ムチムチドスケベなセラピストがエロエロな女の表情になってしまう施術

2021.09出勤確認あり

メンズエステ

 

名駅・栄を中心に複数ルーム有り!某メンズエステ体験談

 

 

某日の深夜、名古屋駅近辺で、とある男がとある快楽的な出来事を思い出しながら、悶絶していた。
その男とは、誰か?そう、何を隠そう僕である。
うほほぉぉぉい、うほほほほぉぉぉい。
そのように僕の息子はBKしたり我に返ってBKをやめたりを繰り返したりしているので、気分的にはロックバンドのライブに行って、ヘッドシェイクをやっているような感覚だ。
といっても、振っているのは僕の頭ではなく、僕の息子の亀の頭だが。
ぺちん、ぺちん。
僕のおパンツの中で、イチモツがタップダンスを踊っているようだったよ。
さて、そんな大変な状態になっているのは、訳がある。
僕がとんでもないドスケベだからか、それとも僕がヘンタイだからか?ノンノン、いずれも理由ではない。
そして、僕はヘンタイではない。
少しエッチなだけだ。
気を取り直して説明すると、僕の息子が暴れん坊将軍のようになっていた理由とは、極めて簡潔明瞭である。
名古屋のメンズエステで、エチエチな女性にエチエチ施術をされてしまい、腰砕けになってしまったから。
ただ、それだけの理由である。

 

メンズエステで、腰砕けになってしまっただとぅ?デリヘルの方がもっとエチエチドスケベぇな経験が出来るに決まっているだろうが!!!
そう言って股間をギンギラギンにさりげなくさせながら正論とイチモツを振りかざす男がいると思うが、ちょっと待って欲しい。
それであれば、是非とも今回紹介する女の子のもとへ行って欲しい。

 

すると、現代社会に生きる男達であれば、みな限界化して、股間をすこすこするオスとなってしまうに違いない。
そして、股間に力がみなぎったまま、帰った後、自宅で複数枚のティッシュペーパーに向かってかめはめ波を繰り出すことは間違いない。
そのかめはめ波は、白く濁った波動弾となるかもしれないが、それを繰り出した後の快感は、間違いなく至福だと僕は思うぞ?(ちなみに僕は、かめはめ波を複数回以上発射してしまっている。)
そのくらい、その女の子との時間は素敵なのだ。
そして、ドスケベなのだ。

 

ドスケベ帝国というものがこの世の中に存在するならば、間違いなく愛知県名古屋市名古屋駅周辺某マンションの一室に存在するのだと僕は強く痛感したよ。
ドスケベ帝国の女王様である彼女にされてしまうマッサージは、思わず自分の身体がビクンビクンと快楽のあまり跳ねてしまうレベルだ。

 

期せずしてそのように反応してしまう自分の姿を自覚した瞬間、自分が彼女に支配されてしまったのだという感覚に陥ってしまい、彼女に対する服従心が生まれてしまう…。
そんな感じになってしまうのだ。
だから、是非とも彼女のもとへ行って欲しい。
一度この快楽を知ってしまったが最後、デリヘルの方が絶対良いという妄言は決して出てこなくなってしまうだろう。
デリヘルが僕は大好きだ。
だがしかし、某メンズエステのセラピストの行うどちゃしこエステも大好きなのだ。
甲乙つけることが出来ない。
この気持ちは、一体何なのだろう?「この気持ちは、一体…なに?」少女マンガ風に、乙女チックに言ってみたが、きっとそれはセラピストさんがドスケベで、僕がちょっとエッチだからに違いない。
(しかし、もしかしたら、僕もドスケベなのかもしれないが、だとすればそれは、ドスケベにされてしまったのだろう。セラピストさんに。)

 

さて、僕をそんなドスケベな感情にしてしまったセラピストさんとはどなたか?御紹介しよう。
それは、名古屋にあるメンズエステ・●●●のセラピストである、S子さんだ。

 

S子さんのエステで僕は、腰砕けにされてしまったのだ。

 

因みにいうと、僕は名古屋出身ではない。
親戚が名古屋に暮らしていて、彼らに会う為に名古屋に来ていた際にたまたまメンズエステへ行こうと思い立ち、そしてS子さんと出会ったのである。
初めて訪れたときに頼んだサービスは、120分20000円のコースだ。
そのようにコースを決めて、予約を行う。
そして待ち合わせを行い、施術を行うマンションへと向かう。
そして施術用の衣装にS子さんは着替えを行い、エステは始まりを迎える。

 

まずは身体を優しくほぐしてくれるのだが、思ったことが2つある。
それは、S子さんの胸が大きいということと、S子さんの太ももがムチムチであるということだ。

 

その2つの事実からはじき出される解答とは何か。
そう、皆が同じことを思ったであろう。

 

”エッチ”であり、”ドスケベ”であり、”どちゃシコ”なのだ。

 

その事実は、僕の息子がギンギラギンにそそり立つには充分すぎる理由となった。
先生、トイレへ行きたいので、急いで言ってきて良いですか!!??

