色白スレンダー女子大生系セラピにSKRしてもらった話

2022.08月出勤確認あり

メンズエステ

 

堺東にあるメンズエステ

 

今回紹介するのは、●●●の「A子」さん。
ホームページでの年齢は22歳。
お店の名の通りミセスが多いこのお店の中では割と珍しい、20代前半のセラピストさん。
と言っても最近は結構若い子も増えているのだが、A子さんは結構前から在籍しているセラピストさんで、当時は若い人は少なかったように思う。
以前に2回ほど入らせてもらったことがあったが、すごく久しぶりに行ってみることにした。

 

最近メンエスではもっぱら30代以上のミセスを中心に通うことがほとんどだったので、久しぶりの若い子でもある。
だいぶ前に行った時の印象は、正直あまりよくなく、SKRはさせてもらったので2回ほど行ったのだが、愛想が良くなかったイメージ。
俺がメンエスで若い子が苦手になっていった原因の一つでもあったような・・・。
会話も続かず、何か機嫌でも損ねたかな?と思うような反応。
冷たく感じていて・・・でも最後はなんだかんだでSKRさせてくれる。
でもどこか機械的な・・・

 

そんな感じでしばらくは入っていなかったのだが、今回、なぜか急に久しぶりに行ってみたくなって行くことにした。

 

ホームページの紹介を見ると、スレンダーで色白、「女子大生系」らしい。
女子大生系って?と思いながらも、まぁ年齢的なことかなと理解しておこう。

 

紹介ページにはレビューみたいなのが投稿されているのだが、「スタイル抜群で胸にかなり目がいってしまいました」というコメントが。。。
でもどう見ても写真ではそんな感じじゃないし、実際に記憶の中でもOPIが凄かったという印象はこれっぽっちもない。
むしろぺっちゃんこに近かった気さえする。
逆の意味で、「目がいってしまう」ということか?

 

まぁ、あまり当てにならない投稿ですね。

 

さてさて、いらん話をしましたが、この日は朝のうちから、仕事の終わりそうな時間を見計らって予約を入れる。
A子さんはいつもかはわからないけど、だいたい14時ごろから23時という時間帯で出勤していることが多い様子。
だからまぁ余裕を持って予約を入れることにする。

 

ただし注意が必要なのは、このA子さん、結構「当欠」が多い。
前日にホームページ見ていて出勤予定であることを確認し、当日になってもう一度見てみると「要確認」となっており、しばらくすると「受付終了」となっていることが時々あるのだ。

 

だから前日から予約を入れて期待しすぎて当日になってがっかり、というのは避けたいので、出勤が確定したのを見計って予約を入れるようにする方が良いと思う。

 

ちなみに「予約完売」となっていたら、出勤していて予約が埋まった状態をさし、「受付終了」は何らかの事情でお休みしている状態を示している(そんな説明いらないか)。

 

仕事が終わり、時間ちょうどぐらいに堺東のマンションに向かう。
この日も例のマンション。
指定された部屋番号を押してインターホンを鳴らす。

 

・・・
ウィーンと無言のままオートロックが解除される。

 

やはり前の印象もあるので不安である。
不安を抱きながらもエレベーターで指定の部屋のある階へ上がり、部屋の前で再度インターホンを鳴らす。

 

いよいよご対面だ。

 

ドアが開き、中から写真の通りのスレンダー、色白で、髪の色は黒よりもやや茶色、明るい色ではなく落ち着いた感じの髪色の若い女性が。
顔もまぁ俺にとっては十分なぐらい可愛い。
誰かに似ている気がするが・・・バッチリメイクという感じではなく、薄めの化粧で清楚な感じには見える。

 

表情は・・・微妙な感じ。無表情に近い。
これはますます不安である。

 

中に通してもらい、座ってお茶をいただく。
お邪魔したのは寒くなり始めた頃だったのだが、お茶は「キンキンに冷えてやがる・・・」というぐらいいつもにも増して冷たく感じる。
これは、A子さんの態度も影響しているのだろうか・・・。

