純白な柔肌&溢れんばかりのG巨NEW!初恋を思わせるドキドキ感は唯一無二な体験!!


peach club〜ピーチクラブ〜
ましろ

 

 

今回も巨NEWを求め、ネットでメンエス店を閲覧しながら、希望の嬢を捜索していく。

 

調べていくと、1人のメンエス嬢に目がとまった。

 

肌が一際白く、OPIの膨らみに肌艶も良く、黒髪がとても良い雰囲気を持っている。

 

気になる…。

 

思わず、手に持ったスマホ画面に目は釘付けとなる。
そのまま、記載されたTwitterのURLを検索し、投稿内容を確認した。

 

TNMを強調した"G"のOPIがズラリと並んでいる!
しかも、それ以上のサイズ感でもありそうなくらいに溢れ出ており、写真からでもその柔らかさが伝わってきた。

 

脳に電撃が走り、即決!!

 

今一度HPに戻り、すぐさまお店へ問い合わせた。少しの待ち時間はあるが、ご案内が可能との事なので予約をする事に。

 

コース内容は120分の18,000円に指名料の1,000円が加わり、計19,000円。

 

電話をきると、お店の場所がSMSにて送られてきた。場所を確認し、予約時間に合わせて移動をする。

 

場所は矢場町から少し歩いたところにあるマンエスビル。
到着はしたものの、少し早めに到着したので改めてTwitterを眺めながら、気合いを高めていく。

 

写真を見ているだけでも、期待が募るばかりだ。ドキドキ感すらも鳴り止まない。

 

鼓動が段々と早くなり、かなり楽しみにしているのが自分でも分かる。

 

気がつけば予約時間が迫っていた。

 

慌てて、お店へ電話をし、部屋番号を確認してはインターフォンへと急いだ。

 

部屋番号を繰り返し呟きながら、間違わぬように一つずつボタンを押した。

 

ガチャ。

 

扉が開いたが声は無い。
そのまま中へ入る!

 

お部屋の前まで向かい、いよいよご対面。

 

チャイムを鳴らし、扉が開いた…

 

おぉ、おー!!

 

そこにいたのは、何度も確認した写真の中にいた少女そのものだ。

 

何度も覗き込んだスマホ画面から飛び出してきたのでは無いかと錯覚するくらいに、ピチピチとした大きなOPIに、色白な肌と、可愛らしいお嬢様が出迎える。

 

事前に温められていた期待と興奮は、出逢えた事に喜びを噛み締めながらも幸せホルモンを全身に流した!!!

 

大当たり嬢を前に、そのまま部屋の中へとお邪魔させていただく。

 

どことなく、フンワリした雰囲気のある嬢は、妙に居心地がよく、まるで彼女の部屋に遊びに来たかのような感覚だ。

 

部屋へ入るなり椅子へ座り、そのままコース料金の支払いへ。
OPでディープリンパも忘れず追加で2,000円を支払い、会計を済ました。

 

喋る声も、可愛いらしい!
たまらん!!

 

シャワールームへ移動し、体を念入りに洗っては汚れを隅々まで落とし、ケガしてはならないと思う程に愛らしいセラピストさんのもとへと戻る。

 

そこには、変わらず色白巨NEWが健在していることが確認できた!

 

セラピストさんからはうつ伏せ姿勢を要求され、そのままマットの上に横たわり、うつ伏せへと体勢を変えた。

 

まずは、指圧マッサージから始まる。

 

そっと、押さえられる脚裏の全体に、温かく柔らかな手指の感触があり、そのすぐ先にはシャツの上からでも分かるほどのボリューム感が潜んでいるのが、鏡に映し出される2人の姿からわかった。

 

続いて腰から背中へと、手の温もりが伝わってきた後には、いよいよホットオイルが流されていく。

 

最初は足先から。程よくリンパ経路をたどっては滑らされる手は、しっとりとしており、気持ちの良い適度な圧を感じられる。

 

その後は、片膝を曲げられ、足がマットから離れたと思いきや、セラピストさんの体の上で、支えられた。

 

その感触が…とてつもなく柔らかい!

 

足の甲全体に、これまでに感じた事がない程の柔らかさが伝わってくる。

 

その正体は、Tシャツの内側に潜むGカップ!

 

足の甲ですら分かるほどのボリューム感!
その天然記念物は紛れもなく、ごく稀にみる巨柔OPIだ!!

できる事なら触りたい…
その衝動にかられながらも、理性を保とうとする私の思いとは裏腹に、ムクムクと膨れ上がる竿が目を覚ます。

 

曲げられた膝は伸ばされ、ついには太腿周りから臀部の付け根あたりまで、長いストロークが伸びてくる。

 

お尻の割れ目あたりまで、近づいてくる指先に緊張感が高まる。

 

TMTMへ辿り着いた指先は、時折、いたずらに覚醒した竿部分まで指をかすめた。

 

姿勢は、右足側からカエル足へ移る。
しっかりとSKBへのアプローチがなされては、KWKWまで触れ、深く潜り込んだ。

 

横スカな紙パンツの中で爆発しそうな、竿はいつも左側に隠れている。
今か今かと、息を殺しては、じっと待つ…

 

いよいよ左足に。
左膝を曲げ、脚を横へ開いた。

 

待機していた竿は、ついに解放された!

