月よりも太陽のような雰囲気!?お店トップクラスの美貌セラピストは指圧の腕前がハイクオリティ!

メンズエステ
月華SPA
宮下ほのか

 

 

 

何となく気になるネーミングのメンズエステ「月華SPA」。

 

おぼろに空に浮かぶ月、幻想的で美しいあの様を想起してしまう。
何だか儚げで和風な顔立ちの美人が在籍している期待が湧いてくる。

 

当然そんな保証はないのだけれど、名前、そしてホームページの作りというのは客を引き付けるんだよねえ。

 

何やら店主の熱い思いがコンセプトで色々と記載されているが、真剣に読み込む人、店主だけだろうね…。

 

客は利用当日まで何も分からないし。
料金は100分で12000円、比較的安めだから、まあそこがポイントっすね。

 

ありゃりゃ、シャワーの時間も含まれているのか…。
実質的には90分の料金と捉える。

 

セラピストは、と言えば…。
妖しくてセクシーな今っぽい人たちばかり、誰でも似たようなものか…、ああ、一人グッときた!
お顔に自信があるのか、俺が閲覧した時にはこの「宮下ほのか」だけがカメラ目線の写真を確認できる。
メンズエステ
おおう、目がパッチリ、正直「月」というよりも「太陽」みたいなインパクトのある顔だち。
ハーフなのかなあ…。

 

ツイッターでも目の大きさがすごい。
とりあえず不自然な修正は無いとは思うが…豆粒、あるいはそうめんみたいな細い目を修正ってな無理筋はしていないと思える。

 

うぬぬ、事前に顔が分かると、相手してもらいたくなるなあ!
率直に言えば、このお店の価格帯で宮下ちゃんレベルの容姿がポンポコ在籍しているとは思えん…。
いや、技術、おもてなしも大切だとは思うけどね、
とあるセラピストの顔を確認した以上、他の人をセレクトして「それ以下」の容姿だと、ハズレくじ引いた気分にもなるし…。

 

行動力は大切、サッと電話して予約を取る。
…もう満員御礼…。
そうですか、…分かりました、失礼します。

 

落胆した気持ちが声色にモロに出てしまったのか、引き留めるような素振り一切なかった。

 

(宮下ほのかちゃん、彼女じゃなければ今日はやめとくよ…)って反応の客が多いということなのかもしれない、と考えるに至る。

 

その後様子見、数日経って連絡すると、何とか彼女の次の出勤日に予約を入れることができた。

 

俺のこと覚えていたな、応対スタッフ、先日予約が取れなかったことに対して、謝罪してくれた。
メンズエステの接客もレベルアップしていくものだな。

 

 

日本橋駅より地上に出て、電話を店にする。
当日はそのようにしてルームを教えてもらうのだ。
ほう、こんなに9番出口から近い場所で営業していたのか。
普通に道の前を以前通ったりしているな、このマンション…。

 

オートロックを抜け、彼女の待つ部屋までサクサク進む。
扉を開けてこんばんは〜!
メンズエステ
こりゃあ、可愛い…。
プロフィールの画像通り、月ではなく太陽がまず思い浮かべるようなはっきりした顔立ち、しかし、目が大きい。
カラーコンタクトもつけているのか、いい意味で国籍不明な雰囲気。

 

真木よう子、うーん、それに内田理央っぽい要素も。

 

ともかく、目が大きな女性が好きなら、まずハズレとは感じない。
骨格がちょっとはっきりしているので、しつこいが月を連想させる和風美人が好きな人にとってはインパクト強い。

 

また姿勢がきれいな子なんだよ。
タイトな柄ワンピースを着ているその立ち姿、見てるだけでこちらもシャキッとしてしまうほどだ。

 

今日来た経緯、予約が取れなくていったん時間をおいて電話を再び行ったことなどを話す。
社交辞令だろうが、でもまっすぐ見つめて笑顔を作り感謝の意を伝えられる。

 

うーん、素直にうれしいぜ、笑顔が可愛いな、目の大きな子はやっぱり。

 

シャワーを浴びに風呂場へ。
まあ、よくあるタイプの造りだが、掃除は行き届いている。
リーズナブルな価格の店舗だと、こういうところけっこういい加減でかび臭かったりするので、神経の細やかさに驚き。

 

