大阪でワイの息子があかん…♪ってなった体験談を聞いておくれや

2021.07月出勤確認あり

メンズエステ

谷町九丁目・日本橋等に複数あるメンズエステの体験談

 

 

みんなは、大阪と聞くと何を想像するだろうか。
たこ焼き?お好み焼き?それとも通天閣?
もしかしたら難波を思い浮かべる人もいるかもしれない。
いずれに於いても、とても有名なものばかりだ。

 

だけど、僕が大阪と聞いて思い浮かべるのは、あるプライベートサロンに所属している一人の綺麗な女性のことだ。
大阪の言葉を見るだけで、彼女のことを思い出してしまい、僕の息子は熱く滾ってしまうんだ。
かなりヘンタイな発言であることは十分承知している。
だけど、人間の思考は、過去に自分が学んできた知識体系と、経験に基づいて行われている。
そのことから鑑みるに、僕は大阪で、それほどまでに彼女の虜になってしまったという事だろう。
一体何の話をしているんだ、と思うだろう。
だから今から少し聞いて欲しいんだな。
僕が経験した大阪での甘いひと時を。

 

東京から大阪へと出張でやってきた僕は、疲労感がハンパなかった。
普段の仕事量に加えて、今回の出張ときたもんだ。
正直、疲れは頂点まで達していた。
新大阪へ向かう新幹線の中でなんて、ずっと爆睡していたしね。
そんなこんなで新大阪へ到着した僕は、仕事の打ち合わせを簡易的に済ませ、ホテルへと向かってベッドに突っ伏した。
あぁ、疲れたぁぁぁってな感じでね(笑)その状態で少しいたら、男性諸君は分かってくれると信じているのだが、少しむらむらしてきた。
気が付けば、股間も少しむっくりと起き上がっているようだった。

 

ちょっと待てよ。
某有名俳優の名台詞を投げかけてみても、僕の息子はむくむくと大きくなっていく。
こいつは仕方ないな…。
一発白い弾をティッシュに放つか…。
そう思ったのだが、疲れがたまっていたので、そんな気力も湧かない。
こいつは困ったな。
疲れが取れて、そこまで性的ではないが、性的要素も内包しているサービスは無いかなぁ。
そう考えていたとき、僕の中で一つの選択肢が浮かんだ。
そうだ。メンズエステへ行こう。
メンズエステへ行けば、ERな女の子に出会えるはずだ。
そして、疲れも取れるはず!
そう考えた僕は、善は急げ的なノリで、即座に自分のPCを立ち上げて、メンズエステを調べ始めた。
いくつかのサイトで調べていると、あるお店が僕の琴線(※自分の息子が直立したことを、僕は琴線に触れたと定義している。我ながらろくでもない定義だ(笑))に触れた。

 

そのお店の名前は、●●●。
大阪・谷町・日本橋・梅田・堺筋本町に店舗を展開しているプライベートサロン(マンションエステ)だ。
このお店に惹かれたの訳は複合的要因である為、一概にこれだって理由を述べられるわけではないが、簡単に説明すると、パネル写真に写るセラピストの姿が、それぞれ色気ムンムン之介で、どすけべぇだったからだ。
うん、語彙力が崩壊しているな。
僕もそう思うよ。

 

でも、みんなも見たらそう感じると思うよ!?見て欲しい。
胸元がぱっくりと開いた服から覗く、たわわな果実のような胸を。
思わず頬張ってしまいたくなる、細くもすらっとした、それでいて何処となく気品を感じさせる二の腕を。
あの写真を見た瞬間、僕の息子はこの店が良いって叫んでいたよ。
少なくとも僕にはそのように感じたよ。
そうして店を選んだ後、僕はエステの相手を、S子さんという方にお願いすることにした。

 

理由はひとつ。
僕の趣味趣向(これを性癖とも呼ぶ)に極めて沿っていたからだ。
S子さんの写真の姿は、あまりにもER過ぎて、特に露出された旨と太ももは、思わず生唾を飲み込んでしまう程だった。
彼女の写真を見ているだけで、僕の息子は軽くBKしていた。
直接会ったら、どうなってしまうのか…。
そう思い、彼女の予約をすることにした。
コースは120分17000円にした。
そうして連絡を行い、合流して施術を行うマンションへと移動した。
そしてS子さんは施術を行う為の衣服に着替えを行った。

 

