

 

プロテインで勃起力くらいアップできる?!

そもそも、プロテインにはペニスを大きくする為に必要となる成分は含まれていません。

 

ですから、勃起力を高めることすら難しいでしょう。
先程も登場した「テストステロンブースター」には、男性ホルモンを多量に分泌させる成分が使用されていますが、成分の濃度は低めですしペニス増大サプリを利用したときほどの変化は得られないことがほとんどです。

 

効果があるペニス増大サプリであれば、テストステロンの分泌量を増やして勃起力を高めてくれるだけではなくて、成長ホルモンの分泌も促してくれます。

 

その結果、海綿体細胞が増殖を繰り返してペニスが大きくなっていくのです。ようするに、プロテインにはここまでの作用はないということですね。

 

あくまでも筋肉を成長させたり、栄養を補給する目的でプロテインを使用するわけですから、プロテインを飲んだからといってペニスが大きくなるはずがないのです。

 

ペニス増大サプリ

 

おそらく、ペニス増大サプリと比較するとプロテインは価格が安いこともあって、できればプロテインで代用したいという思いがあるのだと思います。
しかし、プロテインを用いてペニスを大きくするということは、ほぼ無理であると考えていて差し支えないでしょう。

 

人気プロテインである「ザバス」シリーズでは、ボディーメイク、コンディションメイク、エナジーメイクと用途によって使用するプロテインの種類が異なっていますし、そこから更に細分化されています。

 

そのため、どうしても効果があるように感じてしまうのかもしれませんが、成分がペニス増大サプリと似ているだけですので、ペニスを大きくしたいのであれば、ペニス増大サプリを選んでペニス増大トレーニングに励むようにしましょう。

 

プロテインより間違いないロデオおすすめのペニス増大サプリメント!

トリプトファンの特徴と効果・副作用

トリプトファンについて

ペニス増大に効果のある成分とは?

トリプトファンは、必須アミノ酸です。
人間が生きていく上で、欠かすことのできない栄養素だといえるでしょう。
体内ではエネルギー源として活躍しており、肝臓で分解されています。

 

うつ病の治療や不眠症の治療に用いられることもあるため、比較的メジャーな栄養素だといえるでしょう。
トリプトファンが脳へ回ると、セロトニンを分泌してくれたり、メラトニンに変化してくれることから、精神面の健康を維持したいときに活用されるケースが多いようです。

 

尚、トリプトファンが多く含まれている食べ物としては、カツオ、ピーナッツ、肉類、乳製品などがあります。

 

 

トリプトファンと相性抜群な栄養素

 

トリプトファンは、単体で摂取しても効果を発揮する栄養素ではありますが、睡眠の質を高めてくれるため、成長ホルモンが分泌されやすい状態となるのです。

 

そのため、ペニスを大きくしたい男性にとって、トリプトファンは重要な栄養素だということになるでしょう。

 

また、トリプトファンと相性が良い栄養素はシトルリンです。
シトルリンは、血管の中で一酸化窒素を発生させて、血管を拡張してくれる働きがありますが、成長ホルモンの合成や身体の隅々にまで栄養素を運んでくれる役割も担っています。

 

つまり、トリプトファンとシトルリンは組み合わせることによって、海綿体が増殖したり成長しやすい環境を作ることができ、よりペニス増大効果を引き出すことが可能となるわけです。

 

 

どんなサプリが最適なのか?

 

トリプトファンはシトルリンと同じように、直接ペニスのサイズを大きくしてくれる栄養素ではありません。
どちらかというと、ペニスを大きくするために必要となる、身体の機能性向上や体内環境を調整してくれる栄養素なのです。

 

そのため、トリプトファンが含まれているサプリメントを購入する場合は、他の主成分の種類や含有量をチェックした方が良いでしょう。
もしも、体内環境を作ってくれる成分のみが配合されているのであれば、なかなかペニスが大きくならないということが起こってきます。

 

 

トリプトファンと副作用

 

トリプトファンは、アミノ酸の一種ですので重篤な副作用はないように感じてしまいがちですが、そのようなことはありません。
当然、摂取し過ぎてはいけませんし、組み合わせて飲んではいけない医薬品がいくつか存在するといわれています。

 

基本的に、トリプトファンの摂取量は成人で1日6,000mg以下です。
それ以上摂取した場合、不眠や肝機能障害を引き起こす恐れがあります。
また、性格に攻撃性が見られたり、イライラしがちになるといった報告もありますので、過剰摂取は絶対避けるようにしましょう。

 

最悪の場合、肝硬変を患うこともありますので、何のためにトリプトファンを摂取しているのかが分からなくなってしまいます。

 

セロトニンを合成する際に使用される、ビタミンB群やCを同時摂取することで、過剰摂取を抑制することは可能ですが、限度がありますのでやはり適量のトリプトファンを毎日摂取し続けたいものです。

亜鉛の特徴と効果と摂取方法

亜鉛は生きていく上で欠かせない?!

