ロデオが教える中折れの治し方、対策方法

男の悩み、勃起不全・・・。

  • 最近元気が出ない
  • ビンビンに立たない
  • 最後まで持たない
  • 挿入中に萎え
  • 硬くならない
  • 持続力がない

このような悩みを抱える男性は少なくない。
これを読んでいるアナタも、何らかの症状を感じているのではないでしょうか。
勃起不全でも「中折れ」の症状が目立っています。また、症状が出ていても、自覚できていないケースもありえます。
症状がイマイチ分からなくても、硬さや持続力などに自信はあるでしょうか?
ないと感じる方は、きっとこのサイトの情報が役立つと思います。

 

このサイトでは、中折れの原因や症状、対策方法、そして効果的なサプリメントをご紹介しています。

 

中折れ対策にオススメのサプリメントBEST3

EDは他人ごとじゃない?!

■日本人男性はEDが多いってホント

中折れの治し方

男性は年齢を重ねるにつれて、男性ホルモンの分泌量が減少していきます。
そのため25歳前後をピークに精力が減退したり、勃起不全のような症状を経験することがあるでしょう。
40代にもなると、上記のような症状が日常的に発生するということも珍しくありません。

 

大手製薬会社であるファイザーが調査した結果によると、40代の半数以上の男性が勃起不全やセックスに関連する悩みを抱えていることが分かりました。
また40代前後は男性ホルモンの分泌量減少だけではなく、生活習慣病を患いやすい年代でもあります。

 

高血圧、糖尿病、動脈硬化などの症状は、ペニスの機能性に大きく影響を与えますので、よりEDの症状が深刻化しやすいとも言えるのです。

 

このように、日本人男性のEDはごく身近で発生している問題でもあります。
2人に1人が、中折れなどの症状に悩んでいるといっても過言ではありません。

 

他人事として捉え自分には関係がないと考えていると、ある日突然EDになることもあり得るのです。

 

EDは初期段階で素早い対処を行うことが、早期解決につながります。
放置すればするほど症状は悪化し、改善までに時間がかかってしまうのです。

 

最近は20代や30代前半の男性でもEDを患うケースが増えており、その原因のほとんどは生活習慣やストレス、疲労などが関係してるといわれています。

 

特に生活習慣病に関しては、血行不良の状態を招きやすくしてしまうことから、勃起力だけに限らず持久力も著しく低下してしまうことがあるのです。

 

自らの健康を維持ながらEDにならないためにも、原因を特定して適切な対処をすることが重要となってきます。

 

 

■中折れの原因について

中折れの治し方

中折れの原因を究明する前に、まずは勃起のメカニズムを把握しておく必要があるでしょう。
勃起のメカニズムは至ってシンプルです。

 

性的な興奮を感じると、人間の脳は一酸化窒素を体内で発生させるよう陰茎にある神経や血管へ指令を下します。
この時に体内で増加するのが、サイクリックGMPと呼ばれる物質です。

 

サイクリックGMPは、海綿体へ血液を送るために必要な物質であり、勃起する上で欠かすことのできない存在だといえるでしょう。
十分な血液が海綿体へ流れ込むと、今度は陰茎静脈を閉めて勃起状態を維持しようとします。

 

以上が勃起のメカニズムとなりますが、この流れの中でどこか1つでも不具合が生じると、EDの初期症状が発生することになると考えて間違いありません。

 

例えば生活習慣病が当てはまります。
最近は若年層の生活習慣病が増えており、動脈硬化などの疾患をきっかけとしてEDになる男性が増えているようです。

 

ようするに、十分な血液が海綿体へ流れ込まなくなることから、勃起力の低下や持久力の低下を招いてしまうわけです。

 

男性の場合は、加齢と共に精力が衰えて中折れを経験するようになりますが、年齢が若いにもかかわらずEDの症状が発生しているとなれば早めの治療が必須です。

 

中折れ解消にはいくつかの方法がありますが、ED治療薬の利用が最もメジャーな治療法の1つでしょう。
EDの初期症状の段階から治療を受けることにより、血液の循環を促して症状を緩和させることが可能となります。
もちろん、最終的にはEDの症状を解消することもできるでしょう。

 

中折れの悩みはデリケートな話であるため、誰にも相談することができない男性が多いものです。
一人で悩みを抱え込むことなく、異変を感じたら早めに対処することをお勧めします。

 

 

■早漏を放置すると中折れになる?!