着替え終わったS子さんを見たとき、僕の息子はFBKしちゃったよ。
どうしてかって?それは、S子さんがあまりにもエチエチ過ぎたからだ。
動く度に大きく開かれた胸元から胸がたゆんと揺れるのが分かる。
本当に眼福だったよ。

 

そんなことを考えていると、施術が始まった。
それでは、身体をほぐしていきますね。
そう言って身体を優しくなぞっていくS子さん。
静かに僕はそれを受け入れていくのだが、思うことが二つ。
密着しすぎて僕の息子がFBKし過ぎてヤバい。

 

そして、どちゃくそ手つきがエロい。
その二つの思いが、僕の脳内を支配していた。
S子さんが僕の身体をリラックスさせる為に全身を密着して伸ばしてくれるのだが、その際に何度もおっぱいが当たり、こちらの理性が少しずつ突き崩されてしまいそうになる。
全身が伸びる代わりに、僕の息子がひとり大きく伸びていくのを感じていた。
密着しながら僕の身体をほぐすS子さんは優しく笑みを浮かべているのだが、その笑みは何処か淫猥さを孕んでおり、僕の身体が快感に悶えているのを楽しんでいるかのように感じられた。
リップが塗られた艶やかな唇がふっと息を漏らすと、僕の胸にあたって思わず変な気持ちになって声が漏れてしまう。
その姿を見たS子さんは、悪戯心を宿した表情で、「気持ち良かったですか?」そう僕の耳元に尋ねてくる。
S子さんの息遣いは生暖かく、そしてあまりにいやらしくて。
僕は我慢が出来ずと小さくはい、と呟くと、S子さんは嬉しくなったように「かわいい♪」と言って、マッサージを行う傍ら、僕に耳元でこしょこしょと話しかけてくる。

 

こ、この女性は悪女だ…!!!

 

思わずそう感じてしまう程に彼女のテクニックは巧みで、そして卑猥で。
マッサージの時間が経過していくにつれて、段々と僕は、S子さんに身体を支配されてしまっているような感覚に陥った。
そして、それを喜んで受け入れようとしている僕がいる。

 

因みに先に伝えておくと、僕の性癖は決してマゾヒストではない。
その性癖は決して持ち合わせていなかったその筈なのに。
S子さんに悪戯っぽく身体をまさぐられる度に快楽を感じてしまう。
これはS子さんのテクニックがなせる技で僕がMになってしまったのか、それとも単純に僕がサディストにもマゾヒストにもなることの出来る真正のヘンタイなのか、どちらなのかは分からないが、支配への快楽を感じてしまったという事実は変わらない。

 

とにかく、そのようにS子さんに支配されてしまう喜びに打ち震えていると、S子さんの手が僕の胸を通り過ぎ、腹を伝い、股間の辺りを優しくなぞっていく。
こっちの方も、緊張しているみたいなので、ほぐさないといけないですね
その言葉に呼応するように、僕の息子が最絶頂したように、FBKしてしまう。
そのせいで、下着がカサカサと音を立ててしまう。

 

S子さんはそれに気付いたんだろうね。
妖しく笑いながら、僕の息子の周りを撫で回しながら、僕の反応をひとつひとつ楽しんでいたよ。
まさしく、二人きりの空間に於いて、女王様のような雰囲気だったよ(笑)
その流れを受け入れてしまった僕にとって、その仕草や行動はあまりにもご褒美でしかなくて、興奮が高ぶってしまい…。

 

みなまで言わずとも分かるとは思うが、僕はS子さんによってイかされてしまったんだなぁ…。

 

とんでもなく気持ちが良かったよ。
快楽に落ちるってこういうことを指すのかなって思わず確信してしまったレベルだ。
そうして、エステは終了した。

 

いやはや、とんでもなく気持ちが良かったよ。
来る前に感じていた疲労感は、何処かへ行ってしまっていた。
残ったのは、充実感と愉悦感。
それを体験出来て本当に良かったと思っている。
みんなも大阪に来たら、是非このお店に行ってみたら良いと思う。

 

心の底から良かった。
そう思っている。

 

 

こんな時だからこそ個人店はいかがでしょうか?

※※ 退店 ※※

 

メンズエステ攻略法
抜いてもらう方法 店外デートに誘う方法

メンズエステで抜いてもらう方法

健全メンズエステで抜いてくれるお店・セラピストの探す方法8ヶ条&抜きを必ずしてもらう方法

メンズエステで店外デートに誘う方法

健全メンズエステのセラピストとの店外デート体験談3つと誘う方法