彼女の眼に惹き込まれる…。先程、Eカップ長身美女にエチエチ施術をされてきたのだが。

メンズエステ
EVERGARDEN
みやび

 

 

みんなは、愛知県名古屋市栄と聞いて、何を思いつくだろうか。
そのように尋ねられた場合に於いて僕には、ひとつ確固とした回答がある。
何を当然なことを。某国民的アイドルグループのことについて想いを馳せるに決まっているだろう
そのように言う方がいるかもしれない。
ノンノンノン。
当然日本を代表する素晴らしいグループではあるが、今回僕が連想していたものではない。
名古屋にはうみゃあもんがいっぱいあるだがやぁ
そのように某有名市長のように言う方がいるかもしれない。
ノンノンノン。
それに於いても、僕が想いを馳せるものではない。
それでは、一体それは何なのか。
そこまでして僕の心を強く惹きつけて掴み、そして離さないものとは何なのか。
その答えは、至ってシンプルである。

 

名古屋市栄にあるメンズエステのとあるセラピスト。
彼女その人こそが、僕が連想したものである。
どうして某国民的アイドルグループよりも、そして、うみゃあ料理よりも先に連想されてしまったのか。
みんなは、それを不思議がるに違いない。
きっと頭がおかしい。
そう思うに違いない。
しかし、理由を聞いてしまえばみんなも思わず納得してしまうだろう。

 

「ドスケベ」なのだ。
そのセラピストさんは、エチエチのドスケベぇなのだ。
ただ、それに尽きるのだ。
エチエチでドスケベぇ。
これほどまでに罪深く、それでいて男の心を強く掴んで離さないものがあるだろうか。
そう思わせるほどに、この要因は大きいのである。
エチエチでドスケベぇという用語が、とんでもない破壊力を持った概念であるということは、お日様が東から登って西へ沈んでいくということレベルで明々白々である。
そんなどちゃシコな女の子が、名古屋市栄にいたのである。
そりゃあ思わず連想してしまうであろう。
そりゃあ、思い出しただけで、軽くBKしてしまうだろう。
そりゃあ、軽く彼女に想いを馳せて一発股間にある拳銃から白い弾丸を放ちたくもなるだろう。
そう思う程までに、彼女は魅力的なのだ。

 

この僕の発言を聞いて、こいつぁとんでもねぇヘンタイだぁ。
そう思ったかもしれない。
「ねぇママぁ、あそこに変なことを言っている人がいるよぅ。」
「シーッ、あぁいう人には関わってはいけません。」

 

そういって、僕の目の前を通り過ぎていく親子の姿が強く目に浮かぶが、少し待って欲しい。
僕は決してヘンタイではないのだ。
(多分、おそらく、きっと…)そう。
僕はヘンタイではなく、ちょっとエッチなだけなのである。
一度その女の子のエステを受けてしまえば、みんなにもお分かりいただけるであろう。
毎日その女の子のことを考えながら股間をすこすこして生活を送る悲しいモンスターへと変身してしまうのだ。

 

名古屋周辺のおすすめセラピスト

 

有名な作家、フランツ・カフカの代表的な中編小説、「変身」に於いて、主人公はある朝目覚めると、巨大な虫へと変身してしまっていたのだが、大体それと同じだ。
(よく考えてみたら違う気もするが、でも何となく同じ気がしている。一応謝っておこう。カフカさんごめんなさい。ぺこりーぬ。)

 

カフカの「変身」では、不条理な出来事が人を襲うということを題材としていたが、そこも似ているような気がする。
ドスケベエチエチなエステという破廉恥で不条理な快楽の波が僕を(主に、僕の股間を襲うぅ…?)襲う的な感覚だ。
いや、やっぱり違う気がする。
カフカさんごめんなさい。
取りも敢えずも、そうやって見悶えさせるほど、彼女のエステは魅力的だったのだ。

 

その女の子とは、誰か。
それは、メンズエステ、エバーガーデンのみやびさんだ。

 

メンズエステ

 

「僕は、君に恋をしてしまったぁぁぁ」という、栄を中心に活動している某国民的アイドルグループの楽曲「パレオはエメラルド」の一節を口ずさんでしまうほど、彼女の姿やエステテクニックに惚れてしまうことは請け合いだ。

 

彼女は身長165cmのEカップと、大人の女性としての素養を具備したドチャエロで色気ムンムン之介なのだが、それでいて年齢は20歳ということもあり、実際に彼女と会ってはアンスト、時折見せる彼女の笑顔は、どこか少女のようなあどけなさを残している。
その少女と大人の女性との狭間を生きる彼女の姿は、見ている男の心をめちゃくちゃにくすぐってくる。
それはもう、とんでもないくらいにね。