中折れの治し方

ペニスに関連する悩みの1つとして、早漏を挙げることができます。
早漏そのものの悩みは深く、深刻化するとセックスそのものを避けるようになることもあるでしょう。

 

早漏で悩む多くの男性は、射精することをこらえるために、意識をセックス以外のことに向けて我慢しようとしますが、無理矢理性的な興奮を抑えてしまうと中折れが発生しやすくなります。

 

つまり早漏と中折れは密接な関係性があるのです。
また上記のような状況が長く続くことによって、性的な興奮を感じることができなくなったり、気持ちが冷めることがあります。

 

10代や20代であれば性欲が旺盛であるため、中折れをしてもすぐに復活することができますが、30代や40代になると全く勃起しなくなることがあるでしょう。
そのため、早漏は放置せずに早めに解消した方がよいのです。

■ED治療薬は早漏にも効果的

中折れの治し方

基本的にED治療薬はEDの症状や中折れの症状を改善させるために使用しますが、早漏にも効果があることが分かっています。
なぜなら、ED治療薬には亀頭部分の感度を鈍感にするという副作用があるからです。

 

副作用といっても、体に何らかの害を及ぼすような副作用ではなく、亀頭が全体的にうっ血した状態になるだけですので心配ありません。

 

巷では早漏対策用のクリームが販売されていますが、ED治療薬の副作用は同様の働きをすることが分かっています。
特にバイアグラ、レビトラは勃起力を高める作用が強いため、早漏改善に役立てることができるでしょう。

 

勃起力を高めつつ持久力も手に入れたいのであれば、性行為を始める前に服用しておくことをお勧めします。

 

■EDの意識調査から分かる実情とは

中折れの治し方

EDは適切な治療を受けることにより、改善することができる症状だといわれています。
それにもかかわらず、約8割に上るED患者は治療を受けずに一人で悩みを抱えているのです。

 

正しい知識がないため、このような現状を招いているわけですが、最も働き盛りである40代の男性に上記のような傾向がみられるといわれています。

 

40代は仕事でもプライベートでも多忙を極める年代ではありますが、その一方で性生活に不満や悩みを抱えているケースが目立つのです。
中折れや勃起不全が、その最もたる不満や悩みの1つでしょう。

 

本来適切な医療機関で治療を受けることにより、早期解決を図ることができますが、恥ずかしさや面倒臭さから通院を拒む男性がほとんどです。

 

中にはEDは治らない疾患だと信じて疑わない男性もいるほどですので、事態は深刻化しているといって良いでしょう。
基本的にEDの治療にはED治療薬が使用されますが、処方箋が無ければ入手することができません。

 

しかし最近では、個人輸入を利用することにより処方箋がなくても治療薬を入手することができるようになりました。
中には悪質な業者が介入していることもあり、注文したにもかかわらず商品が届かない他、偽モノのED治療薬が送られてくるなどの被害に合うケースもあるようです。

 

個人輸入で出回っている全体の約半数近くが、偽モノのED治療薬という声もありますが、利用する個人輸入業者の選び方さえ間違わなければ、そのような被害に合うことはありません。

 

■ED治療薬の種類とは

中折れの治し方

年々ED治療は目覚ましい進化を遂げています。
現在の最先端治療として有効だといわれているのは、ED治療薬を用いる方法でしょう。
ED外来や泌尿器科で受診し、症状が軽症であると判断された場合はED治療薬が処方されることになります。

 

現在日本で処方されているED治療薬は以下の3種類のみです。

 

  • バイアグラ
  • レビトラ
  • シアリス

 

それぞれの治療薬には特徴があり、得られる効果も異なってきます。
基本的な効果はさほど変わりありませんが、用途や体質などに合わせて服用した方が良いでしょう。

 

■ED治療薬で得られる効果

中折れの治し方

EDが発生してしまう根本的な原因は、一酸化窒素の不足とサイクリックGMPの不足にあります。
またEDで悩んでいる男性のほとんどは、酵素の分泌量が多いことから勃起不全を招きやすくなっていることも原因の1つと考えて良いでしょう。

 

酵素は勃起を鎮めるために必要な物質ではありますが、過剰に酵素が分泌されてしまうと支障をきたしてしまうのです。
このような原因を取り除いてくれるのが、ED治療薬ということになります。