 

前に来ていただいたことありますか?」と聞かれ、「そうですね、もうずいぶん前になりますけど」と答える。
覚えてくれてます?」と聞かれ、あまり詳細までは覚えていないし、どちらかといえば良い印象ではなかったけど「もちろんですよ!いや〜前も大変お世話になりました〜」なんて答えると、にっこりと笑って「え〜本当ですか?」なんて、思っていた以上に愛想よく会話が成り立っている。
そりゃ、こんな若くて可愛い子、覚えていないわけないじゃないですか〜。でも前よりもいっそう可愛くなってません?」とか適当に言って「え〜、なんか適当に言ってません?でもありがとうございます」とか、すごくナチュラルに、こっちのキモい発言にも答えてくれる。
そう、きっと会っていなかった歳月が彼女を成長させたのだろう。
でも、前より可愛くなったというのはまんざらウソでもなく、前はもう少しケバい感じの印象があったのだが、優しさも少し出ているようにも感じたのである。

 

お金を払うと、「じゃ、シャワー準備してきますね」と言って浴室のほうに立ち去って行く。

 

この日は100分で指名して入ったので、14,000円であった。

 

すぐに準備もでき、シャワーをあびにいく。
来る前の不安もある程度払拭され、気分よくシャワーを浴びることができた。

 

紙Pの指示は特に何もなかったが、前の記憶もあり、なしで大丈夫だろうというのがあったので、はかずにタオルだけ巻いて部屋に戻った。
案の定、何も言われず、そのままうつ伏せになってスタート。

 

腰のあたりから足の方までタオルをかけてくれて、最初はタオルの上から軽くさすってもらう感じで簡単にちょっとだけ触ってもらい、早速、オイルをつけて足の方から施術がスタートする。

 

全体的な感想を先に言っておくと、まぁどちらかというと軽めの圧で、あまり緩急とかがあるわけではなく、密着もそんなにガッツリという感じではない。
いかにもメンエスってのを楽しみたければ、あまりお勧めはできないかもしれないが、特段悪いということでもない。
そしてふくらはぎや太ももにかける時間が結構長めだった。ちなみに最後もじっくりと・・・という感じ。

 

ふくらはぎ、太ももと進み、次に反対の足も同じように進む。
この間結構いろんな話をしたが、とても愛想良く答えてくれる。
よく「冷たい」と思われやすいらしい。
でも人見知りとかではないのだとか。
不思議な感じだったが、話も色々とできて楽しい時間を過ごせた。
ただ、彼女の方からよく話しかけてくるということでもなかったので、もしかしたらおじさんの勘違いなのかもw。
よう喋るし、鬱陶しいなと思われていないことを祈る。。。

 

両足が終わって、腰やら背中やら肩やらも簡単にだけど、オイルでマッサージをしてくれる。
ここはあっさりと終わり、「じゃあ、こっちの足曲げてください」とカエル足の指示。

 

実はここ最近入ったセラピストさん、ここのお店も違うお店もそうなのだが、たまたまか、カエル足の施術がなかったのでがっかりしていたところ。
今日はちゃんとあって安心。

 

カエル足の施術は、それほど密着がすごいわけでもなく、事故もそんなに大したものはない。
たま〜に先っちょをかすめる程度。
この辺り、会話を止めて集中していると、少し息子も反応する感じはあったが、十分な成長は遂げられずに終わる。

 

両方同じ感じで進み、「じゃあ仰向けになってください」との指示。

 

さてさて、今回はどんな感じになるのかなぁ・・・。

 

仰向けになると、お腹のあたりにタオルを置かれる。
息子は出ているような出ていないような微妙な感じ。

 

足元から少しずつ手が上に移動してくる。
仰向けの状態でSKBを行ったり来たり。
たまにちょっと俺のあいつに当たることもある。でもガッツリという感じではない。

 

