踊る!巨乳美人御殿!彼女の指づかいに心を支配されて…。

メンズエステ
esora
モエ

 

 

突然だが、僕は先日名古屋に行ってきた。
その時にとてつもなく衝撃的な出逢いをしてしまったんだな。
みんなにもぜひその時の感情を共有したいと考えているので、もしよければ聞いて欲しい。

 

これは僕が名古屋に仕事で出張をしたときの話だ。
恥ずかしながら、生まれてから約半世紀、欠片ほども名古屋に縁もゆかりもなく日々を生活を送ってた僕は、名古屋には何があるか。
そのような単純な質問に対してさえ明確な答えを持つことが出来てはいなかった。
でも、今となってはハッキリと分かる。
名古屋には、とても素敵なものがあるのだと。

 

それはとても美しく、とても魅力的なものだと。
水ようかんのような和菓子かい?ノンノンノン、決してそうではない。
確かに水ようかんは素敵なフォルムで、魅力的な味わいを楽しむことが出来るが、決して和菓子ではない。
なら、名古屋城かい?ノンノノンノン。
そうではない。
確かに天守閣にはそそられるものがあり、見る人に対して趣深さと荘厳さ、そして人を惹きつける不思議な魅力を兼ね備えているが、決してそうではない。

 

それなら何なんだい?
そうやって尋ねられたような気がしたので、それではお答えさせて頂く。
名古屋には、とっても綺麗なメンズエステのセラピストさんが居るのだ。
いや、待っていただきたい。
僕をすけべぇだと罵るのはやめて欲しい。
とんでもなくやべぇ頭の持ち主だと指を指すのは控えて頂きたたい。
確かに社会通念上、僕のこの発言は一抹のヤバさを包含しているのかもしれないが、決して僕は冗談を言っているわけではない。
至って真剣なのである。
(至って真剣に言っていること自体が更なるヤバさを感じさせる気がするが、それについての弁解は紙幅の都合上という体裁で割愛させて頂く。)
そう。
名古屋にはとてつもない女神のようなセラピストさんが居るのだ。

 

思わず「なごやぁにはぁぁぁ、それはぁそれは綺麗なぁ、女神さまがいるんやでぇぇぇ♪」と約十年前に流行ったトイレの女神を賛美する曲に想いをのせて歌ってしまうほど、とんでもない美人がいるのだ。
その美人とはいったい誰なんだい。
そのように気になった方がいるだろう。
もしかしたら、もう自分の息子がギンギラギンにさりげなくなっている人もいるかもしれない。

 

はたまた、亀の頭がプルプルと震えながら、白いおつゆを垂らしてしまっている人がいるかもしれない。
(先程は美人といっただけであるが、そのようにおつゆを垂らし期待している方にとっては朗報がある。その女の子の肢体は、どちゃくそエチエチだ。)

 

その女の子の名前は、名古屋にあるメンズエステ、esoraに在籍しているセラピストのモエさんだ。
お店のパネル写真を見れば彼女のエチエチさがめちゃめちゃ伝わるであろう。
メンズエステ

 

もしかしたら、写真を見ただけで軽くイってしまった人もいたかもしれない。
そんな人は今すぐ辺り一帯に飛び散った精子をティッシュで拭き取りながらでも、僕の話を聞いて欲しい。
大きく立派な谷間、艶やかな唇。
そしてエチエチな腋。

 

これらが総体となって、モエさんを構成しているのだ。
そのような女性を見てしまったら、もう他の女性では満足できなくなってしまう。
そのような素晴らしさなのである。
僕は彼女のエステを頼むとき、130分21000円のコースをお願いすることがデフォルトだ。
130分の時間で2万円少し超えという価格設定は、非常にリーズナブルなものであると考えられる。
僕はそのようにリーズナブルな値段で提供してくださる店のエベレストよりも大きく、マリアナ海溝よりも深い愛を感じ取って、常に130分コースを頼んでしまうのだ。

 

値下げしました!