 

一酸化窒素とサイクリックGMPの分泌量を増やして、逆に酵素の分泌量を抑えてくれるため、EDの症状を緩和してくれるのです。
そのため、EDの症状だけに限らず中折れの症状も改善させることができるということになります。

 

サプリメントを用いて改善させていくことも不可能ではありませんが、根本的な原因を解決するためにはED治療薬が最も適しているといえるでしょう。

 

■ED治療薬の選び方

 

初めてED治療薬を利用する場合、それぞれの治療薬の特徴を理解した上で用途や体質にあったものを利用すると良いでしょう。
現在ED治療薬として流通しているものは、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類となりますが、効果に関してはどれも大差はありません。

 

そのため、最終的には好みや体質との相性ということになるでしょう。
ただし即効性や持続性、得られる効果には違いがあるため以下で詳しく解説することにします。

薬品名

バイアグラ

レビトラ

シアリス

即効性

約30分から1時間程度 約15分から30分程度 約30分から1時間程度

持続性

4時間程度 4時間程度 36時間程度

効果

特に勃起力がアップする 特に勃起力がアップする 持久力がアップする

使用法

食後1時間経過してから服用 食後30分経過してから服用 食前食後どちらでも服用可能

メーカ

ファイザー製薬 バイエル薬品 イーライリリー社

 

上記のように、それぞれのED治療薬には違いがあることが分かります。
ち早く効果を実感したいのであれば、レビトラが相応しいと言われていますが、服用するタイミングや持続性にこだわるのであればシアリスが適しているでしょう。

 

また勃起力アップを重視する場合は、バイアグラかレビトラがベストです。
ただし、人によっては極端に勃起力がアップすることもあるため、自然な変化を求める場合はシアリスの方が適しているかもしれません。

 

ED治療薬はどれも安価ではなく、中でもシアリスは少々高額な医薬品となっています。
資金に余裕がある場合は、すべてのED治療薬を試してみた方が良いといえますが、それぞれの治療薬の特徴を確認した上で、自分に合ったものを服用することが望ましいといえるでしょう。

 

もしくは、専門医に相談し適した治療薬を服用するというのも1つの方法です。

中折れの原因と対処法

■ほとんどの中折れの原因は心因性

中折れの治し方

中折れの原因として特に多いのは心因性です。
ストレス、疲労、トラウマなど個人差がありますが、精神面に関わる原因はED治療薬を用いながら改善を図ることが可能だといわれています。

 

勃起力を高めやすいバイアグラ、シリアスを服用すると、薬効により中折れを防ぐことができるのです。
ストレスや疲労が原因で中折れしている場合、そもそもの原因を解決しなければED治療薬に頼りっぱなしになってしまいますが、心身の負担を軽減していく作業を同時に行うようにすれば改善されていくでしょう。

 

それからトラウマやセックスに対する自信のなさからくる中折れの場合は、相手の女性の反応が気になって自力での改善が難しくなります。
そういったときでも、ED治療薬の力を借りつつ自信をつけていくことによって、最終的に中折れを解消することができるでしょう。

 

尚、働き盛りの40代男性は、中折れになりやすい傾向にあります。
なぜなら、多くのストレスや疲労を抱えやすいからです。
著しく体が疲れていたり、常にストレスにさらされている状態が続くと、性欲が高まりづらくなるだけではなく、いやらしい気持ちになった時でさえも仕事のことなどを考えてしまい、中折れが発生しやすくなります。

 

本来、セックスは愛する女性とのコミュニケーション方法の1つであったり、より愛情を深めるための行為だったりするものです。
恋人関係や夫婦関係を続けていく上で、欠かすことのできない重要な行為だといっても良いでしょう。

 

中折れを放置することで、大切なパートナーとの関係が壊れることもありますので、早めに解決を図ることがポイントとなってきます。

 

また心因性による中折れが続くと、男性としての自信を失うなどして悪循環になりがちです。
より症状が深刻化することも珍しくありません。

 

できるだけ治療薬に頼りたくないという男性も少なくありませんし、この程度の症状であればすぐに改善すると甘く考えてしまう男性も多数存在します。

 

だからこそ心因性の中折れを抱えている男性は多く、長期間に亘って放置したことで改善に至らず、私生活や性生活で大きな問題を抱えることが数多くあるのです。

 

