20歳セラピスト、小柄な体を懸命に使ってキワを攻めるアプローチが健気で可愛い!

メンズエステ
URANOS(ウラノス)
橘ゆづき

 

 

 

京都に仕事でたまに訪れることがある僕。
新規顧客とのストレスあるやり取りなどを行うと、出張対応のマッサージを頼んでは体をリフレッシュ。

 

だけど、もう少し料金を足せばメンズエステだって利用できるんだよね。
京都駅の周りにはそういったお店が多いっていうじゃない。

 

ホテヘルやデリヘルと違って対応できるホテルは多い感じの店、「URANOS(ウラノス)」がいい感じ。
セラピストの数も多くほとんどが20代中盤。

 

メンズエステ

 

いやあ、年齢的にも一番良いかもしれない…。

 

本日の予定でも案内できるセラピストを早速お店の人に電話で尋ねてみる。
するとその中で一番若い「橘ゆづき」ちゃんが気になった。

 

まだ新人だが一生けん命に施術を行ってくれるとセールスするスタッフさん。

 

いや、あのね、こう言ってはなんだけど資格持ってるプロのマッサージ師ほどの技術なんてメンズエステに期待していないから、僕は若い子が目的なのよ…。

 

直接口には出さないが、まあね、密着の気持ち良さですよね、メンズエステは…。

 

夜の9時に決めることにしたが、サイト見ていたらルームにこちらから向かう、という考えも出てきた。

 

僕が宿泊しているホテル、狭いし殺風景。
ちょっとムーディーな感じも欲しいと考えていると、選択肢から外れてしまうな…。

 

では、仕事が終わってから思いっきりメンズエステを楽しみますか!

 

取引先の方々と交渉後、食事に向かう。

 

いかにも京都な日本料理店なのでバクバク食う、という感じではなかった。
物足りないが小一時間で切り上げ、酒席を断って四条烏丸交差点のあたりを目指す。

 

例の交差点から案内された方向へ進み、部屋を目指す。
扉まで到着して深呼吸後に呼び出し。

 

ガチャ、笑顔で待っていたのは花柄のワンピースドレスを着用した橘ゆづきちゃん、きれいなサラサラミディアムヘアの似合う若い子だ。

 

超美人、アイドルといった形容はさすがにちょっとできないのだが、唇はぷっくりと厚く笑った際の顔は本当にチャーミング。

 

愛嬌はあるので外見でハズレとは思わなかったよ。
僕は若い子が好きだし。
芸能人でたとえると、フリーアナウンサーの神田愛花、あれをものすごく若返らせたような感じ。
メンズエステ
肉感的なボディというより、華奢で小柄なセラピストだ。
それでも若いし、この肌で密着してもらえるなら不満はない。

 

部屋の内部はフローリング、その中央より少し壁際にえんじ色のマットが設置されている。

 

ごく普通のワンルームマンションといった感じで、まあ照明を明るくするとただの部屋、という感じだろうな。
その中でゆづきちゃんは説明をいくつか述べてくれるも、少しぎこちない。

 

そりゃ、ま、20歳だからね…。
緊張もしている感じに映るね。
それも可愛いが。

 

出されたドリンク、少し口にしてお金を払う、100分と指名料で15000円、どちらかというとリーズナブルなお店なのか。
まあいい、シャワールームへ。

 

良く掃除されて衛生的な風呂場で助かる。
シャワーを全身に浴びて無香料タイプのボディソープを使う。
まあ石鹸に近い香りが少しするが泡立ちも良く汚れが落ちている感じがするぞ。

 

さすがにあんな若い子に汚れた体で施術はしてもらえない。
できればシャンプーも用意されていると良かったのだが。
歯磨きは持参したものを使った。
メンズエステ
紙製のTバックパンツを着用して部屋に戻る。
ふふ、シャワールームの前で待っていた彼女、僕の手を握ってマットに寝かせてくれた。
気が利くねえ。

 

 

寝た俺のそばに座り、足の方よりマッサージを開始。
資格など持っているはずもないだろうし、あくまでマッサージ風だろうけど。

 

150センチ前半の小柄な体ながら、それなりに圧を加えてくれるので何だかうれしい。
学生ほどの年齢の女の子がオジサンの体を労わってくれるという事実に感動。

 

背中に指圧を行う際には、タオルを僕の尻の方に移動させてそこにまたがってきた。
ふう、小柄な子は軽いね、体重が。
物足りないところもあるけど、可愛くも感じて。

 

