山本美月似の巨乳セラピストのパイズリで大放出させてもらった話

2021.02月出勤確認あり

メンズエステ

 

今池駅や千種駅近くにあるメンズエステ体験談

 

 

今も、流行り病が猛威を奮い振るっています。
それによって、私の大好きな風俗店も大きな打撃を受けています。
そんな事情があってか、営業メールをよくいただくことがあります。
いつもは営業メールを見ても、「行けたら・・・」と軽く考えていました。

 

しかし、こんな私にも頻繁に連絡をいただくほど辛いのだろうと思いました。
それなら、私も微力ながらお手伝いさせていただかなくてはいけない。(ただ、行きたかっただけです。)
そんなことを思っていた時、たまたま1人の黒服さんからメールをいただきました。
何度か来店し、連絡とるようになっていた20代の男の黒服さん。
文面としては、挨拶と営業。

 

じゃあ、行かせてもらおうと思い、黒服さんのオススメに行ってみようとそんなメールに返信してみました。
すると、黒服さんから「今はどんなタイプの子をご所望ですか?」と。
スタイルの良い子をお願いしていい?」と返信しました。
この返信があとからの幸福に繋がります。

 

黒服さんはしっかり考えてくれ、自分の出勤日とセラピストの出勤日を見て「3日後の夕方17時からでいかがですか?すごいいいセラピストがいるんです。」といただきました。
そんな行くしかない。

 

待ちに待った3日後、ウキウキしながら、店の入っているルームへ行きました。
そして、黒服くんと挨拶を。
店に入った時、黒服くんは深々と礼をして「本当に来ていただいて、ありがとうございます。」と。
こんなことしてくれるなんて、「楽しみにしてたからよろしくお願いします」と返すと、「もちろんもうぜひ楽しんでいってください。めちゃくちゃいい子を当てておきましたので。」と言ってくれます。
もう私の顔は笑顔です。

 

さあさっそく部屋へ。
扉を開けると、『S子』さんが迎えてくれます。
言っていたとおりスタイル抜群の女性。
上から眺めていくと巨乳をお持ちなのに、しっかりくびれもある。
本当にボン・キュ・ボンという言葉がぴったりな女性。
しかも、顔も山本美月さんのような綺麗な女性。
こんなの服の上からでもわかる。
抱き心地が楽しみすぎる。

 

そんな下心を抱えたまま、部屋に入ります。
マットに座り、簡単にご挨拶をさせていただくと、S子さんはおっとりとした雰囲気でリラックス出来る。
挨拶を済ますと、お風呂へ。
シャワーは1人でしたが、ルンルン気分でした。
ちょっと鼻唄混じりで身体を洗っていると、浴室の外から「楽しそうですね」と。
笑ってくれるS子さん。
恥ずかしくなってしまいました。

 

ただ、楽しみなことは代わりがない。
シャワーを出て、紙パンツに着替えて戻ると、セクシーなランジェリー姿に着替えているS子さんが。
白い肌も見えて、巨乳で身体も絞まっていて、正直大きくなりましたよ。
そこをなんとか誤魔化しながら、マットにうつ伏せになりました。
すると、施術開始。

 

背中の全体的をしっかりとマッサージしてくれる。
技術も高く、S子さんのおっとりした雰囲気も相まって、ゆっくり出来ます。
背中から足に移って、マッサージ。
足を終えるとフェザータッチを交えてくれます。
思わぬタッチにゾクッとしました。

 

そんな感覚を持ちながら、カエル足体勢にチェンジ。
そこでS子さんは密着してくれます。
それだけでもいいのに、そこから鼠径部に手が。
そんなのもう大きくなりますよね。
S子さんの温かさが伝わりまくりですもん。
大きくなっているのは、S子さんもわかっている様子。
フフッ」と笑ってくれ、鼠径部から手を抜いて、乳首に移行。

 

今回は露骨に触ってくれます。
もうビクンビクンと反応してしまうと、「気持ちいいですか?」と。

 

そして、四つん這いへ変更。
ここでもS子さんは密着し続けてくれます。
ずっとおっぱいの柔らかさが私に伝わってきてますよ。
これを楽しみたいとも思っていました。

 

そんなことを思っていると、スッとS子さんの手が私のモノに。
しっかり握ってくれる。
アウゥ」思わず声が出ます。
しかし、そんなに甘くない。
すぐはイカせてくれない。
握っただけで、離してしまう。
そのままお尻を責めてくる。

 

お尻を揉みしだかれる。
こんな美人からのお尻の責めもいいな。
そんな思いも持っていましたが、しかし、あの握ってくれた感覚が忘れられない。
いや、まだS子さんのおっぱいも堪能していない。
それも楽しみたい。

 