心因性による中折れである可能性を感じたら、早めに適切な対処を施すようにしましょう。

 

 

■中折れのタイミングを把握することが大事

中折れの治し方

人それぞれ、中折れが発生してしまう原因は異なりますが共通点が存在します。

 

1つは集中力が切れてしまったとき。

 

もう1つは、興奮が冷めてしまったときです。

 

どちらも似たような現象ではありますが、もう少々詳しくみていくことにしましょう。

 

まず集中力が切れてしまったときですが、これにはいくつかのパターンが考えられます。
例えば挿入前にコンドームを装着しているときや、体位を変えているときを挙げることができるでしょう。

 

もしくは集中力が切れてしまうような出来事が発生して、中折れすることも多々あります。

 

一方、興奮が冷めてしまったときですが、挿入前や過去のトラウマを思い出してしまったとき、オナニー以上の快感を得ることができなかったときなどが考えられるでしょう。

 

多くの場合、セックスを始めたときから中折れしているわけではなく、前戯の最中は勃起していることがほとんどです。
それが、上記のような原因やタイミングで中折れが発生するということになります。

 

ようするに、膣の中にペニスを挿入していようがいまいが、中折れは突然発生するものなのです。
その他の原因やタイミングとしては、体力や精力の低下に伴うものが挙げられるでしょう。
30代後半や40代以上の男性であれば、一度は経験したことがあるはずです。

 

中折れがたび重なると、心因性のEDの原因にもなります。
若い頃は中折れしたとしても、すぐに復活することがほとんどですので気にすることがありませんが、30代後半以上となればそのまま復活しないこともしばしばです。

 

相手の女性の反応を気にしたり、中折れすることがトラウマとなると、より一層中折れの症状が悪化していきます。
また食生活や生活習慣、疲労やストレスが絡んでくると、更に状況は悪化の一途を辿ることになるでしょう。

 

このような状況を招かないためには、中折れの原因やタイミングと向き合って改善に努めることが重要となります。
ED治療薬を使用して、中折れの現象を食い止めることも有効な解消法の1つでしょう。
中折れの症状が悪化し過ぎていたり、年齢が40代以上になってくると改善するまでに時間がかかることがあります。
症状が軽いうちに、適切な処置を施すようにしたいものです。

 

 

■中折れ改善と喫煙

中折れの治し方

健康を維持するために、喫煙を控えた方が良いことは誰でも知っていることです。
何らかの疾患を患ったり、体調不良を感じるようになるまで禁煙しない人ケースがほとんどですが、普段は自覚症状を実感しづらいこともあって事態が深刻化しやすいといわれています。

 

中折れも同様で、頻繁に中折れの症状を経験するようになるまで禁煙しないケースがほとんどだといえるでしょう。
もしくは中折れが発生しているにもかかわらず、喫煙とは無縁と考えている男性の方が多いほどです。

 

煙草の中に含まれているニコチンは、血管を収縮される働きがあります。
また、体内にあるビタミンCを破壊してしまうというデメリットもあるのです。

 

勃起させるためには、より多くの血液を海綿体へと集める必要がありますが、ニコチンが血管を収縮すると血液の流れが滞り勃起力を低下させます。
その結果、中折れを発生させてしまうのです。

 

体内にあるビタミンCを破壊してしまうデメリットに関しては、以前から広く知られてきたことですので言うまでもありません。
補足するとすれば、著しく老化が進むということでしょうか。

 

体が老化するということは、男性器機能が低下するということでもあります。
徐々に中折れが日常化し、EDを発症してしまうことに繋がるのです。

 

勃起力を高めたり、長時間に亘って勃起状態を維持するためには、健康な血管が必要となりますし血液の流れがスムーズでなければいけません。

 

つまるところ、喫煙は何の得にもなりませんので、本気で中折れを解消したいのでれば直ちに禁煙を開始するようにしましょう。

 

 

中折れの治し方

勃起不全で中折れの症状が出る理由としては、主要原因が身体的な要因があるかと思います。
ところが、それだけが原因ではありません。

 

心因性の中折れにもタイプがいくつかあります。
まず、常日頃の生活からくる心因性トラブルです。
たとえば、

  • ・人間関係がうまくいかない
  • ・仕事で大きな失敗をしてしまった
  • ・生活環境が変わった

など、生活を送っている中でストレスを強く感じていると、どうしても精力に影響を及ぼしてしまいます。

 

