R18 るか R18とは何か。彼女がその答えを教えてくれたよ…。

メンズエステ
R18
るか

 

 

R18。
この言葉を聞いて、皆さんはどのようなことを思い浮かべるだろうか。
ドスケベなこと?エチエチなこと?
それとも、淫猥極まりないお姉さんの肢体を思い浮かべるだろうか。
R18という単語は、人間の数だけそれが指し示す意味は異なり、認識は異なるだろう。
しかしながら、何処となく”すけべぇ”なものではないかと感じてしまう男性がほとんどを占めるのではないだろうか。
それほどまでに、R18という言葉には男性の夢やロマンが詰まっている。

 

いい年をしたおっさんであれば、一度や二度はこのような思い出があるだろう。
覚えているだろうか?近所の河原や公園の前に落ちていたエロ本を拾って、みんなでベンチに座って読んだあの日のことを。
覚えているだろうか。
グラビア写真を見て、思わず自分の股間が熱くなってしまったあの日の記憶を。
そして、帰宅後に何故か分からないが股間をこすりたくなり、布団の中ですこすことしてしまったあの日の記憶を。
ティッシュに解き放ってしまったリビドーという名の熱く、白い弾丸を。

 

これらの記憶は、R18と聞いた瞬間に一瞬のうちにフラッシュバックをしてしまうものであろう。
(少なくとも僕は、その思い出をすぐにフラッシュバックさせて、股間が熱くなってしまったほどだ。)
それほどまでに、R18というものにはロマンが詰まっているのだ。
20代の男性で、R18と聞いて思い出されるのはツタヤのR18の暖簾であろう。
どのツタヤにもひとつはある、18歳以上でないと入れない暖簾コーナー。
このコーナーには、エッチなものがたくさん置かれている。
しかし、18歳にならないと入れない。

 

値下げしました!

 

その残酷な事実を突きつけられたとき、どれほど多くの少年たちが、涙で袖を濡らしてきただろう。
どれほど、眠れない夜を過ごしてきたのだろう。
それらの少年たちの熱い感情に想いを馳せるだけで、胸がいっぱいになってしまう。
「もーういーくつねーるーとー、18歳ぃー、18歳になると、ツタヤの暖簾をくぐってー、大人の仲間入りをしましょー」もういくつ寝るとお正月。
日本を代表する民謡であるが、この唄に乗せて、少年たちは18歳になる日を今か今かと待っていたに違いない。

 

そして、18歳になったその日。
少年は、ひとりの男へと変貌を遂げ、威風堂々たる姿で、ツタヤのR18と記載されている暖簾をくぐり抜けていくのだろう。
その勇猛果敢さに、思わずその男の母は涙を流すに違いない。
立派になったのね、大きくなったのね。
(きっと母は、自分の息子のことを立派、大きくなったと表現しているのであって、自分の息子の息子が立派になった、大きくなった、といっているわけではないと思う。多分そうだと思う。)

 

少年から男へと変わった、その日のことを。
ツタヤの暖簾をくぐった、あの瞬間を。
きっと、彼らは忘れないのだろう。
この胸を強く打たれる物語は、R18という言葉が強く密接に関連している。
R18という言葉に翻弄され、魅力に囚われた男の物語。
それが、”R18”この一言に詰まっている。
なんて深い言葉なんだろうか。
そして、どれほど罪深い言葉なのだろうか。
R18という言葉は、少年の股間を熱くさせ、時に男になれない少年の涙を誘発する。
嗚呼、なんて深い言葉なのだろうか。

 

話はとんでもなく変わるが、僕は名古屋在住なのだが、その名古屋に、とても罪深い名前をしたメンズエステ店がある。
僕はそのメンズエステ店が行きつけなのだが、その店は、店の名前同様にエチエチで、とんでもなく僕の性欲を掻き立てるのだ。

 