 

そう言って学生生活に勢いよく起立をしたことをふと思い出した。
何故だろうか。
そのときに急いで起立した速度よりも、僕の息子が今起立した速度の方がはるかに速いように感じられた。
素早く起立、いや、ここは屹立と表現しよう。
(絶対どっちでも良い。)
屹立した息子は、S子さんの胸と太もものエチエチさに声高く咆哮していた。
心が叫びたがっているんだ。

 

ムチムチドスケベぇなS子さんの太ももの素晴らしさを、夜な夜な誰かに語り明かしたい。
そう思う程の魅力だった。
S子さんは微笑みながら、柔らかく包み込むように僕の身体をマッサージしてくれる。
その姿は何処か安心感があって、思わずうたた寝をしてしまいそうなほど、和やかだった。
まぁ、もっとも、僕の息子だけはギンギンに目が冴えているようだったが。
その包容力はまさしく母性という言葉がふさわしく、母のような慈愛に満ちた眼が、非常に癒しを与えてくれる感覚がした。
あぁ、落ち着くなぁ。

 

そう思っていた瞬間、「うんしょ

 

そう言って、S子さんは僕の身体の上に跨りながら、マッサージを行う体勢へと移行する。
その瞬間、S子さんの太ももが僕の股間に強く当たるのが感じて、思わず身体がビクンとなってしまう。
その姿を見て、S子さんは少し驚いた表情を見せたが、すぐさま何かを察した表情になり、意地悪くも愛らしい表情を浮かべながら、「ここ、気持ち良くなっちゃってますか?
そう言いながら、S子さんは自身の股を僕の股間に擦り寄せる。

 

そこにはFBKした僕の息子があるわけで。
固くなった息子は、「CQCQ、僕はここにいるよ!!!」とばかりに全力で自己主張をしていた。
それに対して恥ずかしさを抱いていると、
恥ずかしがらなくて大丈夫ですよ。気持ち良く、なっちゃって良いですよ。

 

そう言いながら、股を上下させて僕の股間を刺激してくる。

 

そうしながら、僕の身体を少しいやらしさを含んだ手つきで、艶めかしくもなぞってくる。

 

その姿は、母性を持ち合わせた母のような存在でありながら、蠱惑的で淫猥な、大人の女性をも感じさせた。
母親が、女としての表情を見せる。

 

その表情のギャップに、思わず背徳感にも似た激しい劣情感が沸き上がってしまう。
S子さんの吐息は何処か熱く、そして少し性行為をしている時と似たような、甘い声を上げている。
その声に激しく扇情的な気持ちとなり、気付けば僕の呼吸も熱を帯びてきてしまう。
股間をこすられる度、僕の身体はビクンと跳ね、その姿を見てまたS子さんも興奮を覚えたように、強く艶めかしさを孕んだ動きで指を動かしていって射精に至ってしまった。。

 

その姿は傍から見たら、エステを超えたいやらしさを具備した行為であったように感じられる。
こんな姿、親戚には見せられない。
今年五歳になった甥のまーくんには、特に見せられない。
まーくん、僕のこんな姿を見ちゃらめぇぇぇ!!!
おっさんがこんなことを考えているのは色々とヤバい気はするが、そんな激しい背徳感を抱きながら、エステは終わりまで続いたのであった。

 

是非とも、このエステへ行ってみて欲しい。
快楽の渦に飲み込まれてしまうと思う。
S子さんの魅力の虜になってしまうはずだ。
僕はそのように感じている。

 

値下げしました!

 

※※ 退店 ※※

 

 

メンズエステ攻略法
抜いてもらう方法 店外デートに誘う方法

メンズエステで抜いてもらう方法

健全メンズエステで抜いてくれるお店・セラピストの探す方法8ヶ条&抜きを必ずしてもらう方法

メンズエステで店外デートに誘う方法

健全メンズエステのセラピストとの店外デート体験談3つと誘う方法