本仮屋ユイカ似セラピストに四つん這いから寸止めで遊ばれ射精後地獄を食らった日

2021.06出勤確認あり

メンズエステ

 

矢場町を中心に複数ルームのあるメンズエステ体験談

 

 

友人の存在とはありがたいものである。
しかし、大人になると友人なんて出来にくいものだ。
そんな私に趣味であるメンズエステ通いのおかげで、友人が出来た。
私と彼は、共通の友人との飲み会で意気投合。
一緒に店に繰り出したのだ。
色々な話を出来てとても楽しかった。
またすぐに。」と別れたのに、そこからは私たちもコロナウイルスの波によって、会うこともままならなかった。
そんな友人から久しぶりLINEが届いた。

 

内容は、簡単な生存確認だった。
しかし、私たちの話題はすぐにメンズエステになっていった。
あの店がいいと聞いたんだが。
あそこに新店が出来た。
など盛り上がった。
そして、「また一緒に行こう」ということになったのだ。
そこからは早かった。

 

すぐに電話で連絡を取り合い、休みを確認。
3週間後の2人ともの休みに、お昼から突撃することにしたのだ。
3週間と時間は空いてしまったが、苦痛はなかった。

 

そこまでは、LINEで「どこの店にするか」「どのコースにするか」「どんなセラピストを指名するか」。
ある意味作戦会議ともいうべき、準備を2人して整えたのだ。
ただ、2人とも自分の好きな店はまあまあな回数行っている。
それでは、2人で行く面白味がない。
そのため、今回は店もセラピストもくじ引きにて決めるということとなった。

 

そして、突撃3日前。
店とセラピストの公正なる?くじ引きを実施。
そこで決まったのが、今回の店である『●●●』。
そして、私のお相手となるセラピストが『O子』さんだった。
友人も別のセラピストさんに決まったため、予約。
ただ、時間ばかりは上手くはいかず、私が1時間早く始まるというものだった。
しかし、くじ引きで決まったもの。
崩すわけにもいかない。(こんなところだけ律儀な私達)

 

そのため、友人とは2時間前に待ち合わせし、喫茶店で久しぶりに会って、話をしようと決めた。
当日、待ち合わせしていた駅に行くと彼はもう待っていた。
ただ、そこはいい大人だ。

 

テンションは上がっていたが、簡単な挨拶で私たちは話をするための喫茶店へ向かった。
そこでは最近の活動(メンズエステへ行くこと)報告なんかをし合った。
すると、すぐに時間はやってきた。

 

私たちは一旦別れ、再度この店で集合することを約束。
私だけ先に店に向かった。
店に向かう途中、部屋番号を伝えられたので、そこを訪ねる。
そしてピンポーン。
チャイムを鳴らすと、ガチャと扉が開く。

 

そこで迎えてくれたのが、今回のお相手となるO子さん。
雰囲気は女優である本仮屋ユイカさんの髪の毛を黒髪にして、肩あたりまでにしたようなきつね顔の女性。
可愛いというより綺麗系。
目が切れ長で、目元にはホクロ。
それが色気を引き立たせてくれるタイプ。

 

そんな美女に迎えられてテンションが上がっていた。
だって、くじ引きで選ばれたんですから。
こんなの運命ですよね。
早速部屋に入ると、お話開始。
話を開始してくれるO子さん。
トークとしては営業トークと言った感じで当たり障りのない内容でした。
しかし、違う部分が。

 

それは、話し始めるとO子さんは手を私の太ももの上に置いてくれる。
そんなの反応するに決まっている。
失礼な話ですが、「この人は当たりだ」と思っていましたよね。
お話をしていくと、太ももを撫でるようにまでしてくれます。
これは自然とテンションも上がっていく。
そこで絶妙なタイミングでお風呂へ誘われる。
少し違うのは、後ろにO子さんが付いてきてくれます。

 

そして、脱衣所に着くと、サービスでO子さんが私の服を脱がしてくれる。
しかし、普通に脱がされるのではなく「はい。ばんざーい。」とあまり力ない言葉とともに、脱がされる。
せっかく脱がせてもらえるのだから王様のように脱がせてもらおうと思いながら、やる気のない母親が脱がせてくれる感じ。
まあ、それはそれで悪くない。
ただ脱がせてもらいパンイチにされると、「じゃあ」と置いていかれてしまいました。
もう心の中は「えぇ〜!!」となっていましたが、仕方ない。
これも我慢なんだろうと諦めました。
そこからは自分でパンツを脱いで、シャワーを浴びます。

 

本当は一緒に入ってほしかったですよ。
しかし、急にそれを言ってしまったら、O子さんに嫌われるかも知れない。
そのため、我慢して一人で大人しくシャワーを浴びました。
シャワーを浴びると置いてある紙パンツ。
それを一人で履いて、部屋に戻りました。
すると、「待ってました」と胸元がざっくり、足元は超ミニの衣装なO子さんが迎えてくれます。
あとから聞いたのですが、O子さんはDカップの持ち主と。
そんな飛び出したπを見せられたら。
1人で大人しくシャワーを浴びてよかった。
そう思えました。

 

 