ペニス増大に効果のある成分とは?

ペニス増大サプリメントには、必ずといって良いほど亜鉛が含まれています。
なぜ、亜鉛が含まれているサプリメントが多く出回っているのでしょうか。

 

そもそも、亜鉛は人間が生きていく上で必須とされるミネラルの1つです。

 

ペニス増大だけに限らず、免疫力強化、精液の生成量促進、勃起力アップ、気持ちを鎮めるなどの効果が期待できることから、サプリメントだけに限らず、スキンケア商品にも使用されることがあります。

 

つまり、亜鉛を摂取することによって、美容や健康をはじめとした全身ケアを行うことができるのです。

 

万が一、亜鉛が不足してしまった場合は、先程取り上げた効果とは逆のことが起こってきます。

 

老化が促進されたり、性生活に影響が見られるようになることも珍しいことではありません。

 

 

ペニス増大と亜鉛の関係性

 

亜鉛は、別名セックスミネラルとも呼ばれています。

 

所以は体内で健康な精子を生成する原料となるからです。

 

また、勃起力を高める効果もあることから、天然の精力剤と呼ばれることもあるようです。

 

このように、亜鉛は性生活を豊かにするために必要だというイメージが強いため、ついついペニスも大きくしてくれると勘違いされがちなのですが、直接ペニスを大きくするような効果はありません。

 

海綿体を育成する際に必要となる、成長ホルモンの分泌を促進する働きがあるのです。

 

また、細胞分裂を促したり、基礎代謝を活発化させる効果もあるため、海綿体細胞の分裂や育成に影響を与え、結果的にペニスが大きくなっていきます。

 

直接ペニスを大きくするわけではないとはいえ、ペニスの成長に欠かすことができない栄養素ということに変わりはないでしょう。

 

以上の理由から、ペニス増大と亜鉛は切っても切れない関係性があり、多くのペニス増大サプリメントの中に含まれているのです。

 

 

亜鉛の正しい摂取方法

 

亜鉛単体で摂取しても、効果を期待することは可能です。
しかし、アルギニン、シトルリンなどのアミノ酸と同時に摂取することで、よりペニス増大に影響を与えることができます。

 

なぜなら、アルギニンやシトルリンは血流を促す働きがあることから、亜鉛が海綿体細胞まで届きやすくなるからです。

 

また、海綿体細胞の増殖や成長だけではなく、勃起力のアップや精液の生成も促してくれますので、下半身全般の問題を改善することも難しくはないでしょう。

 

亜鉛は、医学的にも様々な効果があると実証されている栄養素です。
過剰摂取は健康バランスを崩すきっかけとなるため、避けなければなりませんが、成人男性で1日12mgまでなら問題ありません。

 

普段の食事から摂取しづらかったり、体内へ吸収しづらい栄養素であるため、体内に吸収されやすい成分設計となっているサプリメントを使用するようにしましょう。

マカ粉末の特徴と効果

マカ粉末とは

ペニス増大に効果のある成分とは?

現在は品質改良されたこともあり、日本国内でマカが栽培されるようになりました。

 

マカ粉末とは、マカを粉末状に加工したものを指しています。

 

元々、マカは日本産の植物ではありません。
南米のペルーに生息している植物なのです。

 

実際にマカ生息している場所は、標高4000m以上の高地であることから、マカは非常に生命力が強い植物として古来から活用されてきました。

 

高地の気候は過酷であり、冬は氷点下、夏は強烈な日光に照らされるような環境下ですので、土壌の栄養をありったけ吸収して根に溜めておくという性質を持っています。

 

そのため、日本国内に昔から生息していた野草と比較しても、マカの栄養価は比べ物にならないほど高いのです。

 

マカを栽培したあとは、土壌が痩せてしまうことから連作できなかったのですが、品質改良された高品質なマカであれば連作が可能となりました。

 

 

マカでペニスは大きくなる?!

