肉感が見事な野呂佳代系セラピスト、エロ度激高な密着スタイル!

メンズエステ
どす恋
桐谷なぎさ

 

 

わはは、少しヤケになっているかも、だ…。

 

イライラしたことがあったので、メンズエステでスッキリと気持ち良くなりたいと思っていたのだが、お気に入りの子、いなくなっていたぞ…。

 

じゃあ、もう、新規開拓!ということで目に入ったのがこちらのお店、「どす恋」である…。
まあ、あれだな、デブの店、ということだよな、明らかに…。

 

お店としては、「マシュマロGirl」と呼称している。
物は言いよう、うーん、見事。

 

一応ムチムチ〜ちょいポチャは許容範囲では、ある。
うーん、ブルゾンちえみくらい、ならねえ…。
甘いか、そんなレベルではないか…。

 

しかし、いつもの店でやせぎす、テクニック無しなんか出されてしまった日には、ストレスがマックスレベルに高まる。
今回は、どす恋美女(?)と濃密タイムを選ぼうか!
何人かチェック、うむむ、画像の素晴らしさ、いや、恐ろしさ…。
みんな標準体型で可愛らしい女の子に見えてくるぜ…。

 

おお、セクシーで、胸元の巨乳、いや、爆乳ぶりに引き付けられるぜ、「桐谷なぎさ」ちゃん…。
ううう、興奮が抑えられそうもない、さっそくTELだあ!
意外なほど、丁寧で誠実そうな声色のスタッフさん。
モコモコした声と対極、スッキリ系の体型を予感させる声。

 

太っちょと痩せのカップル、まあまあ見かけるけど、皆、相手に自分に無いもの、求めるのか…。
このスタッフさんもデブ専だからきっと…。
どうでもいいか。

 

予約を確認すると、明日の出勤日いつでも入れるそう。
良し、それじゃあ明日の夜半にお願いしますか。

 

時間は、120分、14000円。
安い、と思うも、指名料やディープリンパを加えると、ありゃ、標準的な価格になってしまった。
まあ、仕方ない。

 

ともかく、決まり。
明日を待つことにしよう。

 

 

で翌日。
実は仕事休みの日で、ちょっと暇だった。
結果的に、仕事帰りの時よりも疲れはなく、体調が良い状態でマッサージ、ディープリンパを受けることができる。

 

メンズエステ、けっこう体力使うんだよな。
特に今回、相手はデブ…、いやマシュマロGirl。
乗っかられたりしたら、負担感、大きいかも、だ。

 

場所は、あれか、他のお店も入っているマンション、だよな。
管理人さん、明らかに知っているだろうな、裸の男女が絡み合う光景が展開されている事。
ああ、メンズエステに限らない、な。

 

テクテクと進んで、目当ての部屋まで到着。
こんばんは〜、と小さな声で呟いて、ドアを開けてもらう。
出てきた女性、ぬぬ、マシュマロ…。

 

あれだ、顔も体型も、野呂佳代系。
もっと大きいか?相応はしていたが、まあ、立派な体型(笑)。
しかし明るい声で、手ぐすねを引いて、俺を中に入れてくれる。

 

笑顔は、割とチャーミング。
その意味では、まあ。
年齢も俺よりは若い。
本当に24歳かどうかは未知数だが。

 

黒いワンピース、けっこうイイ感じで太っちょボディをグラマラスに仕上げている。
コスプレ衣装も壁際に引っかかっているけど、膨張色系は、マズいだろ…。
このままの服で頑張っていただこう。

 

座り心地の良い椅子で説明を聞く。
シンプルだがリラックスできる空間。
固くならず、のびのびと過ごせそうだ。

 

本日分の料金を支払って、シャワールームに。
こちらもシンプルな造り、しかし清掃はしっかり施されている。
手抜きの店、またはセラピストは、他人が入った後、掃除もあまりしない。

 

水滴が残っていたとして、特に使用感に影響を及ぼすはずもないのに、でもなんか残念感が出るんだよね…。

 

全身にバーッと熱いお湯を浴びて、ボディソープでゴシゴシと洗う。
サッパリしたぜ。
Tバックの紙パンツをはき、いざ出陣。

 

マシュマロGirlは部屋の中央で準備万端、といった感じ。
マットに誘われる俺。
それではスタート。

 

 

グッと重め(失礼)な感覚、背中の下や腰のあたりに。
座ると、かなり効くね、このボリューム感。
お尻の感触は気持ち良い、Tバックをはいているのか。

 

肩まで、ぐぐい、ぐぐい、と腕を伸ばして施術。
肩を凝っていることを理解したのか、けっこう強めな圧で、揉み込む。
首も触って、適度な強さでアプローチ。

 