小さなストレスでもちりも積もれば大きくなります。
過度なストレス心因的トラブルの第一であり、中折れの症状が出ます。

 

また、性行為そのものにトラウマやコンプレックスを感じていることも、心因性のひとつです。
たとえば、過去にあったセックス最中のトラウマ、ペニスに対するコンプレックスなどが、影響してしまいます。

 

その他、相手によって変わる場合も心因的中折れになります。
たとえば、恋人や妻に対しては勃起しても他の人に勃起しない、あるいは真逆のこともあります。

 

いずれにせよ、誰にでも起こる中折れの症状です。
年齢も関係なく、若い方にでも起こる原因要素のひとつです。

 

 

中折れの治し方

中折れを含む勃起不全や精力減退は中高年に多いです。
つまり、加齢です。

 

年齢を重ねると男性ホルモンが減っていくことが、根本的な原因です。

 

テストステロンは男性ホルモンですが成長ホルモンでもあり、男らしさに必要不可欠です。精子を生成するために必要なホルモンで、精力が低下し歳もとると性欲も落ちていきます。

 

とはいえ、年齢で諦める必要はありません。
歳をとっても現役の人はいます。それは、元気だからです。
他の要因がなく年齢的な問題と感じる場合には、男性ホルモンをキープするように生活を送ることが重要になります。

 

また、男性ホルモンの減少は精力の減退や勃起不全以外にも身体に影響をおよぼします。
女性が女性ホルモンの減少で更年期障害が起きるのと同じく、男性も更年期障害のように症状が出ることがあります。
たとえば、

  • ・疲労が溜まる、疲れやすい
  • ・筋肉痛のなおりが悪い
  • ・体がほてる
  • ・発汗が増える
  • ・耳鳴りやめまいがする
  • ・集中力が低下する
  • ・無気力になる
  • ・イライラする

など。こういった症状も出ているときには、男性ホルモンの減少が関係しているでしょう。

 

 

中折れの治し方

中折れなど勃起不全になる原因はいくつもあります。
その中でも、現代多くの人が悩んでいるのが、ストレスや疲労です。
日ごろから、ストレスや疲れを溜めこんでいませんか?精神的、身体的、いずれにせよストレスも疲労も蓄積すると勃起に影響をおよぼします。

 

そもそも、勃起することはデリケートな生理現象です。
そのため、何かしら小さなことでも問題があれば、なかなか勃起しなくなります。射精までに時間がかかったり、イマイチ気持ちよくできなくなることがあります。

 

疲労は性欲を増強させると言いますが、性欲があがっても勃起力は下ってしまいます。そのため、歯がゆい不快感が起きてしまいます。
ストレスや疲労からくる中折れは年齢が関係ありません。
若い方でも、これらの要因からなかなか勃起しなくなってしまいます。

 

ストレスも疲労も、回復できれば問題は解決できます。
心身共にリラックスすることがポイントになります。

 

 

中折れの治し方

中折れや勃起不全の症状が出ると、「疲れているからか」「歳をとったからか」と、自覚する方も多いと思います。
が、その原因は合っているのでしょうか?

 

たちにくくなったからといって、年齢や疲労と安易に考えてしまうのはあまりよくありません。先入観や決めつけはよくありません。
怖いのが、病気が潜んでいる疑いです。

 

たとえば、「糖尿病」が原因で起こることもあります。これがもっとも気を付けたい病気です。
糖尿病の症状が悪化したとき、糖尿病抹消神経障害が起こることがあります。
そうなると、脳からの伝達が全身に行き届かなくなり、神経や血管が密集している陰茎まで血液がまわらず、中折れの症状が出ることがあります。

 

その他に、「慢性腎不全」からくることもあります。これは、男性ホルモンの生産量が減少するために勃起不全が起こるのです。
慢性腎不全になると亜鉛が欠乏し、その結果として勃起しにくくなることもあります。

 

サプリメントを利用しても、なにをやっても勃起しにくく、症状が回復しないと感じ、診察を受けてみると病気が見つかったというケースもあります。
勃起不全は、何らかの病気の初期症状かもしれません。気になる方は、病院で診察を受けてみるとよいでしょう。
また、血管が関係していることから、心筋梗塞なども考えられます。