 

おそらく、背面から施術をする少女の目にも入り込んでいるだろう。
抑えきれられず姿を現したFBKの私自身を目がけてオイルと共に流れてくる指先。

 

KWKW…KWKW

 

しっかりと、当たっている。

 

若くて、まだ何も知らないお嬢様のようセラピストさん。その雰囲気が、私の理性を刺激しては、本当にいいのだろうか?と思わせる。

 

しかしながら、彼女の指先は確かに、SKBのその先を狙い打つ!!

 

初恋の相手との距離が縮まるかのような、あの感情が湧き上がる。

 

そして、4TBの姿勢へと促された。

 

ドキドキ…ドキドキ

 

姿勢を変えると、臀部周辺へオイルは行き渡り、こぼれ落ちそうなオイルが前側へと塗られていった。

 

満遍なく、伸ばされたオイルの上を滑らせ、セラピストさんの手はSKBへ。

 

臀部にもOPIの感触を感じる!

 

あっちこっちと、接近する感触を頼りにしては、状況を整理する私がいる。

 

そして、紙パンツから飛び出した私もいた。

 

両手でSKBのラインにそって伸びてくる指先から腕の感触。
腹囲まで伸ばされ、両腕がクロスをする度にFBKを挟んでは腕の中まで包んだ。

 

引き際には腕だけでは終わらず、指先まで駆使しては、最後の最後まで撫でるように。
時には、握るようにして、繰り返しセラピストさんの手の温もりを感じた。

 

だんだんと息が荒くなってきたところで仰向けに。

 

水の中で息を殺し、水面から顔を出したかのような解放感を得ながら呼吸を整えていると、

 

両足の間に座ったセラピストさんは、デコルテ周辺まで手を伸ばし迫ってくる。
その度に、オイルまみれになったセラピストさんの純白な巨柔OPIが近づいてきた!

 

その距離は、体に触れる事もあり、いわばOPIスタンといった状況。

 

ふとセラピストさんに目をやると、少し疲れている様子がうかがえた。

 

大丈夫?
と声をかけると、やや睡眠不足らしい。

 

マッサージはいいからと伝え、逆にマッサージを提供する提案をし、2人は入れ替わった形でポジションを変えた。

 

うつ伏せになったセラピストさん。
その上にまたがった私。

 

目線を落とすと、セラピストさんのOK2が目の前に!

 

しっかりと膨らんだ、セラピストさんのOK2もまた柔らかそう…

 

腰回りを両親指で押しては圧をかけると、うつ伏せになるセラピストさんの呼吸の音が聞こえてくる。

 

その呼吸がまた、色っぽくて興奮させる!

 

腰の中心から手の位置を下げ、丸い桃型のOK2の横側へと移った。

 

体重を手のひらへと乗せ、押し当てた!

 

期待通りに、柔らかく、ボリューミーな感触が伝わってくる。
まるで、マシュマロのようにフワフワした感触があった。

 

手のひらは、押すだけでなく、回すようにマシュマロOK2を攻める。

 

動かすたびに、揺れている!

 

触っていても、見ていても、許されるこのマッサージ状況が、独断の満喫タイムとなっている。

 

ミニスカートはめくれ上がり、真っ赤な下着と、そこからはみ出た真っ白なOK2。

 

なんて、最高なんだ!!!

 

そして、背中から肩甲骨周りまで指圧にてマッサージをすると、肩が凝っているのでお願いしたいという要望が投げられた。

 

あぐらをかいた姿勢の方がやりやすい事を伝え、姿勢を変えた。

 

目の前に座るセラピストさんの後方で立ち上がり、肩へ手のひらを当てては押し当てた。
よっぽど凝っていたのか気持ちが良さそうな様子だ。

 

Gカップを支える小さな体には、相当な負担なのだろう…

 

ある程度、終えたところで鎖骨周りへ手を伸ばした。
OPIの上部に自然に入り込む事に成功!!

 

そして、指先でさするように揉み解していく。

 

おお…
柔らかい!!

 

そして、デカイ!!!

 

ついに、巨NEWとのご対面を果たした。

 

手を動かすたびに、揺れ動く。
その度に感じる、弾力と柔らかさ。

 

これがまた、堪らない!!

 

値下げしました!


どんどん愛おしく思えてくる。マッサージを中断し、後ろからハグを試みた!

 

OPIの上部で手をクロスし、柔らかなクッションの上に手を乗せた状態だ。

 

触っていいものなのか…
それとも我慢すべきか…

 

ハグをしながら、セラピストさんがお話を始めた。その時間が、初恋の彼女との距離をぐんと縮めたような感じで、それはそれで居心地が良い。

 

その為、ハグをした状態で、話に耳をやりながら、タイマーが鳴るまで語り明かして終了となった。

 

今回は、理性が崩壊するほどに魅力的なセラピストさんだが、容姿だけではなく、純粋無垢な女の子のようにも思えた。

 

変に、その空気を打ち破る事よりも、そっと寄り添いたい感覚が芽生え、引き続きリピをする事を選択した。

 

 

メンズエステ攻略法
抜いてもらう方法 店外デートに誘う方法

メンズエステで抜いてもらう方法

健全メンズエステで抜いてくれるお店・セラピストの探す方法8ヶ条&抜きを必ずしてもらう方法

メンズエステで店外デートに誘う方法

健全メンズエステのセラピストとの店外デート体験談3つと誘う方法