さあマットに横になると、O子さんのプレイ開始。
マッサージ中も話してくれるO子さん。
あまりトークに気持ちが入っている感じはありませんが、マッサージは丁寧に行ってくれます。
そんな姿がまた可愛らしく、いい感じです。
そのままマッサージは、足へ移動。
足指まで一本ずつほぐしていってくれます。
一通りマッサージを受けると、マッサージ終了。

 

すると、背中へホットオイルを投入。
身体を密着させてくれながら、全身にオイルを延ばしてくれます。
全身にオイルが延びると、太ももやお尻を柔らかい手でナデナデ。
反応していたあの手で撫でられるのだから、興奮もしますよ。
太ももを撫でてくれていた手はどんどん鼠径部へ。
なんとか事故を狙って腰を動かしまくりますが、そこはタッチしてくれない。
そして、カエル足体勢に。
しかし、変わらずピッタリと密着。

 

Dカップで質量がありながらも、崩れていない形の良いおっぱいを身体に感じています。
そのまま鼠径部も責めてくれます。
もう完全反応。
それがバレてしまうとO子さんは笑顔で「気持ちいいんですか?」と紙パンツの上から触るようなフリをしてきます。
もう「触ってください」と懇願しそうでした。
完全にO子さんの手の中でころがされていましたね。
そこから四つん這いになると、紙パンツの中に手を入れてくれます。
そして、穴の付近をサワサワ。
もう身体をくねらされるほど気持ちいい。

 

しかも、それに加えて私の乳首周辺を責めてくれる。
感度が高まっていたので、それでも反応しまくり。
それを笑顔で手を緩めないO子さん。

 

そこから仰向けへチェンジ。
すると、乳首を集中的に攻撃されます。
身体をくねらすように響きます。
そんな時、頭上にはO子さんの身体が。
生足が頭の隣にあれば、それは触るでしょう。
触り放題なんです。

 

しかも上に手を伸ばせば、待っていたDカップのおっぱいが。
そんなの放っておけるわけない。
思わず揉みました。
すると、拒否することのないO子さん。
もう一心不乱に揉み続けました。

 

ただ、私自身は乳首で感じているのが、ずっと続いていました。
手には揉んでいる興奮、感じている興奮が最高すぎる。
と、思っているとO子さんは私の足元へ移動。
ただ、ずっと鼠径部を責められるだけで、なかなか実際に行ってくれない。
もうじれったい。

 

そこで思いきって「O子さん触ってもらえないかな?」とお願いしてみました。
すると「そんなのダメなんですよ」と笑ってくるO子さん。
その姿を見て、『これは完全にダメじゃないな』と思い、「みんなには黙ってるし、内緒だからお願いしていい?」と加えると。
ダメなんだよ」と言いながら、笑顔で紙パンツに手をかけてくれます。
そして、ようやく脱がせてもらえました。

 

ただ、このままではしてもらません。
O子さんは、私の体勢を変えて、ワンワンスタイルにします。
そして、私の後ろから股の間を通して、手こき開始。
O子さんの柔らかい手とオイルが混ざりあって、気持ちよすぎる。
もう身体がビクビクです。
すると、O子さんは「すごいビクビクしてる。逝く時は正直に言ってくださいね♪」と笑って言ってきます。
そりゃあもう我慢の限界でした。
ああ、逝きます」と言うと、ピタッとO子さんの手が止まる。

 

そして「逝こうとしたから、止めちゃった」と笑っている。
私は「ごめんなさい。もう逝かせてください!」とお願いしてしまいましたよ。
そして、「ごめんごめん」と言いながら、ちゃんと続きをしてくれる。
しかも手のスピードを早めてシコシコ。
そんなことをされたら、すぐでした。
ワンワンスタイルのまま、マットに向けて大放出。

 

結構な勢いで出てしまいました。
逝った余韻でビクビクしていると、まだ手こきを続けるO子さん。
もうこそばがゆくなっているのに、止めてくれない。
思わず声が出ると「反応が面白いからやっちゃう」と。
また、それに反応してしまった。
ただ、もう時間が迫ってきていました。
急いでお風呂へ。
シャワーを出ると、O子さんは着替えて脱衣室でタオルを持って、待っていてくれました。
そして、綺麗に拭いていただきました。
そこでもちろんムスコを軽くですが、拭いてくれるので、コソっと腰を向けてみました。
すると「また持ってきましたね〜。でも、もうダメです。」と注意されてしまいました。
そんなことをしながら着替えを終えて、泣く泣く終了。

 

しかし、いい体験が出来たので、ルンルン気分で友人との待ち合わせ場所である喫茶店へ。
そこから1時間弱待つ。
賢者タイムも相まって眠くもなるし、もう帰ってしまおうかと思うほどでしたが、なんとか耐える。
そうこうしていると、ようやく友人が。
一緒に答え合わせをすると、友人もいい体験が出来たとのこと。
今度は逆のセラピストさんを指名して、行ってみようと笑い合いました。
とても濃厚な幸せな体験になりました。

 

 

 

 

メンズエステ攻略法
抜いてもらう方法 店外デートに誘う方法

メンズエステで抜いてもらう方法

健全メンズエステで抜いてくれるお店・セラピストの探す方法8ヶ条&抜きを必ずしてもらう方法

メンズエステで店外デートに誘う方法

健全メンズエステのセラピストとの店外デート体験談3つと誘う方法