常盤貴子さんのような雰囲気のセラピストに太ももで挟んで大量発射させてもらった話

2022.08月出勤確認あり

メンズエステ

 

一宮・春日井に複数ルーム有り!某メンズエステ体験談

 

 

 

街にイルミネーションが輝きだすと、独り身である寂しさがより一層感じられた。
そんな人恋しさを埋めるのは、人肌しかない。
だから、メンズエステに出掛けよう。
そう思ったのは、休日の昼前のベッドの中だ。
正直、休みに出掛けるつもりはなかった。
だって、出掛けてしまうと目に付くのはカップルばかり。
そんな辛いことは感じたくない。

 

ただ、それを我慢してでも人肌に癒してもらわないと、一人でモンモンとしてしまうだけだと思ったからだ。
まず私は着替え、出掛けた。
メンズエステの店を決めていたわけではない。
出掛けて、フィーリングで行く店を決めようと思った。
そして、駅に着くと財布の小銭を出して、それで行ける駅までの切符を買い、電車に乗った。
行けたのは、尾張一宮だった。
一宮で降りると、昼から開いている居酒屋を探した。
そして、駅前に一軒開いている居酒屋が。
そこでお酒を2杯ほど飲んで、テンションは上がってきた。

 

よしいこう!と私は店を出て、駅近くを歩いてみた。
すると、風俗店が何店舗かあった。
そこで、見つけたのが今回のお店だ。
キレイな店だったので入ってみた。

 

すると、ドアを開けると外のとおりのキレイな店内。
受付があり、笑顔が印象的な女性スタッフが出迎えてくれます。
私はコースだけを決め、フリーで入ることに決めた。
フリーで入ることは、このテンションを大事にしたいとなんとなく感じたからだ。
部屋へ通されると、そこには黒いミニスカートのワンピース姿の女性が迎えてくれます。
女性がY子さんでした。

 

Y子さんは常盤貴子さんのような雰囲気。
綺麗なお顔をされた方でした。
顔だけでなく、スタイルはピタッとした服装からもわかるほど、いいスタイル。
それに、腕やミニスカートの下から覗く白い肌。
魅力的すぎました。

 

部屋へ入ると、観葉植物があったりという癒やし空間。
そして、部屋に入るとY子さんから早速、シャワーへ行くように言われました。
私は、Y子さんと仲良しがしたかったので、急いでシャワーを浴びました。
シャワーを出ると、そこには紙パンツが。
何も言われることもなく、私はしっかり着用しました。

 

そして部屋に戻ると、Y子さんは「お疲れさまでした。マットに寝てくださいね。」と。
うつ伏せで寝かせてもらいました。
すると、Y子さんは「じゃあ始めていきますね」と言うと、私の上に乗り、マッサージを開始します。
しっかり、ゆっくり、じっくりマッサージしてくれます。
メンズエステの片手間のようなマッサージではありません。
肩甲骨を外すように、しっかりと。
日々の疲れも相まって、気持ちいい。
ただ、ここで寝てしまってはいけない。
というより、寝れない。

 

だって、Y子さんのスベスベの足が私の身体に当たるんです。
そんなことを考えていると、Y子さんのマッサージはお尻へ。
少しすると、Y子さんはお尻を鷲づかみして、揉んでくれる。
強めに揉んでくれる。
これが気持ちよく、感じてしまう。

 

すると「感じてますか?」とY子さん。
こういうやり取りも上手い。
しかし、そんないい時間は長く続かず、Y子さんは紙パンツを戻してくる。
私は、それに寂しさを全面に出してしまったのだろう。
Y子さんは「そんな残念がらないでください。」と言ってくれ、背中を優しくタッチしてくる。
こそばがゆく、気持ちいい。

 

しかも、脇腹までも丁寧に、全面を絶妙なタッチ。
年の功とでも言いますか、芸が細かすぎますよね。
これが最高に興奮していくのだから。

 

そして、仰向けへ。
仰向けになると、私の足にオイルがかけられ、それを伸ばしていってくれます。
ヌルヌルの感触が気持ちいいのはいうこともありません。
しかも、その手は紙パンツの隙間をすり抜け、鼠径部まで。
近づいたらと思ったら離れていくY子さんの手。
私はムスコに触ってほしくて仕方なかったです。

 

しかし、なかなか触ってくれない。
もどかしくしていると、また終了。

 

次は、上半身へ。
ここは特にタッチもなく進んでいく。

 

そして、うつ伏せに。
うつ伏せでもオイルを伸ばしていくだけ。
えっ!?このままなんにもないのか?