 

そして重要なのはテクニックの方だ。
いくら美人でエチエチな豊満ボディの持ち主であったとしても、テクニックがなければすべてが台無しになってしまう。
だからこそのテクニックは重視されるべき点なのであるが、その点に関しても御安心ください。
とっっっってもドスケベぇなテクニックをお持ちでしたよ、奥様方。
本当にこれはもう、間違いなく男性の息子(おちんぽ)が大きく期待と希望で膨らむことは、確定的だ。
彼女の身体を触る手つきはとてもなめらかで、それでいて何処か淫猥な感じなんだ。
みやびさんに胸をなぞられたとき、僕は思わず蛇が這っているのかと思う程のしなやかさだと感じたかな。
そしてそれが淫猥なんだから、もうたまったものじゃない。

 

まぁ、精子はいっぱいたまったけどね(笑)
みやびさんが僕に触れるたび、背中が思わずゾクゾクとした快感に支配されてしまう。
その快楽感に呼応するかのように、僕の息子はムクムクと大きくなっていくのだ。
施術用の衣装から見えるみやびさんの胸はとてつもなく卑猥で、僕はみやびさんのおっぱいという視覚的攻撃と、みやびさんが撫でるいやらしい手つきという触感的攻撃、そして、ぬちゃぬちゃというみやびさんが奏でるホイップの旋律、それらの人間の感覚器官である五感をフルに使って、みやびさんは僕に攻撃を仕掛けてくる。

 

そんな猛攻に僕は成すすべもなく、情けなくも息子はムクムクと大きくなっていってしまう。
これほどの猛攻は、横浜DeNAベイスターズが一年に4、5回見せるワンイニング9得点という大量得点劇レベルの猛攻だ。
(因みに僕は横浜DeNAベイスターズの大ファンなのだが、それはまた別の話だ。)

 

そして、みやびさんのテクニックがとんでもないと感じる一つの要因は、彼女自身のエステ中の表情にある。
彼女のエステを行っている最中の表情は、少し頬が上気しているようで、それでいて発情期の猫のような性に積極的な姿を感じ取れるのである。
ちょっと潤んだ瞳で、上目遣いで見上げる姿はあまりにも艶めかしい。
正直、男性であればFBKは不可避だ。

 

とあるラッパーの曲で、「人妻と聞いて、フル勃起」というワンフレーズがあるが、僕は、「彼女の目を見ただけで、フル勃起」と強く感じた。
みやびさんの目が、僕を犯すのだ。
まるで僕の全身をなめまわすかのような錯覚すら覚える。
そしてその目があまりにも綺麗で、僕は引き込まれてしまって…。
そんなレベルで、もうとんでもなくたまらない。
みやびさんはエチエチ版(R18版)メデゥーサなのではないかと心の底から疑ってしまう。
みやびさんの魅力がすんばらしいのか、それとも僕の頭がとんでもなくおかしいのか、その真実は神のみぞ知るという感じではあるが、それでも僕は………。
彼女のエステが、エチエチだと感じるのだ。
彼女のエステは、総合的に鑑みて、優しくそして相手を穏やかにするものだと感じた。
疲れは取れ、身体は諸事情により(笑)元気になる。

 

名古屋周辺のおすすめセラピスト

メンズエステ
エステ前はあれほど騒いでいた僕の息子も、終わった後は、力を出し切ったのか、はたまた装填されていた白い弾丸を出し切ったのか、静かになっていた。
細かい気配りもしてくれて、時折会話の最中に見せる笑顔は、とても可愛らしいものだった。

 

そうしてエステが終了したときに、ある楽曲が僕の脳内を駆け巡ったよ。

 

「大好きだ。大好きだ。僕は全力で叫ぶ。」
そう、その曲の名前は、某国民的アイドルグループの楽曲「大声ダイアモンド」だった。

 

かっこよくそんな感じで文章を締めようと思ったが、どうしようとなく言いたいことが一つあったので、追記しておく。

 

彼女のエステは、どちゃシコだったぞ。
みんなも、是非行ってみて欲しい。
以上だ。
(最後に僕は、何を言っているのだろうか…。)

 

メンズエステ攻略法
抜いてもらう方法 店外デートに誘う方法

メンズエステで抜いてもらう方法

健全メンズエステで抜いてくれるお店・セラピストの探す方法8ヶ条&抜きを必ずしてもらう方法

メンズエステで店外デートに誘う方法

健全メンズエステのセラピストとの店外デート体験談3つと誘う方法