高身長&スタイル抜群のビキニ姿は悩殺級!寛容度高めの癒し系美人を見つけました!

メンズエステ
キャンベルplus
ゆずき

 

 

月に1度の愉しいメンエス訪問。
今回も『高身長&モデル体型&20代半ばの落ち着き』をキーワードに、フィールドの名古屋界隈のメンズエステでセラピストのリサーチを開始。
今回は、2度目の訪問となる『CAMPBELL+plus(キャンベルプラス)』から、まさに理想どおりの雰囲気のある、ゆずきさんをチョイスです。

 

スタイルは165センチの細身で、Twitterでアピールする脚線美&くびれにいきなり悩殺されちゃいました。
おまけに、このお店は、デフォルトの衣装がビキニ水着なので、脚長スレンダーな女の子が水着姿で急接近だなんて・・・敬遠する理由が見つからないっす。
おまけに、ゆずきさんの年齢は公式上25歳(実際もそうでしたが)と、キャピキャピし過ぎず、大人過ぎずの丁度よい年齢層で、もう自分の中ではドンピシャ中のドンピシャでした!

 

セラピストの予約は、最近ではほとんどのお店が導入しているLINE上でのやり取りで完結でした。
予約の問合せ→予約の確定、ルーム&料金の案内→当日の2時間前の事前連絡までは、すべてLINEで行うことができ、お店のレスポンスもそれなりに早いので、ノーストレス。
電話は、マンション到着時に部屋番号を確認する1回のみで、それが済んだらいざルームへ突入の流れ。
ルームは、市営地下鉄の国際センター駅から徒歩1分の好立地。
人通りも少なく、小綺麗なワンルームマンションで、後から聞くところによると、同じマンションに3つ同店のルームがあるのだとか。

 

さて、マンションに到着し、ワクワク感が高まりながら、指定の部屋番号をプッシュ。
可愛らしい小声で「はぁ〜い」の返事とともに、オートロック解錠。
ここで無言だと、軽く萎えるところだが、その関門は突破して、エレベーターは上昇。
メンズエステ
そして、玄関先でご対面。
プロフィール通りのスラっとした、ゆずきさんがお出迎え。
お顔は、マスクをしていて目元だけしか見えないものの小動物っぽい小ぶりな眼がのぞいていて、可愛らしいお顔立ち。
決して、おブスではなく、どこか優し気な雰囲気が漂う美人さんです。
そして、お顔だけでなく、声も優しめで、ルームへの「どうぞぉ」も耳障りのいい声で、「今日は、何か愉しそうな予感!」と期待感が高まる。

 

ルームは少し狭めのワンルームで、薄明りの中、小綺麗にセットされている。
丁寧で少しサバサバした接客でお支払い&シャワー。
今回は、100分コース、指名料込み、オプションなしで20,000円のお支払い。
先述のとおり、デフォルトの衣装がビキニ水着であることを加味すれば、名古屋界隈のお店の中では標準ちょい上の価格帯といったところ。

 

シャワーでは、いつものルーティンで、VOライン、足の指の間、耳の裏と入念にウォッシュ、ここで慌てて、ものの数分で部屋に戻ると、セラピスト的にNGで、触りたくない&若干の怒りを覚えるらしい(他のセラピスト談)。
備え付けの紙パンツは、履き慣れた機能性が限りなくゼロの横がスカスカのタイプ。
毎度のことながら、何も収まっていないただのあて布である。

 

そんなこんなで、シャワーから戻ると、そこにはビキニ姿のゆずきさんが!
ビキニは、ごくごく普通の標準型だけど、引き締まったくびれと、程よい肉付きの太もも、ヒップラインが露わになって、もう目は釘付け状態!
思わず「スタイル良いねぇ」とエロ目でのオヤジ発言が発動し、軽い長割を交えながらしばしのスタイル鑑賞タイム。
とても愛想が良く、会話のテンポや声のトーンが心地いい女の子で、寛容度も高いので、こちらからのエロオヤジ発言も「ここのお尻のお肉とかヤバいでしょ(笑)」とか、「このくびれが自慢です!」と受け返してくれて、自然と距離も縮まってくる。そんなワイワイなやり取りを経て、いざ施術へ。

 