 

マカには、海綿体の増殖や成長に欠かすことのできない栄養素が複数含まれています。

 

アルギニンをはじめとしたアミノ酸、亜鉛などのミネラル、ビタミンB群などのビタミン類など様々です。

 

マカに含まれている代表的な栄養素は以下の通りとなります。

 

亜鉛

精子の生成を促したり、細胞の生成や増殖を促す働きがあります。
体内の新陳代謝の活発化も期待できるでしょう。

 

アルギニン

海綿体の成長に欠かすことのできない、成長ホルモンの分泌を増加させたり、血行を促す効果があります。
必須アミノ酸の1つですが、生殖細胞のほとんどはアルギニンが生成しているとまで言われています。

 

アルカロイド

あまり聞き慣れない栄養素ですが、主に医療現場で利用されています。
動脈に流れている血液の流れを促したり、脳内をリラックスさせる効果が期待できるでしょう。

 

ビタミンB群

海綿体を若々しく健康に保つために必要となる栄養素です。
また、体内でエネルギーを作り出すことができるため、疲労の解消に役立てることもできるでしょう。

 

デキストリン

海綿体へ流れ込む血液の量を増加する働きがあります。
また、健康維持や便秘を予防するために活用することもできるでしょう。

 

 

この他にも、海綿体細胞を活性化させたり、血行を促進してくれるなど、様々な効果が期待できる栄養素がふんだんに含まれています。

また、生命や健康の維持に欠かすことのできない20種類のアミノ酸のうち、18種類がマカから摂取できるのです。

 

結果的に、海綿体の体積を増やしたり、海綿体細胞を増殖することができますので、ペニス増大効果が期待できるといって過言ではないでしょう。

 

 

マカが含まれているサプリメントの選び方

 

マカに含まれている栄養素の研究は、現在も続けられています。
中でもアルギニンの研究は、近年進んでいるといえるでしょう。

 

栄養価が非常に高いため、一見どのようなサプリメントでも効果がありそうにみえますが、そういうわけではありません。

 

含有量や原産国、製造方法、他の栄養素との相性などチェックすべきことが多々あります。

 

とはいえ、品質が高いマカサプリメントは数が限られていますので、正しい情報を参考にしながら、適した商品を使用するようにしましょう。

トナカイの角の特徴と副作用とは

トナカイの角はペニス増大に役立つのか

ペニス増大に効果のある成分とは?

中国では、古くから漢方薬としてトナカイではなく鹿の角を使用してきました。
正式名称は「鹿茸」(ろくじょう)といいます。
非常に価格が高いため、誰でも気軽に使えるものではなかったようです。

 

漢方として鹿の角を使用する際、勃起不全の解消、滋養強壮のほか、低血圧予防、貧血予防、心臓機能の補助に使用されることもあります。
鹿の角に含まれている主な成分は、アルギニン、カルシウム、コラーゲン、マグネシウムなどとなりますが、その多くはアミノ酸系であることが分かっています。

 

ところで、トナカイの角も鹿の角と同じような成分構成になっていることは、あまり広く知られていません。
特にたんぱく質の構成に関しては、近いものがあります。
また、

アルギニンなどのアミノ酸の含有量に関しては、トナカイの角の方が優れているのです。

 

これは長年の研究から判明した事実ですので、間違いはないでしょう。
北欧諸国では、トナカイの角を精力剤として使用してきた歴史が残っていますが、それだけ効果を実感することができる原料だということが分かります。

 

鹿の角のように高価ではなく、気軽に使用することができるという点も、多くのサプリメントや健康食品の原料として採用されるようになった所以でしょう。

 

 

トナカイの角と副作用について

 

どのような成分にも目安量があります。
目安量を超えても副作用がないケースもありますが、トナカイの角の場合は1日2000mgが目安量とされており、5000mgを超えた辺りから副作用が発生するのです。

 

具体的には、のぼせ、寒気、かゆみ、発信、胸やけなどが主な症状となります。

 

基本的に、トナカイの角は胃腸に優しい成分となっていますし、必須アミノ酸がふんだんに含まれていますので、身体にとって害を及ぼすようなことはありません。

 

過剰に摂取したからといって、より多くの成分が取り込めるわけではありませんし、即効性が期待できるわけでもありませんので、適量を毎日摂取するようにしましょう。