お尻フェチ必見。 名古屋最高峰のパーフェクトなお尻がここに。 もしかしたらお触りも…

メンズエステ
ミルクルポ
陽向(ひなた)

 

 

メンズエステには、風俗の雰囲気がない素人感を求める身として、前々から気になっていたお店がミルクルポ。
まず、HPが白を基調としていて、どこかほんわか柔らかめの雰囲気。
そして、在籍セラピストの目元までの顔出し率がほぼ100%で、どの女の子も清楚系の美女揃い。
おまけに20代中盤から後半のちょうどキャピキャピ感が落ち着いて、楽しくお話できそうな年代の女の子が多数在籍していて、これは求めているメンエス観が期待できそうだと思い、早速、セラピストをリサーチ。

 

結果、他の口コミサイトでも評価の高かった陽向さんをチョイス。
決め手となったのは、これまた個人的なタイプである高身長(身長164センチ)であることと、Twitterで出勤日ごとにお客宛に手書きの感謝のメモを添えていたところが、単純に良い子そうだなぁと好印象を思ってしまって…(これは本人の戦略なのかもしれないが)。

 

 

お店の予約はLINEからでOK。
LINEのやり取りは、レスポンスが早く、時間、料金、当日の流れまでを丁寧に対応してくれるところがいきなりの好印象。
メッセージに、スタンプや絵文字が多用していて、後で陽向さんに確認してみると、やはりオーナーは女性ということで納得してしまった。
振り返れば、お店のコンセプトや、連絡の細やかさは女性ならではの気配りだ。
そして、予約から入室までの案内は、全てLINE上で完結できてしまい、電話での到着連絡などに面倒臭さを感じてしまうメンズにとっては好都合である。

 

 

さて、そんなノンストレスのLINEやり取りを経て、いざ、当日にルームへと向かう。
場所は、名古屋市営地下鉄の高岳駅から少々歩くことになるが、これまでのスムーズな流れと陽向さんへの期待感から、駅からの距離はさほど苦に感じない。

 

 

ルーム入り口は、狭い通路上になっており、少々分かりにくい所にあるが、それもきめ細やかな案内のお陰で、スムーズに進む。
そして、インターホンでチャイムを鳴らすと、案の定というかイメージ通りの優しいお声で「はーい」と返事があり、ロックが外れる。
期待感は高まるばかり。

 

 

そして、ルーム玄関前でご対面。
目元はHPそのままの丸くて優しい眼、隠れていた口元はというと…少し口が大きめで、多少抱いていたイメージと違うな?と思いながらも、お顔全体ではショートヘアーが似合いの、とても可愛らしい女の子。
飛び切り美人という感じではないが、どこか素朴で愛嬌のある雰囲気が逆に魅力的で、私的には心の中でガッツポーズ。

 

性格も明るくて、玄関の靴脱ぎ場から冗談が言い合えるほどの明るい雰囲気を醸し出してくれて、直ぐに打ち解ける。
ここには、こちら側も新規客として、セラピストの緊張や警戒心を解いてあげるような、紳士的な態度・テクニック?が求められるところ。
まずは、その第一関門は突破し、ルームへと案内。

 

 

ルームは大きなワンルームマンションの一室で、部屋に案内されると一番に目を引いたのはキングベッドサイズのマットレス。
これは、お店の拘りとのことで、説明を受けながらも、これだと脚も大きく広げられるし、セラピストも悠々動けて添い寝なんかするにも最適じゃねぇと、まだ施術も始まってもいないのに無意味な妄想を抱く。

 

入室後は、流れ通り、料金の支払い。
今回、100分コースを予約していて、このお店では初めてのセラピストには、「はじめましてコース」なる割引が適用されて、オプションも1つ無料になるという有難い料金設定がされていて、トータルで18,000円のお支払い。
名古屋のメンズエステ界隈の中では中間ぐらいの料金設定だと思われる。
そして、無料オプションは、密着施術を期待して衣装チェンジで、タイトなミニスカワンピースをチョイス。
デフォルトの衣装が、HPにある看護師風のコスチュームなので、この無料オプションは衣装チェンジに消費されるのが常のように思う。

 

メンズエステ
その後、シャワーを案内され、鼠径部、足指のあいだを入念にウォッシュ(個人的ルーティン)。
紙パンツは、いわゆる横スカタイプのTバックで、収まるものも収まらないのはいつものこと。

 