 

 

中折れの治し方

 

ペニスは毛細血管が集中しています。そこに多量の血液が送り込まれることによって勃起する仕組みになっています。
したがって、勃起不全の主な原因は血流にあると言えます。

 

お酒は適量なら血液循環を良くするなど勃起だけでなく身体に良い効果が期待できます。
ところが、アルコールの過剰摂取は中折れや勃起不全の原因になるので注意が必要です。
毎日毎晩、大量にお酒を飲む方は、もしかするとその習慣が原因で勃起不全を起こしているのかもしれません。

 

血中のアルコール濃度が許容範囲を超えてしまった場合、大脳全体が抑制していくため脳から全身への伝達がとどこおってしまいます。すると、ペニスにまで血液が送られにくくなり、中折れや勃起不全を起こします。

 

適度なアルコールならなんら問題はありません。
適量というのは体質によって異なるのですが、「ちょっと酔いがまわってきたかな」くらいがちょうどいいお酒の量とされています。
ただ、お酒を飲んでから酔うまでに時間がかかるため、ローペースで飲むようにしてください。

 

 

■飲酒は中折れの原因になる?!

中折れの治し方

 

飲酒が中折れの原因になるという意見があります。
しかし、必ずしも原因になるとはいえません。
どのくらいの量のお酒を飲んだかによって、全く話が異なってくるからです。

 

つまり、適量であれば飲酒は中折れ改善に役立つことになり、過剰な飲酒は中折れの原因となるのです。

 

そもそもなぜ適量であれば中折れ改善に繋がるのかというと、2つの理由が挙げられます。

 

1つは心身ともにリラックスすることができるから。
そしてもう1つは、血液の中に発生している活性酵素を除去して血行を促してくれるからです。

 

まず1つ目ですが、適量のアルコールを摂取することでリラックス効果が高まることは広く知られています。
女性とセックスをする前に緊張する場合や、ムードを高めたい時にお酒を飲むことがありますが、それは心身ともにリラックスできることを経験している男性が多いからです。

 

2つ目については、アルコールデヒドロゲナーゼと呼ばれる酵素が深く関係しています。
アルコールデヒドロゲナーゼは、血液中に発生している活性酸素を除去し、酸化ストレスを和らげる働きがあるのです。

 

血液の流れを阻害したり血管を痛めてしまう酸化ストレスは、EDの原因にもなります。
できるだけ除去して血管を守り血液の流れを促すためにも、適度に飲酒することは体に良いということになるでしょう。

 

ただし、過剰な飲酒は逆効果です。
アルコールによって脳の働きが鈍くなってしまうと、性的に興奮をしても脳からの指令がペニス近辺の神経や血管に届かなくなります。

 

その結果、勃起不全や中折れを引き起こしてしまうのです。
何度も中折れを繰り返すと、セックスを避けるようになるだけではなく心因性のEDの原因へと変化していきます。

 

アルコールの力を借りたいときは、飲酒する量に十分気をつけるようにしましょう。

 

 

中折れの治し方

『膣内射精障害』という症状をご存知でしょうか?
日本全国的に、若い世代を中心に問題になっているとされています。

 

膣内射精障害とは、自慰行為は勃起も射精も気持ちよくできるが、実際に女性と性行為をする場合には勃起不全の症状が出る状態です。
たとえば、挿入する前に勃起が萎えたり、途中で中折れするなどの症状が出ます。

 

膣内射精障害の主な原因は、過度の刺激がある自慰行為とされています。
たとえば、ハードなオナホを使ったり、ペニスを床にこすりつけるなどのクセのある自慰が習慣になっている状態です。
刺激が強い自慰に慣れるために、女性の膣内では満足いかなくなり、性欲があっても勃起や射精に影響を及ぼすことができます。

 

障害といっても、これは病気ではありません。
自慰行為を考え直すことで、改善していくことが可能です。
まず、激しい自慰行為はNGです。ハードなやり方はやめ、ソフトなものに移行しましょう。

中折れの症状

持続力がない

持続力が低いのが、中折れの第一の症状です。

  • セックスしても途中で元に戻る
  • 最初は硬いが軟らかくなる
  • 挿入しても最後までもたない
  • 若い頃に比べ持続力が落ちた

など。これらはよくある中折れの症状です。

 