 

そうしてそのコースを申し込み、施術を行ってもらうのだが、モエさんが着ている施術用の衣装がまたたまらない。
胸が大きく開かれた服を着用しており、それによってモエさんのグラマラスで豊満なおっぱいが堂々とさらけ出されているのだ。
そして、彼女の腋は、僕の視線をくぎ付けにするほどエチエチで、まるでブラックホールのよう。

 

腕を曲げたときにいやらしく窪むモエさんの腋は、いつもいつもあまりにも罪深過ぎると感じさせられるよ…。(笑)

 

その腋に僕の大きくなったイチモツをサンドイッチしていいですか?
そして挟み込んだ僕のイチモツから、白いドレッシングをまんべんなくかけることで、モエさんに白濁の彩りを与えても良いですか?
そうやって頼み込んでしまいたくなるのだ。
それほどまでに彼女の肢体は、僕の劣情を強く煽るのだ。

 

きっと、みなさんも行ってみたら僕が感じた気持ちがご理解いただけると思う。
決して僕は腋フェチではないが、モエさんの腋を前にすると、思わず腋を肴に一発すこすことしてしまうことは必見だ。
そして、彼女のことを思いながら夜に一人くらい部屋で股間をこするモンスターになってしまうことは請け合いである。
(何故ならそう、あたくしもその一人だからだ。因みに、1日2シコがデフォだ。)

 

そして、彼女の魅力は、外見に留まらない。
セラピストとしてのエステテクニック。こいつがとんでもねぇ程すごいのだ。

 

いつもモエさんの指づかいは優しく、それでいて何処か男性を安心させる。
そのせいもあって、僕はいつもモエさんに対して思わず身も心も僕の息子も全部さらけ出してしまいそうになる。

 

しかし、経験すれば間違いなく分かると思うのだが、その彼女の指先は優しさを持っているのに加えて、淫猥なのだ。
これは決して僕の頭がおかしいとかではない。
彼女の指先は、男の心を強く溶かしてしまうのである。

 

喩えるのであれば、彼女の指先はどんな鋼鉄の理性をも突き崩してしまうような、そのような不思議な力が備わっていると感じている。
あれぇ、なんかエッチな気持ちになっていくよぅ…。
僕の息子がそのように呻きながら、ムクムクと大きくなっていくのだ。
あれぇ、なんか僕の下半身からいっぱいミルクが出ちゃいそうだよぅ…。
僕の息子がそう呻きながら、ドンドンと精子をためていくのだ。

 

何か僕はとんでもない発言を行っているような気はするが、とにもかくにも、そのように感じてしまうのである。
そして、施術のときのモエさんの表情が本当にたまらない。
彼女の表情は、一言で形容するのであれば、””なのだ。
雌の表情をして僕の目を見つめてくるのだ。

 

少し赤くなった頬に、力強くも何処か儚さを感じさせるような瞳。
そして、色っぽさを感じさせる唇は、まるで発情期の雌猫を思わせるようだったんだ。
そして、彼女の大人の女性としての魅力が大津波のように僕に襲い掛かってくる。
そんなことをされたらどうなるか。
聡い皆さんならもうおわかりだろう。

 

FBKしてしまうのだ。
言い換えよう。
息子が強く屹立したのだ。
天へ向かって、高く。
彼女の淫靡な表情を見てしまったら、BKはもう不可避だ。

 

気持ち良くなってくれてますかぁ…?
そう言いながらオイルを塗る彼女の姿は、あまりにも扇情的で、僕のオスとしての本能を強く呼び覚ましてくる。
オイルが肌と擦ることで生じるねちゃねちゃという音も、モエさんが奏でていると思うと興奮が大きく増してくる。
そして彼女の胸は、エステ中終始揺れっぱなしなのである。

 

「揺れる、揺れる、卑猥に揺れる♪君のことが離れない♪」と、日本を代表するアーティストの楽曲「O・P・P・A・I」が頭の中で何度も流れまくってしまったよ。
モエさんの胸は、それほどまでにたわわに揺れており、且つエチチなものだったよ。

 

値下げしました!

メンズエステ
最後にモエさんとのエステでさらに深く楽しむ為のポイントを挙げると、彼女の下半身、特に腰づかいに注目することをお勧めするかな。
ここでは詳しく言えないけど、彼女の下半身の使い方は、どちゃくそエロかった。
本当にそう感じているから、みなさんもぜひ行った際にはそれを楽しんでみては如何だろうか。
是非、彼女に逢いに行くことを強くお勧めする。
きっと、新しい経験が出来るはずだ。

 

 

メンズエステ攻略法
抜いてもらう方法 店外デートに誘う方法

メンズエステで抜いてもらう方法

健全メンズエステで抜いてくれるお店・セラピストの探す方法8ヶ条&抜きを必ずしてもらう方法

メンズエステで店外デートに誘う方法

健全メンズエステのセラピストとの店外デート体験談3つと誘う方法