部屋に戻ってみると、そこにはオプションコスチュームに身を包んだ、陽向さんが。
目に付いたのは、下半身の肉付き。
本人はコンプクレックスだと言っていたが、ミニスカワンピで強調されたヒップラインは張りがあり、思わず手が伸びてしまいそうになるほど魅力的。
そして、そこから伸びる少し筋肉質な太ももはパーフェクト。
これを嫌という男はいないでしょう。
胸は、Eカップとのことで、こちらも確かに魅力的なのだが、見た目からはそこまで目立った膨らみもなく、それよりも目線は胸を凌駕する下半身への一点貼り。
それほどの逸品物なのでございます。

 

 

そして、いよいよ施術開始。
まずは、仰向けでの指圧マッサージから始まる。
入室時に簡単なカウンセリングがあり、指圧強度は「強」をリクエストしていたために、馬鹿正直なほど、強めの指圧を全身に隈なく受ける。
そんな中でも、張りのあるお尻や陰部が、時より足先、ふくらはぎ、背中に当たってきて(当ててきて?)、指圧の強さよりもその感触に全神経をもっていかれる。

 

加えて、鏡越しには、彼女の一級品のお尻がTバック下着から丸見えで、きめの細かなツルんとした肌質で、張りのあるパーフェクトなフォルムに見惚れるばかり。
それを素直に褒めると、彼女自身も自慢のパーツらしく、まんざらでもない様子。
その流れにのっかり、長割をお願いすると、はっきと断られることなく、すんなりと受け入れてもらえた。
念願のお品は、想像どおりの肌触り&張りでこの時点で、今日は当たりだと満足感に浸る。

 

 

そんな、いやらしさが徐々に高まっていく中で指圧の後は、メインのオイルマッサージへと移る。
オイルの量は比較的多くて、ヌルヌルの手先でまずは脚の裏側を踵からお尻にかけてのロングストロークマッサージ。
キワの攻め方は標準以上で、お尻近くに来ると、期待を裏切らずに指先は、アナル周辺からTMの根元をかすめて戻り、攻めては戻るの繰り返しで、これからの展開に期待感も高まる。

 

そして、続いてはカエル足。
施術を表現するなら、内巻き、外巻きの両腕を使っての積極的な施術で、オイルをたっぷり含んだ、腕、手のひら、指、爪先が鼠径部に引っ切り無しに絡んでくる感じで、思わず施術中に「ありがとう」と声掛けしてしまうほど。
彼女はにっこり笑って微笑むところが、これまた堪らない。

 

そして、カエル足の流れからの四つん這い。
こちらも、カエル足同様に、ヌルヌルの腕から指先までが流れるように鼠径部を往復して刺激してきます。
残念ながら、直に触ってくるほどの事故はなかったが、往復していく手腕に挟まれたTMや竿が反応することは必然で、伸びた指先はしっかりと乳首に到達して、いたずらしながら戻っていき、またやって来るの繰り返しで、これはもう至極の時間であった。

 

ゼロ距離での密着といったレベルでないものの、世の男性は彼女のオイル施術には十分、満足するのではないかと思う。

 

値下げしました!

メンズエステ
四つん這いの後は、一旦落ち着いてのうつ伏せでの首、肩のマッサージタイムになるが、ここで、こちらからの添い寝をリクエストとして、イチャつきタイムを試みる。
その前のお尻への長割や、施術中に腰に手を回したりしていて、彼女の寛容度の高さは確信していたので、予想通り、素直に応じてもらえる。

 

幅広のキングサイズマットレスに川の字になり、腰に手を回しながらたわいもない話を続けながらも、彼女の魅力的な下半身をサワサワ。
特に、断られることもなく、時折、逆マッサージと題して、彼女の鼠径部に逆アタック。
さすがに、直触りは、やんわりと断られるが、下着の上からならまんざらでもない様子。
これ以上のチャレンジを…とも思ったが、はっきりと嫌がられるとせっかくのこれまでの時間が台無しになりそうだったので、続きは次回にと心に言い聞かせ、タイムアップ。

 

 

結果、自家発電や暴発にまでには至っていないが、彼女の雰囲気からすると、しっかりとメンズエステのサービスとして客を満足させたい心意気なので、それ以上のことを期待するのは野暮なのかもしれない。
お店のサービスも高品質で、他のセラピストも気になるところだが、今回の陽向さんは、パーフェクトなお尻を拝むだけでも十分に満足度は高く、明るく、気遣いのできる雰囲気と寛容度の高さに魅せられて、オジさん、リピ確定です。

 

 

メンズエステ攻略法
抜いてもらう方法 店外デートに誘う方法

メンズエステで抜いてもらう方法

健全メンズエステで抜いてくれるお店・セラピストの探す方法8ヶ条&抜きを必ずしてもらう方法

メンズエステで店外デートに誘う方法

健全メンズエステのセラピストとの店外デート体験談3つと誘う方法