 

不安に思っていると、お尻側紙パンツの隙間を手が滑り込んでいく。
そして、お尻を撫で回される。

 

私は、どんどん興奮していきました。

 

すると、Y子さんが私の腰を持って、浮かばせてくれます。
私は犬姿勢に近い、四つん這いのような姿勢になりました。

 

すると、前側の鼠径部も手を回してくれます。
鼠径部にオイルが塗られると、もうドキドキ。
そして、お待ちかねの大きくなったムスコを触ってくるように、事故連発。
ガンガン手が当たってきます。

 

しかし、何事もなかったかのように通常の顔であるY子さん。
思わず、思い過ごしかと思いましたが、やはりガンガン当たってきます。
私もなんとか腰をズらし、あえてY子さんの手にムスコを当ててみます。
すると、Y子さんは笑って「当てて来てますね」と。

 

そのまま、手こき開始。
もうイキそうでした。
しかし、耐えなくては。
だって、もっとすごいことを期待したい。
あのマッサージの時、当たっていたおみ足へ触れたい。

 

それをY子さんへ「足がスベスベだったので、触れたいです」と伝えました。
すると、Y子さんは立ち上がります。

 

なぜ立ったんだろう?
そう思っていると、私の紙パンツの上からムスコを足でシコシコ。
すれて、気持ちいい。

 

しかし、これではイケない。
いや、イッてしまってはもったいない。
紙パンツという今まで守っていたものが、ここで初めて邪魔だと強く思う。
こんな紙パンツなんて脱いでしまいたい。
そう思った私は、意を決して腰を上げ、紙パンツを脱ぎました。
すると「あ〜。脱いじゃいましたね〜。」と意地悪そうに笑うY子さん。

 

そんなY子さんは、私のムスコにオイルを垂らしてくれます。
それと一緒に「本当はダメですからね。でもやってみたいし内緒で。」と言いながら、直での足こきを開始してくれます。

 

これはすごい気持ちいい。
もうヤバイ。

 

動きを早めてくるY子さんの足。
しかし、Y子さんは足こきが上手くないようで足が止まる。

 

これではイキきれない。
そう思っていると「ごめんなさい。私下手ですね。どうしましょう?
と言われたので、「Y子さんこのままでは辛いので、添い寝で太ももで挟んでもらってもいいですか?」と言いました。

 

すると、ソッと横に寝てくれ、太ももの間にガチガチのムスコを挟んでくれるY子さん。
しかも眼前には、あまり大きすぎもありませんが、Y子さんのおっぱいが。
顔を埋めさせていただくと、頭を撫でながら、太ももで添い寝足こき。

 

もう限界でした。

 

ああ〜Y子さんイキます
いいですよ。いっぱい出しちゃってくださいね。」と言われたので、声を出しながら大量発射。

 

我慢していた分、かなり出ました。
Y子さんは、出た精子を丁寧に拭いてくれ、綺麗にしてくれます。
もちろん、ベタベタになった自分の太ももも綺麗に。

 

しっかり拭き終わると、Y子さんは「良いって言いましたけど、本当にすごく出ましたね。」と笑って会話してくれます。

 

私は、もう少しギュッとしていたかったのですが、私の身体はオイルまみれ。
そのため、マットのまま話そうとするY子さんに「Y子さん先にお風呂入っていいですか?」と言い、シャワーを浴びます。
これは、風呂で洗えばギュッと抱き締めてもらえるかと思ったからです。

 

そのため、急いでオイルを洗い流し、着替え部屋に戻りました。
すると、Y子さんも最初の衣装に。

 

私は、Y子さんとソファに座り、「ギュッとさせてもらっていいですか?」とお願いしてみました。
すると、Y子さんは手を広げて迎え入れてくれます。
時間いっぱいまで抱き締めてもらい、人肌を埋めました。
年の瀬に人肌の温かさを満喫できた幸せな体験になりました。

 

 

メンズエステ

 

メンズエステ攻略法
抜いてもらう方法 店外デートに誘う方法

メンズエステで抜いてもらう方法

健全メンズエステで抜いてくれるお店・セラピストの探す方法8ヶ条&抜きを必ずしてもらう方法

メンズエステで店外デートに誘う方法

健全メンズエステのセラピストとの店外デート体験談3つと誘う方法