部屋も簡素だが、落ち着く色合いのカーテンや観葉植物も用意されており、リラックスしていく。
すでに紙パンツを着用した俺、部屋中央のマットに寝そべって施術を促した。

 

 

うつ伏せからスタート、肩、背中に腰、適度に強い圧でトリートメントを行う。
タオルは背中に敷いてあるけど、気にならないくらい筋肉に圧は伝わる。

 

いいね、かなり気持ち良い。
しっかりと研修しているのかな、経験年数は知らないけど、慣れているぞ。
首がコッていたのでそれを伝えると、ちょっと集中的にケアしてくれた。

 

また指圧だけでなく、ストレッチもあるのだ。
タイ式整体のように、体を引っ張り上げたりする施術。
一人で行える種類のものではない。

 

仰向けにもされ、腕や足を伸ばしてもらう。
メンズエステというよりも、スポーツクラブのインストラクターに筋肉痛予防のトリートメントを受けているみたいだ…。

 

そこそこ長い時間をこの施術に割いた後、オイルが登場だ。
うつ伏せに再び体勢変更して足に伸ばされていく。
いくつかオイルは用意されていたが、俺の好きな「ノイル」があったのでそれをセレクト。

 

トロッとしているけど、水でサーッと流し落とせるところがお気に入りだ。
そのヌッタリ、ピチャピチャした質感のリキッドはどんどん伸ばされていく。

 

スローなテンポで慈しむような手つきを堪能。
うおお、こんな可愛い子が、俺にやさしくオイルを塗りたくる。
シチュエーションで興奮してくるよ…。

 

この時には彼女、俺の足にまたがって座るような姿勢。
丸くて柔らかいヒップ、太ももがピタピタ密着。
その密着レベルはまだ浅めだけれど、彼女のボディは逸材と呼ぶにふさわしい。

 

太ももを終えると、キワの攻め、SKBにサッと指を伸ばしていき、サワサワとオイルを伸ばす。
攻める!」というほど強力な刺激は感じないが、ストロークの度に心のソワソワ感は高まっていくのが楽しい。

 

カエル足時は、ツボ押しのように圧がさっきよりも強くなる。
おお、いい感じ、いい感じで刺激を高めていく。
ああお、キワ、割れ目に指は入り込んでトリートメントをすべての部位に施していくのか…!?
残念ながら、TMA、竿までには指を沿わせる気持ちは無いようだ…。
ピタッとそこで止まって、またSKBに、お尻に。
さらには太ももの裏にもオイルを浸透させるべく、ハンドアプローチ。

 

しばらく続いて終えた様子。
メンズエステ
今度は仰向けに。
スタイルも良い。
胸の膨らみはしっかりとしており、笑顔で俺を見つめる。
こちらも楽しくなる。
やはり月ではなく、太陽のような明るい女性だ…。

 

手つきはちょっとソフトリー、激しいアプローチはない。
それでも、腹部、SKB、太ももへと手は伸びて、オイルアプローチ。

 

さあ、これでお終いです。
メンズエステとしての刺激はちょっと少なめ?なような気がしたが、体は次の日になるといつもより軽く感じた。
店を出る時も笑顔で別れたのだが、中毒的にハマってしまうような請求力はちょっと少ないかも。
まあ、安いし、セラピストは可愛かったから不満は感じないのだけれど、ね。

 

こんな時だからこそ個人店はいかがでしょうか?

メンズエステ
人の話もまとめて考慮すると、今回相手してもらった「宮下ほのか」ちゃん、おそらくはこのお店でトップクラスの美貌であることは間違いない。

 

指圧、ストレッチの時間が多いのは他のセラピストでも共通らしく、店そのものがエロ度控えめ、ちょっと刺激のあるマッサージ風リラクゼーションサロンといったところか。

 

日本橋駅近くののメンズエステ

 

体を労わる施術の腕前は確かなので、仕事で疲れた時などの利用はむしろ好都合。
本来のメンズエステも、そもそもはそういった利用法が正しいのだろうけど…。

 

利用を考えている人は、ぜひ参考にしてみて欲しい。

 

メンズエステ攻略法
抜いてもらう方法 店外デートに誘う方法

メンズエステで抜いてもらう方法

健全メンズエステで抜いてくれるお店・セラピストの探す方法8ヶ条&抜きを必ずしてもらう方法

メンズエステで店外デートに誘う方法

健全メンズエステのセラピストとの店外デート体験談3つと誘う方法