そんなことを思っていると、仰向けへ。
そして、S子さんは頭上へ。
そこからマッサージ開始。
まずは、肩を揉んでくれます。

 

ただ、肩だけには止まりませんよ。
どんどん下へ行ってくれます。
すると、私の目の前には待望の、ずっと見ていたおっぱいが。
最高の圧迫感。

 

しっかり密着してくれるので、私は我慢できずおっぱいへ手を。
最初はパフパフ程度でしたよ。
しかし、どんどん我慢できなくなった。
横乳をしっかり揉ましていただきました。
見てもわかっていましたが、巨乳。
触ってもそのボリュームが。

 

指が沈み混むような柔らかさと指が入ってしまうのではないかと思うほどの大きさ。
結構しっかり堪能できるほど、触らせてしまいました。
そんな幸せな時間はあっという間に終了。(長く触らせてもらっていましたが、あっという間に感じてしまいました。)

 

それが終わると、S子さんが隣に寝てくれます。
終わってしまった〜」そんな残念な気持ちが顔に全面に出てしまっていたのでしょう。
S子さんは、しっかり身体を寄せて、密着してくれます。
ただ、これだけでは満足しきれない。スッキリさせてほしい。
S子さんは、空気の読める美人でしたよ。
そんな思いを汲んでくれてか、これだけでは終わりません。

 

S子さんは私の紙パンツを指差して「これ、まだ大きいままですね。」と。

 

私がただただ何度も頷くと、S子さんは笑って「じゃあ、◯◯さんのお知り合いっていうことなんで、顔を立てる意味でも、サービスしないとダメですね。」と言って次の準備をしてくれます。
あの身に付けていたセクシーランジェリーを脱いでくれます。
そして、ブルンッと姿を表す巨乳。

 

知らぬ間に、すっと私の手が勝手に伸びてしまいましたね。
横乳でもわかっていましたが、揉むとものすごく柔らかい。
触っていても、怒られません。

 

そんな揉んでも、怒られないことを良いことに、私はS子さんの可愛らしい乳首を口に含んでしまいます。
舌先で遊ぶと「ンンッ」と声にならない声を出してくれるS子さん。
これ幸せ。
また興奮も高まりまくり。

 

しばらく楽しむと、S子さんは私を仰向けに寝かせ、足元へ。
そして、私の紙パンツをスルスルと脱がしてくれます。
S子さんに見られる大きくなっている私のモノ。
すると「すごい興奮してくれてる。」と言いながら、今まで私が楽しんでいた巨乳を寄せて、私のモノを挟んでくれます。

 

柔らかさが私のモノを包みます。
気持ちいい〜。

 

今までも良かったんですよ。
ただ、それを凌駕するほど気持ちいい〜。
そして、S子さんはその挟んだモノを上下運動開始。
最初はゆっくりなスタート。
柔らかさが堪能できるのは、たまらない。
その上下運動が徐々に早まっていきます。
上手い。

 

S子さんは、ちゃんと自分の巨乳の使い方を熟知していますね。
もう私は、声を我慢することなく出しまくりです。
どんどん早まるスピード、高まる快楽。
そして、私の興奮は最高潮に達しました。
最後は、S子さんの巨乳に大放出。

 

ただ、結構な量が出たのに、巨乳にしっかり包み込まれ、垂れてこない私の出したものたち。
すごい包み込みなんですね。
谷間に入り込んでしまったのです。

 

S子さんはそんな谷間を拭いて、まだ寝たままの私のモノも拭いてくれます。
そして、笑顔で「満足いただけましたか?」と。

 

私は言うまでもなく、大満足です。

 

しかし、時計を見ると、もうギリギリ。
そそくさとシャワーを浴び、名残惜しみながらS子さんにバイバイ。
部屋を出ました。
そして、もう一度ロビーに寄り、オススメくれた黒服くんに会いに。
すると、黒服くんは「楽しんでもらました?」と言われたので、「最高だったよ。ありがとう。本当は握手したいけど、こんな時期だから止めとくわ。」みたいな会話をしました。

 

黒服くんは店の前まで見送ってくれ、「来ていただいて本当にありがとうございました。また、ぜひご来店ください」とまた深々と礼してくれました。
お店の助けになれたなんていう勝手な意識と最高のプレイの気持ちよさに、また行っちゃおうと思いますよ。

 

名古屋周辺のおすすめセラピスト

※※ 退店 ※※

 

 

メンズエステ攻略法
抜いてもらう方法 店外デートに誘う方法

メンズエステで抜いてもらう方法

健全メンズエステで抜いてくれるお店・セラピストの探す方法8ヶ条&抜きを必ずしてもらう方法

メンズエステで店外デートに誘う方法

健全メンズエステのセラピストとの店外デート体験談3つと誘う方法