セックスしていて挿入してからしょぼしょぼに萎えることもありますが、セックス中、挿入前に硬くならず最後までいけないこともあります。
このような症状が出ると男としての自信が落ち、ショックを感じるかと思います。
これが何度も繰り返されるうちにトラウマになり、心因的に勃起不全になることも考えられます。

 

一般的に持続力の低さは中高年に見られますが、最近はストレスや疲労などの要因によって20代・30代の若い世代でも起こることがあります。
早め早めに対処を行うことで持続力を高めることはできます。

 

また、生活習慣も関係し、アルコールの摂り過ぎが影響することもあります。

 

 

硬くない

中折れの治し方

勃起するが、硬くならない。これも、中折れの一つの症状です。
若い頃は勃起するとビンビンに硬くなっていたのに、年齢を重ねて硬くならなくなる。これはよく見られる症状でもあります。

 

一般的に勃起状態のペニスはリンゴのように硬いとされています。
この硬さをグレード5とし、硬さは5段階であらわされます。
グレード2なら大体みかんぐらい、グレード1ではこんにゃくのようにふにゃふにゃ。

 

中折れで硬くなくなる理由としては、年齢や病気です。
具体的には末梢神経や血管が不調を起こし、血液循環が悪い状態が予測されます。
テストステロンという物質の分泌量が少なくなることでも、硬さが低下します。

 

たとえ性欲がありセックスしたとしても、硬くならないために不完全燃焼に終わることもあります。
リンゴほど硬くないとすれば、中折れ予備軍です。早めにサプリメントを始めるなどして元気を取り戻しましょう。

 

 

挿入前後にしぼむ、萎える

中折れの治し方

性欲がありセックスしても、挿入前や挿入途中に硬さがなくなって萎えることもあります。
いざ、中に入れるとき、コンドームをつけるときなどに萎えるのが、今回の症状です。

 

最初は勃起して硬くなっていたとしても男性機能が低下すると、途中で萎えてしまいます。
時間経過とともにサイズが戻ったり軟らかくなったり、角度がなくなったりなど、何らかの症状が出ます。

 

このような症状が出ると落ち込みますが、症状は改善していくことができる問題です。
まず思いつくのがバイアグラかと思いますが、問題点がいくつかあります。そこで利用したいのが、サプリメントです。
アルギニンや亜鉛といったミネラル系のサプリメントなら効果的です。
栄養補給になり、元気をサポートすることができます。

 

コンドームをつけるときに萎えるときにも、栄養補給が持続すれば問題が回避されます。

 

 

角度が下がってる

中折れの治し方

中折れの症状にはいろいろとありますが、「角度が下がる」というのも、症状のひとつです。
若い頃は勃起するとビンビンに立っていても、途中でペニスが角度が低くなることもあります。

 

年齢的にみると大体10代、20代が全盛期ですが、それを過ぎていくと、角度が低下していきます。
一般的に元気であれば、角度は高く、ビンッとたちます。硬く十分に大きければ問題なく、性行為はできます。

 

ところが角度が低くなるとイマイチ性行為もうまくいきません。
真上に向いているのが理想的ですが、勃起能力が低価すれば角度は降下する一方です。

 

 

性欲があるのに中折れになるのは何故?

中折れの治し方

性欲があるにも拘わらず、セックスの最中に何らかの症状が出ることがあります。
やりたいのに、やりきれない、歯がゆい思いをするかと思います。

 

セックスの途中で萎える、気持ちよくしたいのにできない。
このような症状は中折れの主な症状です。気持ちで性欲があっても、心身に原因があれば何らかの異常が起こります。

 

まず、たとえば器質性EDです。
心臓や血管系の疾患からこの症状が出ます。動脈硬化や心筋梗塞などが代表的です。
陰茎は身体の中でも毛細血管が密集しているため、症状が一番あらわれやすいとされています。
病気が潜んでいる可能性も考え、まずは病院で診てもらうのが身のためでしょう。

 

また、疲労やストレスで中折れになることがあります。
日ごろから疲れやストレスが溜まっていると感じないでしょうか。
性欲があっても疲労とストレスにより中折れになることがあります。
この場合は、疲労回復とストレス緩和が重要っです。
滋養強壮に良い栄養を摂取したり、ストレスを緩和するサプリメントなどで体を整えてみませんか。