ひじ、上腕を使って、背中の中央や肩甲骨にイジイジ。
くう、腰には、負担感、ちょっと感じてきた(笑)。

 

足の方へ移動して、グイグイ。
ここも背中と同じで力強い。
しばらく続けると、オイルが用意された。
トロットロな感触。
まずはふくらはぎなのだが、なぎさちゃんは俺の太ももに移動して座る。

 

ドカーン、という響きは無いが、重い…。
しかし体のやわらかさは本物、何とも不思議な感覚。
足を折り曲げて自身の胸に俺の足を密着させてオイルを塗り込んでいく。

 

おうう、全体の体格に気を取られてあまり意識していなかったけれど、彼女は爆乳の持ち主であった。
やわらかくて、ぷにんぷにんな感触を堪能、なかなか良いぞ、これ…。

 

両足共に行った後には、足の間に入り込んでくる。
器用に彼女の太ももが入り込んできて、俺の足をカエル足状態に。

 

密着度を高めるためか、「その足、こっちに乗せて」と。
カエルで開いた片方の足、彼女の太ももに乗っかるような姿勢。
そして、圧力十分な指圧、オイルトリートメントが始まった。

 

おお、くう、繊細な指使いの後に、ググ、とSKB、竿に玉ちゃんのあたりまで、鋭さ満点の密着腕トリートメントがやってくる…。

 

くう、腰が、腰が抜けるぞ、不自然な態勢なので、我慢して耐えること、できない…。
ひゃあ、はひゃあ!
間抜けな声を発する俺を、笑顔で見つめる彼女。
あああ、よだれ、出てきた…。

 

オイルがどんどんと追加されてきた。
けっこう、ドバドバ系のお店なんだろうか、滑る、彼女の腕、ああ、たまらない…。

 

4TBになると、腰の外回りでSKBをいじる。
ぐう、腕の強さ、そして尻肉に感じる爆乳アプローチ…。
はあ、は、はあ、たまらん、これも、大好きな状態…。

 

ああ、背中に進む手、じっとりと、オイルが伸ばされていく…。
肩口まで伸びる際には、俺の尻に彼女の腰がピタリ状態、男女逆転なエロ過ぎ姿勢とオイルアタック…。

 

はああ、パンツからはみ出た息子ちゃんは、ガンギマリで大きくなってしまった。
はあうああ!?先っぽを、可愛がるようにいじり込んできた。

 

振り返って確認すると、悪魔のような笑みを見せて、俺を挑発…。
ああ、どうなるんだ今日…。

 

仰向けにされ、彼女は俺の頭を膝の上に乗せる。
ぼぼぼん、ぼん、前屈みになって、パイ圧が顔面におそいかかってきた…。

 

おうは、はう、呼吸が苦しい、でも、すごくうれしい…。
ああ、そのまま、スパイダーマンのように這いつくばって前を通り過ぎる。
割れ目を見せつけてくる恰好。

 

目の前には大きな尻山脈がそびえ立っているぜ…。
マニア垂涎、FBK状態で視界のすべてが尻…。
シュールで、バカみたいにエロい…。
ああ、た、たまらん〜!
我慢できずに触れる。
全く問題なし。
それどころか、彼女の俺のFBKをさらにブーストさせるかのようにスライド上下運動。
そこでは終わらず、体勢を変える。

 

太ももが引っ張り上げられ、彼女の太ももに乗せられた。

 

足をお手入れ、SKBにサワサワ。
そして、竿に力強い刺激。
袋にも片手を当てて、おお、搾り出す気か、や、やめて、ああ、出る、出る、出る〜!!
溜まっていた男マグマ、噴出…。
ああ、スミマセン。
気持ち良くて、スミマセン…。
ふらふらになりながら、シャワールームに向かう。
そして、ルームを後にした。

 

こんな時だからこそ個人店はいかがでしょうか?

メンズエステ
まあ、太っちょ好きには絶大的におすすめ、感覚としては、最後までイケる子、いるかも…。

 

HJ、素晴らしいテクニックだけど、施術全体も問題なし。
まあ、ちょっと重いとは感じたが…。

 

ぽっちゃりムチムチ、マシュマロGirlに会いたい人、ぜひどす恋で気持ち良くなってみてくれ!

 

 

メンズエステ攻略法
抜いてもらう方法 店外デートに誘う方法

メンズエステで抜いてもらう方法

健全メンズエステで抜いてくれるお店・セラピストの探す方法8ヶ条&抜きを必ずしてもらう方法

メンズエステで店外デートに誘う方法

健全メンズエステのセラピストとの店外デート体験談3つと誘う方法