背中の肉、そして肩や首をモミモミとアプローチする。
お世辞にも卓越したテクニックとは呼べないが、一生けん命な姿がサイド、フロントの鏡に映るのでまあOK。

 

足に戻って、オイルを使い始める。
ふくらはぎや足首に塗り込んでいき、その後は太ももに座り込む。

 

そして、膝を曲げて全方位からひざ下の足にオイルを伸ばしていき、胸に抱き寄せてきた。

 

これはなかなかに良い、ベテランのセラピストにやってもらうと妖しくて興奮必至のアプローチ、何とか客に楽しんでもらいたい気持ちが伝わってくる。

 

まだまだぎこちないやり方なんだけど、いいね、この前向きな気持ち。
足の指、彼女の顔に触れたような…。
メンズエステ
ソープランドなら指が舐められるようなタイミング、もちろんさすがにそんなことは起きなかったが…。

 

膝をマットに下ろした後は方向転換、今度は太ももにオイル施術。
トロトロ、ねっとりしたリキッドが太ももに直接垂らされて、それが伸ばされる。

 

けっこう多量なのかもしれない、最初はかけ過ぎ、と思う位のじっとり感があったが、滑りは良くて気持ち良い。
うう、尻の方にも手が触れてきた。

 

そこからSKBの方に行きかけるも、すぐに戻す。
やがて足を開くカエル足のポーズになり、本格的に太ももへ摺りこむアプローチが始まった。

 

強く押し込んで肉を流し、太ももの付け根を全方位、すべて腕で抱き着くようにグングン。
SKBも流されてたいへんにエロくて気持ち良い。

 

尻の肉を押し上げたりするマッサージもなかなか。
両手でガシッと掴んで上に持っていくようなアタック、その後には指が割れ目の下に潜り込んでTMA袋をイジイジ。

 

はあ、あへえ。
俗に言うアヘ顔を繰り出して、気持ち良さを表現。
誰にも見せたくないが…。

 

腰を持ち上げて、4TB。
尻たぶを大きく揉みしだかれるのか、と思いきや、割れ目に指を立ててきて上下運動。
おお、溝掃除でもするのか!?
その後にはさわさわ、ANAL周りのエリアを指で愛でる。

 

はあ、はあ、呼吸は荒くなる…。
パンツ内でカウパーが凄いことに…。
びちゃびちゃ…。

 

腰から背中、そしてCKBにも。
リーチの短い彼女は僕のサイドに移動してその施術を行う。
太ももに触りたくなる…。

 

そして仰向け。
彼女が身につけている衣装、けっこうベタベタになっているね…。
オイル量は多いし、意外と密着状態がすごかったようだ。

 

足の間に座り、まずは脛にやさしい手つきでじっとりオイルを伸ばし、そのストロークは足の付け根のSKBまで。
そこからデリケートゾーンに潜り込むようなストロークで僕を刺激させる。

 

パンツの中では大きくなったCNCNがあり、少しだけ触れてもらう。
一応中まで手は入ってくる施術なので、けっこうキワどい…。

 

そこから、前かがみになって密着。
服にオイルが付くことなど気にせず、体を上下左右に動かして僕を悩ませる。

 

サイドに移動して腕や手のひらで胸のあたりを探るようにアプローチしていると、タイムアップとなった。

 

京都でおすすめのメンズエステ

メンズエステ
経験が浅いセラピストだし、今回はこれにてお終い。
でも若い肉体がずっと密着していたので、楽しかった!

 

出張で京都駅前の多くのビジネスホテルに向かうことができるウラノス。

 

結果として僕が選んだのはルームでの施術だったけど、若くて可愛いセラピストに出会うことができて満足。

 

一生けん命頑張っているところがすごく伝わって好感が持てた。

 

指圧はそこそこ、でも尻周りの施術はかなりの手練れ感もあって。

 

バランスは悪く、心の底からリラックスできるとは言えなかったかもしれない。

 

でも凄腕セラピストだって最初は初心者である。
ゆづきちゃんには今後もこの世界でぜひ頑張って欲しいね!

 

メンズエステ攻略法
抜いてもらう方法 店外デートに誘う方法

メンズエステで抜いてもらう方法

健全メンズエステで抜いてくれるお店・セラピストの探す方法8ヶ条&抜きを必ずしてもらう方法

メンズエステで店外デートに誘う方法

健全メンズエステのセラピストとの店外デート体験談3つと誘う方法