タオルを剥ぎ取られる。
SKBからお腹の方にまで少しずつ手の移動距離が長くなって行く。
そしてとうとう俺のCKBまで手が届く。
この頃から、だんだんと、SKBを通過していた両手の隙間も狭くなっていき、俺の息子を挟むような感じになって行く。
ゆ〜っくり上に・・・ゆ〜っくり下に・・・両腕が息子のところを通るときには間に挟んでくれているみたい。
だんだんと大きくなって行く。

 

CKBまで届いていた手はだんだんと動く範囲が下の方に固まってきて、そのまま息子を捉える。
両手で、ぬるんぬるん・・・先っちょをグリグリ・・・そんな感じで俺の息子はギンギン。
なぜかこの日は結構長持ちしそうな感じ。
変にもちすぎて時間なくなっても困るけど・・・。
気持ち良くなって、少し体を起こし、A子さんの顔を見る。
息子の方を見ていたが、俺に気付いてこっちを向く。
気持ちいい?」とちょっとクールな感じの眼差しでこちらを見る。
・・・はい」と声になるかならないかぐらいの返事をする。

 

じゃあ、横にいこっかな」とA子さんが言って、いったん手を止め、俺の右側に座る。
ては十分にいろんなところに届く距離だ。

 

A子さん、基本敬語で話してくれるんだけど、たまにタメ口になる。
でもそれがまたいい感じだ。

 

横にきたA子さんは俺のCKBをいじりながら息子を4545。

 

思わず俺も手が伸びてしまう。
A子さんの細いウエストあたりに手を回す。
そこから少しお尻の方を触って行く。
そのまま徐々に前に手を戻してきて、太ももの間に手を突っ込んでいこうとすると
だ〜め」と言って制止される。

 

まんざらでもない「だ〜め」に聞こえたが、判断は難しい・・・。
ここは一旦引き下がって、手をOPIの方に移動させる。
小さくて可愛いOPI。
服の上から触ると、ブラが結構硬い。
小さいからあまり上からではその感触が伝わらない。
徐々に手を隙間に滑り込ませて行く・・・。
小さいけど、ちゃんと柔らかさもあるOPIだ。
指で先端を探す・・・。
A子さんのなんとも言えない表情・・・感じているまで入っていないけど、ちょっと恥ずかしそうな、でもこちらを冷ややかな目で見ているようにも見える・・・。
上から見下ろされている感じがまたちょっと興奮する。

 

もう一度手を下の方に持って行く。
太ももの間に手を滑り込ませようとすると同じように「もう。だ〜め」とのこと。
両足でギュッと手を挟まれる。

 

今日はこれ以上はやめておこう。
でも上はある程度行けそうだったから、もう一度OPIの方に手を戻そう。
もう一度上に移動させ、中に手を滑り込ませ、先端をちょっとだけいじってみる。。。

 

と、そうこうしている間に俺もそろそろ限界が近い状態に。
俺の表情を見て「気持ちいい?」と声をかけてくる。

 

はい・・・めっちゃ気持ちいいです

 

と言ってまもなく、A子さんの体を十分に堪能することなく・・・そのまま・・・

 

ふぅ・・・。

 

今日の話はここまで。
なかなかこの日はいい思いをできました。
最初の不安な気持ちから、思っていた以上に良かったから、余計にそう思えたのかも。
でも若い子も悪くないなと、そう思いながらシャワーを浴び、お茶をもらって帰ることにした。
近いうちにまた行こう。

 

メンズエステ

 

メンズエステ攻略法
抜いてもらう方法 店外デートに誘う方法

メンズエステで抜いてもらう方法

健全メンズエステで抜いてくれるお店・セラピストの探す方法8ヶ条&抜きを必ずしてもらう方法

メンズエステで店外デートに誘う方法

健全メンズエステのセラピストとの店外デート体験談3つと誘う方法