その名前は、R18。

メンズエステ

このR18というメンズエステでは、これはもう高いクオリティのエステを受けることが出来るのだが、この店の名前。
なんて、男の感情を掻き乱してくるのだろうか。
何故だか、店の名前を見るだけで性欲がむくむくと湧いてくる。
この店で、僕はお気に入りの女の子がいるんだ。
その女の子の名前は、るかさん。
このるかさんは、一見清楚に見えるお嬢様なのだが、ひとたび施術用の衣装へと着替えたら、あら不思議。
とんでもなくドスケベなのだ。
彼女は、161cm、Fカップととんでもなくナイスバディなのだが、それ以上に魅力的な彼女の目である。
彼女の目は不思議と人を惹きつける力があるようで、一度見つめられたが最後、るかさんの瞳から目を離すことが出来なくなってしまう。
それで数多くの男が、彼女のもとへと通うメンズエステ常連になってしまったのではないか、と巷で噂になるほど(本当に噂になっているのかは分からないが、多分なっているのではないかと個人的には思っているぞ♪)、爆発的な魅力を備え持っているのだ。
これには僕ももうクリーンヒットだったよ。
肝心の彼女の施術の方はというと、完全に文句の付け所がないんだ。
なんていうのか、ルックスに頼りすぎることのない、テクニックに磨きをかけた技巧派というのが彼女に対する適切な形容表現ではないかと考えている。
それほどまでに、テクニシャンだ。

 

僕の身体をほぐすために、優しくも力を込めて動かするかさんの腕は、何処か蛇が這うようなしなやかさで、それでいて何処か男性が快楽を得るためのツボを的確に押さえているような動きだった。
その動きに対して、思わず僕の息子もBKしてしまう。
毎度恥ずかしいのではあるが、るかさんの腕の動きでBKを抑えることはもはやできない。
不可避なのだ。
彼女の腕を動かす際にちらりと見せる表情も、淫靡さを孕んでおり、まるで男性を食べてしまうような、そんないやらしさすら感じさせる。
るかさんが僕の跨ってエステを行ってくれる姿も、またとんでもなくたまらない。
僕の腰の上で一生懸命に動きながら施術をしてくれるその姿は、まるで僕の腰の上でダンスを踊っているかのようだ。
そのようにダンスを踊る彼女の姿は、あまりにも淫猥過ぎるんだ。
そのタイミングで、いつも僕はBK状態からFBK状態へと移行してしまう。
太ももの圧も、ちょうど良い具合で僕の股間のイチモツを刺激してくれる。

 

値下げしました!

 

あぁ、良いよ…。
そう心の中で呟きながら、彼女に為されるがままにする。
その時間は、本当に至高だよ。
是非、みんなにも経験してほしいもんね。
るかさんの動きは、まるでR18というものくを体現しているかのようなんだ。
彼女が腰を動かしながら、僕の身体をマッサージしてくれる。
腰を上下に動かしたその瞬間、ランドセルを担いで帰っていた少年時代が頭の中によぎるのだ。
エロ本を見つけて、みんなで回し読みをしていた、あの日の記憶が蘇るのだ。
そして、あの時に感じていたリビドーが、今の僕の股間が持つイチモツを激しくも熱くさせるのだ。
彼女の姿は、R18そのものだ。
R18が、ほら、思い出すかぁ?あの日々のことを、思い出せるかぁ?
私が今、お前の持っているその性の衝動を受け止めてやろうではないか…。
そう、語りかけてくるかのように感じる。
本当に彼女がR18の化身なのか、それとも僕の頭が単純におかしいのかは分からないが、とにかくそのように感じるのだ。

 

値下げしました!

 

彼女の行う施術は、それほどまでに僕の理性を溶かしてくる。
快楽が高まりを迎え、思わず頭が真っ白になっていくのを感じることが出来る。
ときどき、「気持ち良くなってくれていますか?」可愛らしく首を傾げながら、耳元でそのように話しかけてくる彼女の表情は、あまりにも魅力的過ぎるんだなぁ…。
気遣いが出来て、スタイルが良くて、テクニシャンで…。
挙げていけばきりがないほど、彼女はめちゃくちゃ多くの魅力であふれている。

 

るかさんの施術を、是非みんなにも体験してみて欲しい。
おそらく、最高だった…!と感じられるのではないだろうか。
名古屋にあるメンズエステR18。
心の底からお勧めする。

 

メンズエステ攻略法
抜いてもらう方法 店外デートに誘う方法

メンズエステで抜いてもらう方法

健全メンズエステで抜いてくれるお店・セラピストの探す方法8ヶ条&抜きを必ずしてもらう方法

メンズエステで店外デートに誘う方法

健全メンズエステのセラピストとの店外デート体験談3つと誘う方法