全体の流れは、うつ伏せ(脚、背中)→カエル足→四つん這い→仰向け(股から、頭から)→添い寝→対面座位と、メンエスの醍醐味を余すことなく体験できる王道コース。
メンズエステ
序盤のうつ伏せは、指圧マッサージからのオイルマッサージで、少し時間配分多めなので、心の中では『早く鼠径部来い!』と少しじれったい時間を過ごす。
マッサージ自体は2年ものキャリアがあるので、強さもまずまずで、あったかオイルをたっぷり使ってもらえて普通にリラックスできる。

 

うつ伏せの後は、カエル足で、ここからエロの風が若干、吹き始める。
オイルたっぷりの手が、内から外から、押して引いてのローリングで、なかなかにヤバい!
竿、TMへの直接のタッチはないものの、紙パンの中に侵入する指先が毎回、ア〇ルをフェザー気味になぞってくるので、思わずヒクっと反応してしまう…。
なかなかの確信犯であり、ここは委ねるのが吉と判断して、繰り返し訪れる刺激の波を楽しむw

 

お次の四つん這いも、状況は変わらず、良いところまで来るんだけど、肝心のモノは触ってもらえず、ゆる〜い刺激を受け続ける。
まぁ、これが本来のメンズエステと割り切ってしまえば、それまでなんだけど、抜群のスタイルと愛嬌の良いゆずきさんだけに、もうちょっと上の刺激を期待してしまっている自分がいて、どうにももどかしい…。

 

前半のうつ伏せが長かった反面、後半の展開はサクサクと進む。
お次は、仰向けで、初めは股の間にポジションを取っての上半身攻め。
太ももから乳首にかけてのロングストロークで、乳首に到達するとしっかりとコリコリしてくれるので、乳首Mにはたまらんサービス!
乳首攻めには積極的なようで、こちらが反応を示すと「ふふふっ」と微笑んで、さらに指先でコロコロ、ツンツンと弄ばれちゃいましたw

 

そうこうしていると、頭の上に移動し、「跨っていい?」と最高の投げ掛け!
断る理由は微塵もなく、ビキニからはみ出たムッチリとしたお尻が目の前に鎮座です!
思わず手が伸びると、何も抵抗されることなく、長割達成!
勿論、それまでの会話を通じての雰囲気づくりの結果でございます。
そうなれば、「こっちからもマッサージさせてね」とオイルを拝借して、肉付きのいいお尻をしっかりと撫で回し、指先はさっきのお返しとばかりにア〇ルをかすめてのキワ攻めで応戦します。
くすぐったくて恥ずかしい」と反応は、いまいちながらも触られることには慣れた様子で、その間も自分の仕事を怠ることなく、しっかりと節度を持ったキワ攻めが続きます。

 

その後、添い寝へと移り、ゆずきさんを抱き寄せながらの長割タイムは継続。
この頃には、会話の中身は性生活の話にまで発展し、彼女からの“オ〇ニーはたまにする”のカミングアウトに便乗して、右手をお股に移して、「こんな感じ?」と水着の上から割れ目をサワサワ→拒絶されることなく許容されたので、さらに割れ目をなぞりながらのクリちゃんもコリコリと攻める。
空気感がカジュアルなだけに、エロい雰囲気に発展することなく、こちらが水着の上からいじり続けるも、彼女は淡々と自らの仕事(決して、直では触らない)をこなしていく…う〜ん残念。

 

最後は、対面座位の状態で胡坐の上に向き合って座ってもらい、肩回りをマッサージ。
目の前のOPIやくびれ、割れ目を水着の上から堪能しながら、結局4545されることなくノーフィニッシュで、フィニッシュですw

 

値下げしました!

メンズエステ
シャワー後は、次の予約が入っていなかったので、世間話をしながら15分以上も長居させてもらい終始楽しい雰囲気で、さようならしました。

 

メンズエステの一線は死守する堅実な施術でしたが、可愛らしいお顔と理想どおりのプロポーションの水着姿は目の保養ですし、聞こえる声は心地よく、気遣い上手な会話にも癒されました。
おまけに、寛容度高く、水着の上から余すことなくおイタできたのには満足できました!

 

リピートについては、正直、微妙といった感じですが、このお店のビキニ衣装は、満足度高めなので、ゆずきさん以上の高身長セラピストが現れたら再訪したいと思います。

 

 

メンズエステ攻略法
抜いてもらう方法 店外デートに誘う方法

メンズエステで抜いてもらう方法

健全メンズエステで抜いてくれるお店・セラピストの探す方法8ヶ条&抜きを必ずしてもらう方法

メンズエステで店外デートに誘う方法

健全メンズエステのセラピストとの店外デート体験談3つと誘う方法